★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ゴーストワールド

ゴーストワールド ゴーストワールド:GHOST WORLD
監督:テリー・ツワイゴフ 出演:ソーラ・バーチスカーレット・ヨハンソンスティーヴ・ブシェミ、ブラッド・レンフロー (2001年・アメリカ映画)

宣伝文句は「ダメに生きる」の秀作青春映画♪イーニド(ゾーラ・バーチ)とレベッカ(スカーレット・ヨハンソン)の二人は仲良しで無事高校を卒業するが、その後の進路が決まらない。何だかとっても現代の思春期の若者像なのに親近感が湧く。アメリカの著名なコミック作家ダニエル・クロウズの原作だそう。知らないのだけれど面白いのだろうなぁ。全編色彩豊かでとってもキッチュ!ソーラ・バーチはこのイーニド役の為に体重を増やしたという。お洒落で個性的なイーニド、そのままで可愛いレベッカがライヴハウスでゆる~く横に揺れるシーンとか可愛くて大好き♥全体的にとっても脱力感に溢れ心地良いのは何だろう...。そして、名脇役者というかどこでも印象深いスティーヴ・ブシェミがブルースの音楽オタクとして登場している。イーニドは年齢差もある独身のこの中年男性シーモアに興味を抱き、恋人探しをしてあげたり...。レベッカはやる気なさげにバイトしている。そして、この女子たちにおちょくられる気弱な男子ジョシュ役のブラッド・レンフロー君も可愛い(最初は分からなかったけれど)。

さて、どんなお仕事がしたいのか?どんな風に生きて行きたいのか?分からない年頃。そんな微妙な時期の心理描写を好演しているなぁ~と思う。クラシック映画の台詞とは全く違う今時の台詞。日本だってギャル用語とかが氾濫していて耳にするけれど、”ハテ?”となる事がよくある。時代と共に語り方も変わっていくのは万国共通なのだろう(出来れば古き良き時代の美しい言葉でお話していたいけれど...)。

この映画の後、全くソーラ・バーチの作品を観ていない。新作にはずっと出演しているようなのに日本公開されていないようだ...とても残念。ジュリエット・ルイスと共演した作品も未公開のままなので、観たい思いが募るばかり。スカーレット・ヨハンソンはすっかりグラマーになられ話題作が多い。お二人とも子役時代から今に至るまだ20代。どちらも好きなので今後の作品をとても楽しみにしている私。これは青春映画であり、音楽オタク中年の悲哀と情熱も描かれている。でも、イーニドとレベッカのユルユルの愛らしさ故「少女映画」に♪バスに乗らないイーニド。そこから先はどうしたのかな...。

20070214045634.gif
スポンサーサイト


  1. 2007/02/13(火) 03:07:40|
  2. 少年・少女映画(『クララの森・少女愛惜』へ!)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<オスカーとルシンダ | ホーム | ロミー・シュナイダー:ROMY SCHNEIDER>>

コメント

イーニド役がピッタリ♪

いつもコメントありがとうございます。そうですよね、イーニドはソーラ・バーチがピッタリ。レベッカもヨハンソン(まだ10代でしたね)の感じ、とても好きです。

>イーニドが結局何処へ行きたかったのかが全く解らない作りになってますよね?
そうですよね...その後の余韻がミステリアスでもありますね。好きです、こういう作品。

私も「Dear フレンズ」随分前に観たきりなので、また観てみますね♪v-254
  1. 2007/02/22(木) 21:22:04 |
  2. URL |
  3. chouchou #-
  4. [ 編集]

そうなんです。

ソーラ・バーチちゃんはこの作品以降主演作品が公開されてないですね…。
でもイーニド役は彼女以外考えられません。ついでに未だ彼女のどこが良いのか
全く解らないスカーレット・ヨハンソンもハマり過ぎです。ヨハンソンに関しては
今のところ彼女のベスト作品がこの作品だったりもします。私の勝手な
好みですけどね(笑)ブシェミは最高ですよいつも常に!!!私が御贔屓しまくる
数少ないアメリカ人俳優さまだったりします。

