★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

日本で最初の「字幕スーパー」作品

モロッコ モロッコ

監督:ジョセフ・フォン・スタンバーグ出演:ゲイリー・クーパー、マレーネ・ディートリッヒ、アドルフ・マンジュー(1930年・アメリカ映画)

日本で最初の字幕スーパー(スーパーインポーズ)の登場は『モロッコ』だった。1931年公開と記録されている。監督はウィーン出身のジョセフ・フォン・スタンバーグ。まだ新人だったマレーネ・ディートリッヒを主演に『嘆きの天使』をドイツで制作後、アメリカに進出。トーキー初期の名作のひとつ。それまでの日本では、弁士が日本語でお話を語っていたそうだ。そういうのも楽しそうだけれど。スクリーンに字を焼き付けるのだから、それは大変な作業なのだと思う。古い映画を観ると字幕の書体にも味わいがあり何となくいいなぁ~と思うことがある。


追記
カタカナ表記って迷う事が多い。ジョセフ・フォン・スタンバーグ監督と書いたけれど、ジョゼフと記されているものもある。ドイツ語ではヨーゼフ・フォン・シュテルンベルクと。スタンバーグ監督はディートリッヒを主演に愛情を込めて丹念に美しく映像化し、このコンビで7本制作している。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/10(水) 08:13:38|
  2. ドキドキ★シネマ万華鏡|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ピクニック at ハンギング・ロック | ホーム | 友だちのうちはどこ?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/63-d7d1e1ed
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。