★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

モンド 海をみたことがなかった少年

モンド ~海をみたことがなかった少年~ モンド ~海をみたことがなかった少年~:MONDO
監督:トニー・ガトリフ 出演:オヴィデュー・バラン、モーリス・モラン、ジェリー・スミス (1995年・フランス映画)

少年映画は少女映画同様に反応が敏感なので、この「モンド」は当時チラシを頂き”これは!”と小さな劇場で観る事の出来た作品。その後、ビデオも欲しくて購入した。DVD化されたタイトルにあるように、原作はル・クレジオの短編集『海を見たことがなかった少年』。別に原作を読まなくてもこの不思議な優しさに満ちた世界は心ある方なら感じるものなのでは...って傲慢だけれど思ってしまう程。観終えた後、なかなか席を立てずにいたのはどうしてだろう?90年代の映画ながら、古くからのヨーロッパ映画たちの中で描かれてきたような心の純真さと自由さを、このどこからやって来てどこに行ってしまったのか分からない不思議な可愛いモンド少年を中心に、彼と触れ合う老人や町の人々、そして南仏の自然と日に焼けたモンド君の素朴な表情や行動が胸を打つよう。上手く言えないけれど。孤児のモンド君はまだ幼いので施設に入れられてしまう年。なので、警官がいると逃げ回る。”僕を養子にしてくれる?”と大人たちに語りかけるけれど、そう簡単なことではない。しかし、終盤にあるベトナムの老女が彼を引き受けるために、いつも家の門を開いていてくれる。でも、モンド君はいつしかどこかへ行ってしまった...。何か寂しい余韻と優しい風が吹くような心に残る作品。モンドとは世界を意味するフランス語。そんな名の少年はどこにも属さない存在なのだろう。

20070123071415.jpg
スポンサーサイト


  1. 2007/01/22(月) 06:39:47|
  2. 少年・少女映画(『クララの森・少女愛惜』へ!)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<小さな泥棒 | ホーム | イギー(ジム)とトム>>

コメント

何だか近いものを感じて嬉しいです♪

りりあさま、こちらにもいらして下さりありがとうございます!私も子供の頃から両親(特に母ですが)のレコードや本を拝借していました。「映画音楽集」みたいなレコードは当時沢山発売されていたようですね。それらの音楽が先に耳に馴染んで~♪といの同じです。でも、アラン・ドロンにお会いになったなんて!母がもし生きていたら血圧上げてきゃぁきゃぁv-238していそうです。(笑)そんな両親の影響がとても今好きな大切なものたちに繋がっているのだとようやく感じてる、まだまだ青い私です。アラン・ドロンの当時の雰囲気、そうですね...今のヤングな方々(こんな言い方おばさんじみてますぅ)には伝わりにくい気がします。音楽も映画もどうしてもアメリカが中心ですものね。アンチ・アメリカではないのですが、どうしてもヨーロッパかぶれな性分は改善されずにいます。でも、国籍など気にしたくないので気になる、何かピン!と来るものに素直に向かうようにしています。でも、古くから好きな映画は何度も何度も観たくなりますので、もう観たいリストの山は積もるばかりです。りりあさまの素敵なブログにも、また遊びに行かせて頂きますね。私は京都に近い大阪に今住んでいます。元々は伊丹の出身ですので兵庫です。伊丹空港はちょっとした冒険の遊び場でしたよ。v-254
  1. 2007/01/24(水) 04:21:22 |
  2. URL |
  3. chouchou #-
  4. [ 編集]

こんばんは^^
こっち、おじゃましました!
もう、どきどきです~。深呼吸せな。
chouchouさん、とっても素敵です。
あっっていう映画も、全然知らない未知の映画も
chouchouさん指南のもと、少しずつ楽しみたいです~。
かなり、カメさんみたいに、のろのろペースですけど・・・。
「太陽がいっぱい」は、私もすごく思い入れがあります!
幼いころ(たぶん、8~10歳ころ)、父親の持ってる映画音楽集(?)を
だまってよく聞いてたんですが、
その中に、もちろん「太陽がいっぱい」の曲があって、
いいな~なんて、繰り返し聞いてました。(映画は、まだ観た事ないのに~)
↓にある「日曜はダメよ」が、その次に入ってたのも憶えています。
その後、「太陽がいっぱい」を観て、いいようのない快感を感じました^^
そんなある日、バイト先のあるお料理屋さんに、
お忍びで、彼がおみえになったんです。
ツイードのジャケットの貫禄のあるお姿でしたが、
目の前に、あの、アランドロンさんがおられるのが、夢のようでした。
一応、一回はお料理出しました。
今の若い人には、彼の存在やカリスマ性わかってもらえそうにないです^^
ごめんなさい、ちょっと長くなりました^^
私のブログは、シンプル仕様なので、プロフィールも書いていません。
なので、少し、自己紹介です^^
兵庫に住んでて、一応、日本料理店の女将さんしてます^^
日々の生活に翻弄されていますが、
ブログ(お店のホームページからも入れるようになってるので、100%私ごとも書けず、な内容です^^)を記しながら、
仕事も大事だけど、自分の好きなことも、やっていきたい~のはざまな感じです。
映画の事chouchouさんに比べたら、赤ちゃんですが、よろしくね^^
映画の海におぼれたいよ~~!!
  1. 2007/01/24(水) 01:29:01 |
  2. URL |
  3. りりあ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/76-e96cb211
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。