「死のメタファー」ですが、イーニドが結局何処へ行きたかったのかが
全く解らない作りになってますよね?それで散々自分のちっぽけな
プライド傷つけられまくったイーニドはどうなったんだろう、と思うと
バスがそんなメタファーになっているのかなと思いました。お気楽な青春映画では
全く無いうえにやたらと現実的なのでそんな説が出たんじゃないかと思います。
ポップな映像や役者さんの雰囲気もあれでなきゃイカンかった!!というほど
すげーまとまってましたね。おすぎ氏はいつもの調子ですよ多分(苦笑)
ビノシュに向かって「ブスだわ性格悪いだわでダメよ!」っていうのも
何か納得行きます。ビノシュの場合「いい人ぶってる」感じがするので…。
仏蘭西の大竹しのぶだと思えばどうって事無いですよ(笑)

ソーラ・バーチちゃんは私も好きです。クリスティーナ・リッチちゃんも!!
ソーラちゃんは大昔、ハリソン・フォード主演作の「パトリオット・ゲーム」に
ハリソン君の娘役として主演してました。その時の悪役が
ショーン・ビーンさんで…って話逸れ過ぎ!!!「Dear フレンズ」って
いつ観たかなあ…。随分昔に観たのでうろ覚えです(涙)
  1. 2007/02/22(木) 01:05:09 |
  2. URL |
  3. mummy #-
  4. [ 編集]

イーニドもレベッカも☆

ソーラ・バーチはこの役の印象があまりにも強くてその後の作品が公開されないのでしょうか・・・って思うくらいにハマリ役ですよね。そして、レベッカ役のスカーレット・ヨハンソンもあの無気力さ。共に好演、体現者として見事に思えます。そして、ブシェミは最高に上手いですね!いつも。(笑)

そうなのですね・・・「死」のメタファーですね。タイトルからしてもそうですし、ただの陽気な青春映画ではない、でもポップな感覚は衣装だったり役者さんの雰囲気だったりするのですよね。おすぎさんのお言葉、いつもながら辛辣ですが好きです。ビノシュがオスカー受賞の時も「ブスで性格もめっちゃくちゃ悪いのよ。」なんて~雑誌で読んだ時は説得力感じました。可愛いと思いますが性格の悪さというのか、気の強さというか、何か少しひっかかるものがあったもので。ソーラ・バーチも美女!って感じではないですが可愛いし存在感あるので好きです。「Dearフレンズ」に小さい時出ていましたよね。クリスティナ・リッチも一緒に。また、観てみたくなりました~♪
  1. 2007/02/15(木) 11:44:51 |
  2. URL |
  3. chouchou #-
  4. [ 編集]

痛過ぎ映画

です。私にとってはこの映画…。私はイーニドの抱える不満と不安、
レベッカが早々にフリーターになって生計を立てるようになってから
「アンタも早く何かすれば?」とかいきなり解ったような口を利かれて混乱するあたり、
皮膚感覚状態でひりひりするほど痛みが伝わって来て辛かったです。
親友ってあんな感じで失くすのですよ。それによってイーニドのこころの拠りどころは
もう既に無く、シーモア(ブシェミ最高です!あんな男と付き合ってみたい!!)との
淡い恋で救われるのかと思いきやここでも不安というか「こんなんじゃ無理」とか
考えてしまうあたり自分勝手も良いとこなのですがイーニドはとにかく周りのものに
対してどれもこれも「何となく馴染めない」感を常に持っている女の子なんだなーと
思いました。激しく馴染めないのならまだしも「何となく」ってのがミソで、
生活するには何ら不安要素が無い、ってのもミソで、その何となく
レベルでの馴染めなさって私自身いつも持ってる感情なので、
以前コメントさせて頂いた「反撥」同様イーニドの気持ちに
完全同化してしまって…。しんどかったです。万年中二病なイーニド。
アタシは個性的とか思ってる勘違い少女。バスに乗らなかったのは
きっとそんなイーニドの最大の反抗だったんじゃないかなって…。
そのうえ思うにレベッカもイーニドもありがちなタイプの女子ですし。
このままダラダラ生きていくことだけが彼女達の真実。そして
一説によるとイーニドの自殺のメタファーとしてバスがあったんだとか。
ちなみにこの映画を総じてあのおすぎ氏が「ブスは街を出なさい!!!」と
仰っていたそうですが、その通りだと思います(笑)
  1. 2007/02/14(水) 11:31:51 |
  2. URL |
  3. mummy #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/91-bc8edaf7
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。