★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

赤い靴

赤い靴 赤い靴:THE RED SHOES
監督:マイケル・パウエル、エメリック・プレスバーガー
出演:モイラ・シアラー、アントン・ウォルブルック、レオニード・マシーン、ロバート・ヘルプマン、マリウス・ゴーリング、リュドミラ・チェリナ (1948年・イギリス映画)

この映画を最初に観たのはハッキリしないのだけれど、まだ幼かった。夜の洋画劇場ではなくお昼か夕方の放送で母と一緒に観ていた。母が多分古い名画なので何か想い出があったのかもしれない。私は何となく一緒に。ところが、だんだん引き込まれて行くのだった、主人公のヴィクトリアに。赤い靴を履いて踊り周る。踊り続ける。綺麗な映像と共にとても怖い気もした。最後は可哀相だし。当時こんなに古い作品には思えなかったのは、ジャック・カーディフのカメラワークのお陰だろう。うん、そうに違いない!何を観ても好きみたい。このバレエ映画の名作は元々はアンデルセン童話のお話を脚色したもの。そして、一流のバレエ・スタッフを集めて大成功したものだという。監督や出演者のお名前もずっと後で知るのだけれど、この映画の影響からバレエが好きになったと言える。それから後、少女漫画で有吉京子さまの 『スワン』 の連載が始まり愛読していたのも懐かしい想い出。そんな入り混じった記憶が今も忘れられずに蘇るのだから不思議。

この『赤い靴』に登場するバレエ団の団長ボリス・レルモントフ(アントン・ウォルブルック)のモデルとなるお方はバリエ・リュス(ロシアバレエ団)の主宰であったセルゲイ・ディアギレフなのだそうだ。勿論その活動は伝え聞くのみで観たことはないのだけれど、かのニジンスキーやアンナ・パブロワを率いて、フランスを中心に世界中の注目を浴び、バレエ界の革新的な偉業を残すお方。何事もだけれど、何か運命を背負った者はそこから逃れることは出来ず、華麗に舞う姿の陰には常に血のにじむような日々が共にある。名バレリーナとなる代わりにヴィクトリア(モイラ・シアラー)は死ぬまで踊り続けなければならず、恋も許されぬという運命。赤い靴に魅せられ履いてしまう、その日から。美しさと残酷さが共存し、かつ現実と幻想を彷徨うかの如く夢の世界のようでもある。モイラ・シアラーは実際にプリマとしてロンドンで活躍していたところを抜擢されたという。続いて出演された『ホフマン物語』も好きなのでまたいつか♪

20070206041946s.jpg
振付を担当したロバート・ヘルプマンとモイラ・シアラーの劇中バレエのシーン★
スポンサーサイト


  1. 2007/02/05(月) 03:56:09|
  2. ミュージカル・舞踏・音楽映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3
<<エンジェル・アット・マイ・テーブル | ホーム | セリーヌとジュリーは舟でゆく>>

コメント

綺麗だけど怖いですね♪

月本様~コメントありがとうございます。やっぱりお好きな作品なのですね。『黒水仙』(デボラ・カーがお美しいですね♪)も『あの胸にもう一度』(はい、作品云々よりも大好きなマリアンヌ・フェイスフルさまとアラン・ドロンなので)も好きです。(笑)

綺麗なのに怖いです。そういう作品は割りと好みでもあります~。ゴシック・ホラーと言えそうですよね、今なら。こんなに古い作品だとは思えないですが、子供の頃遭遇し、今もとても大好きな映画なのです。『あの胸にもう一度』はDVD化の折にも関東の方ではリバイバル上映があったとお聞きしていますが、大阪はなくて...DVD買いましたが、開封するのが勿体無くて飾っていたりします♪(笑)v-254
  1. 2007/02/23(金) 09:44:07 |
  2. URL |
  3. chouchou #-
  4. [ 編集]

黒水仙

ごめんなさい黒水仙です。(てへ=笑)
  1. 2007/02/23(金) 08:03:43 |
  2. URL |
  3. 月本夏海 #-
  4. [ 編集]

美しいが怖い

好きでした、この映画。
きれいだけど、やはり怖い。マイケル・パウエルとエメリック・プレスバーガーのふたりは、『ホフマン物語』、デボラ・カーがこの上なく美しい『黒水洗』そしてえっ!の『血を吸うカメラ』とどれもゴシック・ホラーとも今なら言えるなんとも言えない暗い美しさを持っていますね。
ジャック・カーディフも演出に乗り出し、マンディアルグ原作の『オートバイ』(『あの胸にもう一度』)を撮っていますが、(たしかリバイバル公開されました?)、ちょっとはずかしい仕上がりでした。(でもChou Chouさんは好きかも?)
  1. 2007/02/23(金) 08:01:34 |
  2. URL |
  3. 月本夏海 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/85-b54cb3ec
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。