★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2007年度★第79回アカデミー賞

20070228121305.jpg☆オスカー受賞おめでとうございます~♪

なんだか波紋が広がっていますね。いつもなのでしょうが。私の予想など当てにもならないので良いのですが、大好きなヘレン・ミレン、往年の渋い男優アラン・アーキン(72歳での初受賞!)、スコセッシ監督はこの作品で?というお声が高いですがもう功績大なので受賞され嬉しく思いました。「オスカーなんかいらない。」と仰っていた御大モリコーネには名誉賞が贈られたのも嬉しいです。

ジャック・ニコルソンが候補から落ちたこと、アルモドバル監督の「ボルベール」の外国語映画賞受賞を望んでいたのですがダメでした。メリル・ストリープは既にオスカー女優さまですが今回でノミネート14回目。キャサリーン・ヘプバーンの記録を抜きました。メリルはおそらく今後もこの記録は軽く更新されるのだと思います。全くの個人的な思いですが、この日のメリルのお衣装はとても地味でした、レッド・カーペットを歩くのにです。おそらく、アルトマンの死(遺作「今宵、フィッツジェラルド劇場で」に出演されて追悼の意も即座に述べられておられましたので)の大きさからではないかと感じました(ファッション・チェックをする司会の綺麗なお姉さまは”あなたは女優なのですよ...(その格好はないでしょうに)”というようなコメントをされていましたが、私は何か訳があるからゴージャズに装っておられなかったのだと感じました。

「クィーン」「リトル・ミス・サンシャイン」「善き人のためのソナタ」が今回の受賞者関連で最も個人的に楽しみな作品です。「マリー・アントワネット」も衣装デザインで受賞されて良かったです。

前日(現地の2/24)に行われた「インディペンデント・スピリット賞」でも、アラン・アーキンは助演男優賞を受賞され、何故か涙が出ました(大好きな作品があるもので)。あと、”アカデミー賞が長年無視してきた故ロバート・アルトマン賞が2008年度から贈られます”というコメントと、追悼シーンに感動していました。2005年にようやくアカデミーで名誉賞を受けておられるアルトマンですが、作品・監督賞としては無冠でした。それも不思議だったのですがそうなのだろう...という雰囲気も持っていたので(カンヌ、ヴェネチア、ベルリン、英国アカデミー、インディペンデント・スピリット賞などでは受賞されていますので、なおさら本国の無視振りには何か感じるものがあったのです)、この来年からの”ロバート・アルトマン賞”は嬉しくまた楽しみが増えました。”ジョン・カサヴェテス賞”というのはずっと今もこの賞では継続されています。低予算だから良いとも思いませんが、低予算作品に大物俳優さまが出演されることも多々あります。その時に、彼らはお金ではなく、その作品、監督や脚本、仲間たちとの映画製作を愉しむ姿が浮かびます。今回、デヴィッド・リンチ&ローラ・ダーン(リンチ作品のミューズですね♪)が栄誉賞を受賞され、その時のスピーチはデニス・ホッパーでした。リンチは会場には来られておらず、ホッパー曰く”彼は今、パリで非現実的な生活をしているので来れません。(笑)”と。愛されているのだなぁ~とこれらの仲間たちのお言葉を気持ちよく聞いていました。『インランド・エンパイア』(リンチの最新作)が少し流れたのも嬉しかったです(これには、ローラ・ダーンと共にジェレミー・アイアンズが出演されている、また不可思議な作品のようです♪)。あと、ショーン・ペンとロビン・ライト・ペン夫妻のお姿もこの賞ではよく拝見できるので嬉しいです。映画人たちと映画を愛する人々との親密さのようなものを強く感じるのでした~♥

