★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アリスの恋

アリスの恋 特別版 アリスの恋
監督:マーティン・スコセッシ 出演:エレン・バースティン、クリス・クリストファーソン、アルフレッド・ルッター、ジョディ・フォスターハーヴェイ・カイテル
(1974年・アメリカ映画)

マーティン・スコセッシ監督がエレン・バースティンを主役に描いた女性ドラマの秀作。エレン・バースティンは素晴らしい!今も。この頃はご本人もシングル・マザーで息子さんと愛犬との暮らしをされていたそうだ。なので、このアリス・グレアム役は私生活と重なる部分も大きい。19歳で結婚して息子トムがいる。ご主人が急な事故で他界。お葬式代でお金が底をついてしまい二人は故郷のモンタレイへ移ることにする。未亡人になってしまったアリスだけれど、何か二人には安堵感もあった。そういう父親だったのだ。1970年代のアメリカ。社会の中で自立して生きていく女性たち。そんな女性ドラマが多数あるけれど、この「アリスの恋」は代表作のひとつ。マーティン・スコセッシ監督にしては珍しい作風だけれど、こういうのも作って下さって嬉しい。アリスは未亡人とは言え、まだ32歳。歌手になる夢も捨ててはいない。でも、その日その日を生きていくためにはお金が必要。ツーソンの町のウェイトレスをしながら息子トムと喧嘩したりじゃれ合ったりして、泣いたり笑ったりして生きている。恋もする。でもその相手が悪い場合もある(ここではハーヴェイ・カイテルがサディスティックな妻のある男性としてちょっと出てくる)。息子のトムも母親に恋人ができると何か面白くない!でも、風変わりなちょっとおませで不良の少女オードリー(ジョディ・フォスター)と仲良くなる。デヴィッド(クリス・クリストファーソン)がアリスを気に入りふたりは仲良くなるけれど、トムは反抗する。恋もしたい、仕事もある、夢もある、でも息子はかけがえの無い存在。そんな葛藤から、アリスとトム親子は町を出て故郷に向かう決意をする。でも、デヴィッドから結婚を申し込まれるアリス。そして、実はトムもデヴィッドが嫌いではなかったので喜ぶ。二人は笑いながら町を歩く...その親子の姿が自然で素敵に思える。エレン・バースティンはとても生き生きとした感情豊かなアリスを演じている。この作品でオスカー受賞となった。私は12歳のジョディの登場するシーンは特に好き♪横分けのショートめのブロンドの髪と相変わらず冷めたあの感じで、少年ぽく可愛い(この後、同じくスコセッシ監督の『タクシードライバー』への出演と続く。ハーヴェイ・カイテルも一緒に)。トム役の眼鏡のひ弱な感じとソバカスが愛らしいアルフレッド・ルッター君はこの後、『がんばれ!ベアーズ』にも出演している。

アメリカの女性って逞しいイメージがずっと私の中にある。精神的な部分や雰囲気かな。今では日本でもシングル・マザーでしっかり生きている女性たちも多い。私は無理だなぁ...と思いながらもこういう女性たちの生き様から何かを得ている気もする。でも、以前『ヴァージン・スーサイズ』でも触れたのだけれど、この時代のアメリカを想う...。全ての女性が強く逞しく自立して生きていけるはずはない。どの国にだって色んな女性がいる。私ならどうしていただろう...とこの女性のエネルギーが爆発している活気に満ちた70年代のアメリカで。そんな風にふと思ったりしながらも、このアリスのチャーミングで自然体な魅力に引き込まれてしまう。脇役もいいし、派手さはないのだけれど心に残る作品のひとつ。

20070119111933.jpg
スポンサーサイト


  1. 2007/01/19(金) 10:52:21|
  2. 女性映画・群像劇・映画愛・家族ドラマ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<アルフィー | ホーム | ジョゼ・ジョヴァンニが語る「男」について>>

コメント

エレン・バースティンが監督を指名だったのですね!

木蓮さま、コメントありがとうございます。そして、貴重お話も。そうだったのですね~エレン・バースティンが監督を指名されたものだったとは!そうお聞きするとさらに説得力のある作品に思えますね。「ギャング・オブ・ニューヨーク」(ダニエル・ディ=ルイスがとても好きなのです♪)も良かったですね。

>自立した女性への憧れ、私もまだまだ持っています(^^ゞ 
というか、強く生きている女性に憧れます。そうでなくても、自分を偽らない人は、女性も男性も素敵だな~と思います。

はい、私も同感です。もうすぐアカデミー賞ですね。スコセッシ監督は「ディパーテッド」でノミネートされていますね。木蓮さまはブログで書かれていましたよね。私はまだ未見ですが予告編だけ観ました。激戦の賞争いな感じですね。スコセッシ監督は気に入った役者さんを続けて使われるところとか好きです~★また、今度。(笑)
  1. 2007/02/20(火) 12:18:28 |
  2. URL |
  3. chouchou #-
  4. [ 編集]

やっぱり憧れます

マフィアものが多いスコセッシ監督の中でも、珍しい女性ものですよね。何でも、ヒロインのエレン・バースティン主演というのが先にあり、彼女がスコセッシ監督を指名したそうです。
監督は最初「女性映画なんて僕には無理」と気が引けてたものの、バースティンや編集の女性スタッフの支えで撮り上げたとのことです。←『ギャング・オブ・ニューヨーク』のパンフより(汗)

女性の自立(主に経済的に)、現実に獲得するのはまだまだ難しいように思います。
 『アリスの恋』でも、実は一番気になったのは、父親のオートバイのシートに乗ってる女の子でした。ちょっと不器用そうなんだけど、それでも何となくウェイトレス仲間として受け入れられていく、という描かれ方が、何だかほっとしました。

自立した女性への憧れ、私もまだまだ持っています(^^ゞ 
というか、強く生きている女性に憧れます。そうでなくても、自分を偽らない人は、女性も男性も素敵だな~と思います。
つい長くなってしまいました。。スコセッシ監督好きなんですけども、それはまたにします(笑)
  1. 2007/02/19(月) 22:36:55 |
  2. URL |
  3. 木蓮 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

そうなのですね。。

木蓮さまも「アリスの恋」がお好きだと知り嬉しいです。スコセッシベスト9も気になります~♪(笑)アリスの働くウェイトレス仲間たち、彼女たちのピンクの作業姿も印象的ですね。おトイレで号泣するアリスをなだめる仲間の女性とのシーンも葛藤する姿が上手く描かれていましたよね。木蓮さまは20代の頃、自立に憧れておられたのですね。私は映画の中ではそのような女性に憧れたりも今もします。でも、無理なので...。年嵩だけが増え、あまり成長できないまま今に至っているような私です。肩の力は軽い方が楽ですよね。でも、個人差があると思いますが人それぞれそういう時期があったりするものなのでしょうね。v-254
  1. 2007/02/19(月) 19:14:30 |
  2. URL |
  3. chouchou #-
  4. [ 編集]

憧れと現実と。。

「アリスの恋」、私の好きなスコセッシ映画ベスト9内に入ってます。
ウェイトレス仲間達と、最初は反発し合ったりしながらも友情を育てていくところが好きなのです。
このダイナーで働く女性達すべてに、作り手の優しいまなざしが注がれていたように思います。
女性の自立…20代の頃は憧れて憧れて、でも現実は厳しくて…。今はちょっと肩の力が抜けたかな?と思っています。
  1. 2007/02/18(日) 20:51:28 |
  2. URL |
  3. 木蓮 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/72-1dff394a
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。