★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『地獄に堕ちた勇者ども』 またまた再見の折のメモ

2005-02-08.jpg

地獄に堕ちた勇者ども:LA CADUTA DEGLI DEI
1969年 イタリア/西ドイツ/スイス合作映画 

監督:ルキノ・ヴィスコンティ 出演:ダーク・ボガード、イングリッド・チューリン、ヘルムート・バーガー、ウンベルト・オルシーニ、シャーロット・ランプリング、ヘルムート・グリーム、ルノー・ヴェルレー

大好き!という言葉では足りない位に大好きな映画。ややブルー気味だった私は偶然この映画がTVで放映されているタイミングに遭遇してしまった。もう10回以上は観ているだろう。それでも、この偶然飛び込んできた映像から逃れる訳にはいかないのだった。お陰様でブルーな気分はすっかり落ち着いたものへ。しかし、気分爽快!になれる作品ではない。ただ、この様な滅びの美学に滅法弱い私は安堵する。

これはここでの覚え書きとして書くには大層長くなりそうなので、またいずれ「映画の宝石箱」の方で綴りたいと思っている。兎に角、全て凄い!ヴィスコンティ贔屓というか一等好きな監督様。この作品でヘルムート・バーガーを知った。あなたの一番好きな男優は?と訊かれたならば、即答で「ヘルムート様!」と答える私は10代から変わらない。好きな俳優様方がズラリ~と揃っている。うっとり。

それにしても、ヴィスコンティの眼差しはナチスを美化するものでは決してない!しかしながら、不謹慎ながらもあの将校姿に魅了されてしまう。ヘルムート様の倒錯したあの様な役柄はハマリ過ぎ!

いけない。こうしてヘルムート様の事だけでもうこんなに書いている。好きな場面は多すぎるのでまたゆっくりと。私の心の中の大切な引き出しの中に長年(否、きっと永遠に)しまってある様な核的な作品の一つであるのだと思う。

心の平静さは取り戻せたけれど、全くお仕事の出来ない一日となってしまった。そんな作品をお昼間に放送しないで欲しい...でも、幸せだった。

※2005年に覚書として書いたものなので、また追記予定です★
スポンサーサイト


  1. 2005/02/08(火) 17:50:21|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<歌え!ロレッタ愛のために | ホーム | 地獄に堕ちた勇者ども>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/372-2f306126
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。