<第79回アカデミー賞>は以下のような結果となりました。
作品賞: ディパーテッド - グレアム・キング
監督賞: ディパーテッド - マーティン・スコセッシ
主演男優賞: フォレスト・ウィテカー - ラストキング・オブ・スコットランド
主演女優賞: ヘレン・ミレン - クィーン
助演男優賞: アラン・アーキン - リトル・ミス・サンシャイン
助演女優賞: ジェニファー・ハドソン - ドリームガールズ
脚本賞: リトル・ミス・サンシャイン - マイケル・アーント
脚色賞: ディパーテッド - ウィリアム・モナハン
撮影賞: パンズ・ラビリンス - ギレルモ・ナヴァロ
編集賞: ディパーテッド - セルマ・スクーンメイカー
美術賞: パンズ・ラビリンス - エウヘニオ・カバレロ(美術監督)、ピラール・レブエルタ(装置)
衣装デザイン賞: マリー・アントワネット - ミレーナ・カノネロ
メイクアップ賞: パンズ・ラビリンス - ダビ・マルティ、モンセ・リベ
作曲賞:バベル - グスターボ・サンタオラヤ
歌曲賞:"I Need to Wake Up" (作詞・作曲: メリッサ・エスリッジ) - 不都合な真実
録音賞:ドリームガールズ - マイク・ミンクラー、ボブ・ビーマー、ウィリー・バートン
音響編集賞:硫黄島からの手紙 - アラン・ロバート・マーレイ、バブ・アスマン
視覚効果賞:パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト - ジョン・ノール、ハル・ヒッケル、チャールズ・ギブソン、アレン・ホール
外国語映画賞:善き人のためのソナタ - ドイツ (監督: フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク)
長編アニメ映画賞: ハッピー フィート - ジョージ・ミラー
長編ドキュメンタリー映画賞: 不都合な真実 - デイビス・グッゲンハイム(監督)
短編ドキュメンタリー映画賞: The Blood of Yingzhou District - Ruby Yang、Thomas Lennon
短編アニメ映画賞: The Danish Poet - トリル・コーヴ
短編実写映画賞: West Bank Story - アリ・サンデル

名誉賞: エンニオ・モリコーネ
ジーン・ハーショルト友愛賞: シェリー・ランシング
ゴードン・E・ソーヤー賞: レイ・フィニー




追記
サイトのニュースからこの様なことを伝え聞き、その光景を想像し感動しています!

”プレゼンターのジャック・ニコルソンが受賞作タイトルを読み上げると、隣のダイアン・キートンが真っ先に感激の悲鳴を上げた。同時に、会場中が大歓声に揺れる。

監督賞を受賞したばかりで舞台袖に居たマーティン・スコセッシはスティーヴン・スピルバーグから祝福を受け、熱い抱擁を交わす。受賞者のプロデューサー、ブライアン・キングは、マーク・ウォールバーグやレオナルド・ディカプリオら出演者とハグしてから壇上へ。感無量の表情で「イディ・アミンや女王陛下、そして先ほどマーティン・スコセッシが受賞したこの場所に立っているなんて!」と、主演男優賞と主演女優賞の受賞者をたたえながら、自らの感激を表した。”(yahoo映画ニュースより)
スポンサーサイト
  1. 2007/02/27(火) 23:03:56|
  2. 雑記など|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<綴り字のシーズン | ホーム | マリー・アントワネット>>

コメント

今、再放送観ています~♪

木蓮さま、こんばんは~☆今、再放送観て笑ったりしていました。(笑)私はケーブルに加入しています。映画チャンネルは多くて本当に目移りしますし、チェックを逃すこともよくあります。BSにも加入しています。ムービープラスはあまり観ないのです、コマーシャルが入るので...機械音痴なものでCMカットの操作ができないのです(苦笑)。

ティム・ロビンスですね「「ザ・プレイヤー」」。その他豪華な顔ぶれでしたね。ポール・トーマス・アンダーソン監督作品も日本公開作は4つでしょうか?4作品観ました。それぞれ良かったですが「マグノリア」が印象強く残っています、ラストとかね。

「今宵、フィッツジェラルド劇場で」は今週末からなのですね。もうすぐですね。見逃さないように行ってきたいと思います。これからも、どうぞよろしくです~♪
  1. 2007/03/02(金) 02:31:31 |
  2. URL |
  3. chouchou #-
  4. [ 編集]

映画チャンネルのことなど☆

ムービープラスをご覧なのですね。映画チャンネルは多様化していて目移り(目眩み;;)してしまいますね。家ではBSに加入しております。--fanという番組表の雑誌を毎月買っていますが、スカパーなどの紹介ページもありまして、しかしうっかり見落としておりました。ムービープラス、配信世帯数日本最大と紹介されております。
授賞式といえば何かとアカデミー賞ばかり取り沙汰されていますが、「インディペンデント・スピリット賞」、これは映画ファンならばWebサイトででもチェックすべきでした~~。来年からはきっと☆

