★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ハンガー

ハンガー ハンガー:THE HUNGER
監督:トニー・スコット 出演:カトリーヌ・ドヌーヴデヴィッド・ボウイスーザン・サランドン、クリフ・デ・ヤング、ソフィー・ウォード、ウィレム・デフォー
(1983年・イギリス映画)

吸血鬼映画にお詳しいお方はこの映画をどのように感じられたのだろうか?私はデヴィッド・ボウイが大好きで、この映画での共演がカトリーヌ・ドヌーヴスーザン・サランドンという好きな女優さまたちと知り、もう公開前からワクワクしていたのが懐かしい。監督はトニー・スコットなのでとても全編美麗な映像でファッショナブル。そして、この美男美女コンビ(普通のレベルではなく質も異様な美しさ♪)。ボウイは女吸血鬼(カーミラ)ミリアムに拾われた元英国貴族のジョン。18世紀のこと。その頃の回想シーンがとても美しく穏やかで大好き。ミリアムはピアノ、ジョンはチェロ、少女アリスはヴァイオリンという三重奏。ボウイ・ファンとしてはこの後、とても悲しい思いをすることになる...ジョンはミリアムに永遠の命を与えられ吸血鬼になったのだけれど寿命が近づいていたのだ、200歳までしか生きられない。ミリアムは何と8000年も行き続けている美しいままに(こういう魔性の魅力がドヌーヴにはあるのでお似合い)。嗚呼・・・哀れ!老いを感じ始めていたジョンは「眠りと寿命」という本を出版した女性サラの勤める病院へ赴く。しかし、彼女を待つ間の数十分の間に髪がゴッソリと抜け落ちてゆく...その後のボウイは特殊メイクを施された状態での出演で、あの美しいお姿はもう画面では観れなくなり死にゆく。かなりガッカリ★

しかし、この後はミリアムとサラの関係がとても興味深いもの。ミリアムはサラを誘惑し、遂にはサラも吸血鬼になる決意を。ミリアムの魅力に負けてしまったのだ。二人のレズビアン・シーンも話題となった。ロジェ・ヴァディムの初期の作品の『血とバラ』が重なり合うような吸血鬼映画。モダン・ホラーというのかかなり耽美的で美しい映像が印象的なので恐怖感は私はあまりないもの(でも、カテゴリーは「ホラー」にしておきます)。

後、忘れてはならないのは冒頭に登場する我らがバウハウス★ボウイの影響を大きく受けているこの英国のゴシック・バンド(ニュー・ウェイヴ)の歌う曲は『ベラルゴシの死』。もう、この辺りもトニー・スコットならではのセンスが光る計らい。トニー・スコット監督はとてもボウイ・ファンでもあり、『ザ・ハンガー』というカナダのテレビ映画のシリーズにボウイをホスト役で起用している。50代のボウイながらここでもとても素敵で美しい。監督もボウイの美と存在感に魅せられているというお話もされていた(嬉しい♪また、60代のボウイ様を主役で作品撮って下さい~とお願いしたいです)。

hunger.jpg
スポンサーサイト


  1. 2007/02/19(月) 23:42:03|
  2. 恐怖映画・サイコホラー・パニック|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6
<<マリー・アントワネット | ホーム | ハンガー>>

コメント

ハリウッド価格ですか?!

Beauさま、教えて頂きあいがとうございます。安いですね、私は以前に購入したので。ハリウッド価格扱いされる作品なのですね・・・
はい、とっても複雑な感じがいたします~♪売れてるのか不安でもあります。(笑)
  1. 2007/04/15(日) 13:40:22 |
  2. URL |
  3. chouchou #-
  4. [ 編集]

再発です

なんでも、ハリウッド価格?ということで、オンライン・ストアでは734円でした。
嬉しくもあり、悲しくもある、複雑ですね....
  1. 2007/04/14(土) 05:16:46 |
  2. URL |
  3. Beau #-
  4. [ 編集]

”吸血鬼もの”お好きなのですね~★

Beauさまも勿論ご覧になられガッカリ組ですよね~。冒頭から前半だけうっとり♪
ミュージック・ライフだったと思うのですが、ボウイとドヌーヴお二人が颯爽とにこやかに美しく街を歩くお写真がありました。公開前なので、もうドキドキ♥待ち遠しくて期待が大きかったのでしょうね...HMVで980円ですか?それは売れ残りということなのでしょうね。今だとなかなか売れない作品でしょうね、悲しいかな。
  1. 2007/04/09(月) 11:36:14 |
  2. URL |
  3. chouchou #-
  4. [ 編集]

この映画には

期待が大きかっただけにガッカリしましたね。
ボウイとドヌーヴの共演、バウハウスの音楽、しかも吸血鬼ものという、私にとっては三拍子揃った、これ以上望むべくも無いシチュエーションで何故?
冒頭のピーターのカッコよさは空前絶後、その後の何分間まではうっとり、しかし....もう何も云いますまい。
先日HMVに行ったら、980円で売っていました....
  1. 2007/04/09(月) 03:09:57 |
  2. URL |
  3. Beau #-
  4. [ 編集]

当時ご覧になられたのですね~♪

りりあさま、いつもコメントありがとうございます。りりあさまも当時ご覧になられたのですね。はい、ドヌーヴさん、お綺麗でしたよね~♪

りりあさま、面白いですね~ずっと大好きなのです、ボウイさま♥でも、”惚れられてるんですよね^”って仰って頂きドキリと致しました。ミーハーのまま、ただいつまでも好きなお方なのですよ。りりあさまもボウイの音楽で踊ったりもされていたのですね~とっても嬉しいです♪v-254
  1. 2007/02/22(木) 21:12:38 |
  2. URL |
  3. chouchou #-
  4. [ 編集]

こんばんは^^
私、この映画、当時観ましたよ~~!
そうですよね!chouchouさん ボウイさんに惚れられてるんですよね^^(変な表現でごめん)
当時は踊りに行って、ボウイさんの曲も存在感ばっちりでした^^
なんか、やっぱり変なことかいてます・・・。
ストーリーは、chouchouさんのでよみがえりました。
なつかしいです^^
ドヌーヴさんも、おきれいでしたね^^
ベラルゴシって、往年の吸血鬼さんなんですよね。
いろいろと、記憶がよみがえってきます^^
ちょっとミーハーぽくて、ごめんなさい^^
  1. 2007/02/21(水) 01:55:32 |
  2. URL |
  3. りりあ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/55-68cf1acb
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。