★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

小さな泥棒

小さな泥棒 小さな泥棒;LA PETITE VOLEUSE
監督:クロード・ミレール 出演:シャルロット・ゲンズブール、シモン・ド・ラ・ブロス、ディディエ・ブザス
(1988年・フランス映画)

シャルロット大好き!なので褒め称えるばかりの私。クロード・ミレール監督は『なまいきシャルロット』に続いてこの『小さな泥棒』をシャルロット主演で作ってくださった。16歳の少女ジャニーヌを演じるシャルロットはまだあどけなさは残るけれど大人への手前の不安定な時期を見事に演じている。それも社会に適合できない少女として。この映画は故フランソワ・トリュフォーの遺稿作品で、「イングマール・ベルイマンの『不良少女モニカ』風の作品。ある非行少女の女らしさ、あだっぽさの芽生えを描く”少女版『大人は判ってくれない』。”」と語っている。1950年代の第二次世界大戦後のフランスが舞台。トリュフォー監督の体験が色濃く投影されているように思う。流れる数々の古いシャンソンや映画館...。『なまいきシャルロット』の可愛さから少し成長した少女シャルロット、この時期のシャルロットが実に可愛くて可愛くて♪元々内向的な性格であのはにかんだ感じ。笑うとセルジュにそっくり!だし嬉しくてたまらない。

ジャニーヌは孤児で盗癖のある少女。引き取られた叔父夫婦からも見放され家政婦として住み込む。その頃、年上(中年)の男性ミシェルに恋をし、次に、少年ラウルとの恋。盗癖は直らず遂には救護院に入れられる。そして、そこで知り合った少女モリセットと一緒に逃亡する。このような流れの中で最後までジャニーヌは社会からズレている少女。タイピスト学校の女性たちとジャニーヌの違いを彼女のファッションなども象徴的に描かれていて、何か野暮ったい。ちょっと大人びてハイヒールを履いてみるけれどしっくりこない。この位の歳の女の子なら微妙なところ。ジャニーヌはラウルの子供を宿していたけれど、そのラウルはインドシナ戦争の兵士となっていた。ジャニーヌは一人で生きていく決意をするのだった...。アントワーヌ少年(ジャン=ピエール・レオが演じた)やトリュフォーの青春時代をどうしてもこのジャニーヌとラウルに見てしまう。トリュフォーの遺稿なのだからそうなのだろう。戦争の痛手はあまりにも大きくいつまでも心に焼きつくものだと、様々な映画や手記などから教えられる。その当時子供だった世代の人々だって、そんな社会や大人に反発心や反抗心を持っただろう。そういう時代が事実として歴史にあること、そんなことを思うとまた、他の映画たちが次々と思い浮かんでは感傷的になったりする。

20070124072230.jpg



追記
もう少し、この作品については『クララの森・少女愛惜』で追記する予定です。シャルロットが出演している映画は脇役でも観てしまう。しかし、何故『レミング』は日本公開されないのだろう。アメリカでは公開されていたのに...ランプリングさまと共演しているので、とっても楽しみにしているのだけれど。シャルロット映画は今後もまだまだ超贔屓目いっぱいで登場致します。お付き合い下さい♪
スポンサーサイト
  1. 2007/01/23(火) 06:56:24|
  2. 少年・少女映画(『クララの森・少女愛惜』へ!)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<から騒ぎ | ホーム | モンド 海をみたことがなかった少年>>

コメント

とても嬉しいです!ありがとうございます。

annaさま、ありがとうございます!ではお会いしたことがあるのですね。お買い物もして下さりありがとうございました。とても嬉しいです♪シャルロットも大好き同じですね。シャルロット映画は他にも好きなのが色々ありますので、また書きますね。お気軽にコメント下さいね~。こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願いいたしますv-254
  1. 2007/02/05(月) 05:39:35 |
  2. URL |
  3. chouchou #-
  4. [ 編集]

シャルロット~大好きです!

chouchouさま、ご無沙汰しています。風邪ひいてました^^。
シャルロット最初に何が登場するかと待ってたんですよ。
わたしも「小さな泥棒」大好きです。
他にも書かれている映画、知らなくても見たくなりますね。
コメント書くタイミングっていうか、緊張します、とか言いながら書いてますね。
ずっと前なんですが、ベルベットにお買い物に行ったことがありますよ。
chouchouさまは、きっとあの優しいかわいいお姉さんですよね。
それ以来、ずっとベルベットのサイトとか見るようになりました。
なかなか、大阪に行けませんが未熟者ですがこれからも宜しくお願いいたします☆
  1. 2007/02/02(金) 19:59:21 |
  2. URL |
  3. anna #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/77-2202a348
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。