映画人の訃報は毎年悲しいことに耳に入ってきますね。アルトマン監督は81歳まで映画を撮り続けていらしたのですね。フィルモグラフィーを見てみますと「ザ・プレイヤー」のみ見ておりました。ハリウッドスターが多数出演していたので見やすかったのだと思います(^^ゞ、批評精神のピリリと効いた作品だったように記憶しています。

「今宵、フィッツジェラルド劇場で」は今週末から公開ですね。音楽群像劇でメリル・ストリープも美声を披露とのこと!あらすじを見るに、特に構えて臨むこともないような、、どうも私は敷居の高い作風の方だと偏ったイメージを持っていたようです;;
群像劇、例えばポール・トーマス・アンダーソン監督は好きでして、要は重厚なというよりハートフルな、人間ドラマということでしょうか。ならばアルトマン作品も好きになれるかしらん。。これから(ゆっくりですが)観ていきたいと思います。
  1. 2007/03/02(金) 02:03:50 |
  2. URL |
  3. 木蓮 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

木蓮さま、今夜再放送があります~♪

おはようございます。こんな時間だなんて!私も起きてる日がよくありますよ。コメントありがとうございます。「インディペンデント・スピリット賞」はムービープラスで観ました。今日から3月で新しい番組ガイドをチェックしましたら、遅いですが25:15~2時間ほどの番組です。その前に24:45~はレッドカーペットの模様も今夜はあるみたいです。こちらは観ていないのでもう一度観ようと思います。(放送日や時間は地域によって異なることもあるそうですね、木蓮さまの地域では違っていたらごめんなさい~です。

凄いですよね、メリル・ストリープ!まだ50代後半なのでこのお方の老女優も楽しみなので、今後も名作、名演はまだまだ拝見できるでしょうね。最近はちょっとふっくらされていますが、80年代に初めて知ったお方ですが肌の透明感や作品での存在感に圧倒されました。今も好きなので出ておられると観ています。

ロバート・アルトマン監督は昨年81歳でお亡くなりになられました。古くから映画を作り続け最後まで。多作ですし”群像劇”が多いので観る回数も増えていくのです。(笑)私は嘗ては女優さまばかり観ている傾向が強く(今も作品によっては)、気になった女優さま、好きになった女優さま(大変、気が多いのですが)の出ておられる作品は出来るだけチェックしたりするもので、お陰で観る映画のジャンルも自然と広がっていったのだと嬉しく思います。観ないで批判や好きじゃない・・・というのはしたくないもので。アルトマン作品にはスコセッシ監督のように、続けて俳優さんを次の作品でもお使いになるというところがあります。撮影中は厳しいのでしょうが、とてもハプニングを楽しみながら、みんなで作り上げる(チームワークですね!)という風景が浮かびます。遺作となりましたが「今宵、フィッツジェラルド劇場で」の公開が待ち遠しいです♪

メリルのお衣装のことですが、昨年は肩が広く開いた素敵なドレスでした。今年も地味といっても高級な素敵なお洋服だったのだと思いますが..(笑)。アカデミー賞の生放送をしてほしいのですが、そういうチャンネルは無いのですよね。スコセッシ監督の受賞シーンも映像で観たかったです。作品賞の発表をされたのはジャック・ニコルソンとダイアン・キートンだったと知り、その光景を思い浮かべるだけで涙ぐんでいました~(笑)v-254
  1. 2007/03/01(木) 11:52:10 |
  2. URL |
  3. chouchou #-
  4. [ 編集]

今晩は~こんな時間に失礼いたします;;

メリル・ストリープは今回でノミネート14回目でしたか~、さすが大女優さまですね!
「プラダを着た悪魔」での貫禄充分な(でも素敵に女前♪)お姿が記憶に新しいです。
授賞式での彼女の装いは私は気が付きませんでした。。追悼の意味があったのですね。chouchouさま、よくみていらっしゃるなぁ。。ロバート・アルトマンの映画もご覧になっているのですね。私は「観なければ~」と思いつつ見逃している監督・作品の何と多いことか。
ところで「インディペンデント・スピリット賞」はどのチャンネルでご覧でしょうか?大変興味深いのですが。。
  1. 2007/03/01(木) 03:04:23 |
  2. URL |
  3. 木蓮 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/95-67e805f3
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。