★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

いまを生きる

いまを生きる いまを生きる
監督:ピーター・ウィアー出演:ロビン・ウィリアムズ、イーサン・ホーク、ロバート・ショーン・レナード
(1989年・アメリカ映画)

心に残る映画、それもその中のいくつかの忘れられないシーンがある。そんな作品のひとつのように感じる。監督はピーター・ウィアー。大好きな『ピクニックatハンギングロック』の監督。その少年版とも言えそうな共通した儚い青春の美しさ、瑞々しさが好き。1959年の全寮制の名門校ウェルトン・アカデミー。まだ10代のイーサン・ホークとロバート・ショーン・レナード、共にいい。特に後半悲劇に向かう少年役のロバート・ショーン・レナードは実物像と重ねて観てしまうので、その辺りから涙が込み上げてくる。何度観ても単純に感動してしまう。キャプテン(船長)と生徒達に呼ばれていた同校のOBでもある型破りな教師役はロビン・ウィリアムス。分かりきっているくらいにハマリ役!彼の嘗ての資料を元に”死せる詩人の会”を結成して洞窟でそれぞれの自己を語り合う。そういう年頃に感情移入し易い私。最後のシーン、机に立ち上がる生徒達...(座ってる男子は誰?って探してみたり)。涙腺の異常に脆い私の涙はそこでどうしても溢れてしまう。良家の息子、真面目で学力もある。好きなお芝居に没頭するあの輝きの瞬間をお堅い両親は理解出来ない。その光の輝きを持ったまま死に至る少年、大人になる前に...。悲劇ながら美しい純粋な心に胸がいっぱいになる。

20070104191316.jpg
スポンサーサイト


  1. 2007/01/03(水) 15:25:08|
  2. 青春映画・学園・寄宿学校もの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<グロリア | ホーム | オルランド>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/45-8fec40f0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。