★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『マーシェンカ』 ジョン・ゴールドシュミット監督 (1987年)

マーシェンカ VHS 
マーシェンカ/MASCHENKA
1987年・イギリス/フランス/西ドイツ合作映画
監督:ジョン・ゴールドシュミット 原作:ウラジミール・ナボコフ 脚本:ジョン・モーティマー 撮影:ウォルフガング・トロイ 音楽:ニコラス・グロウナ 出演:ケイリー・エルウィズ、イリーナ・ブルック、ズニー・メレス、ジョナサン・コイ、ジャン=クロード・ブリアリ、マイケル・ゴフ、フレディ・ジョーン

ウラジーミル・ナボコフの小説『マーシェンカ』はロシア語で書かれ1926年にベルリンで出版。そして、1970年(44年後)に英訳され『メアリー』と題され出版された。ナボコフ自身の消え去ることのない初恋の思い出がこの小説の中の主人公であるガーニンとマーシェンカに投影されている。ナボコフが16歳の折の15歳の少女タマーラとの初恋。激動の時代を生き、当時はドイツのベルリンで生活していたナボコフが、44年前にロシア語で書いたものをそのまま英訳して世に送った...その大切な深い記憶の痕、少年ナボコフの思春期の儚き甘美な郷愁のようなものを想う。

彼がじっと前方に目を注いで見つめていたのは、へりが少しすり切れている黒い蝶結びのリボンをつけた褐色の編んだ髪、彼の目が愛撫していたのはこめかみのあたりの黒くなめらかな少女らしい髪の艶だ。彼女が顔を横に向けて隣にすわっている少女にすばやいほほえみのまなざしを送ると、彼の目にも彼女の頬の強い色彩や、タタール人のように野性的なきらりと光る目のはしりや、笑うたびに交互に広がったりせばまったりする鼻孔の優雅な曲線などが見える。 
(小説『マーシェンカ』より)


このマーシェンカを演じるのは優美なイリーナ・ブルック。国籍は英国ながら1963年のフランス生まれ。また東欧の血をひいている。英国の奇才監督(ロシア系ユダヤ人で亡命者の)ピーター・ブルックを父親に、女優のナターシャ・パリーを母親に持つお方。ガーニン役はこれまた『アナザー・カントリー』以来のお気に入りであるケアリー・エルウィズが演じている。1962年の英国生まれながら、両親はユーゴスラビア人なので彼もまた東欧の血をひいているお方。美しい映像と共に、印象強く脳裏に焼きつく陽光のまぶしさと綺麗なお衣装。衣装デザインは『マリア・ブラウンの結婚』など一連のライナー・ヴェルナー・ファスビンダー監督作品を担当したバルバラ・バウムなので納得!また、コリン役でフランスの名優ジャン=クロード・ブリアリが出演しているのも嬉しいかぎりなのです☆

「ロシアが異常に遠く、郷愁が一生のあいだ狂おしく付きまとい、心を引き裂く郷愁にかられて奇異な振る舞いをいつも人前でさらす身であるから、わたしはこの処女作に感傷的な痛みを感じるほどの愛着を持っていると臆せずに告白したい。」 《ウラジーミル・ナボコフ》

小説『ロリータ』(1955年)発表後の世界的な名声を得てから後にこのように語っておられる。

※★『マーシェンカ』の美しい少女(イリーナ・ブルック:IRINA BROOK 原作:ウラジミール・ナボコフ)として書いたものに少し追記致しました。

スポンサーサイト


  1. 2008/07/16(水) 17:45:02|
  2. 文芸・文学作品|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<『セメント・ガーデン ルナティック・ラブ:禁断の姉弟』 アンドリュー・バーキン監督 (1992年) | ホーム | 『ガラスの動物園』 ポール・ニューマン監督 (1987年)>>

コメント

はじめまして♪

miniさま。

はじめまして。コメントを頂きありがとうございます。
ミレイ私も大好きですので、このようなご縁を嬉しく思います。

>なかなか周りに話しても理解してもらえず…、病んでるんじゃない?なんて言われたり…。
確かに病んでいたんですが…自分の境遇や心境にリンクするような映画をそのころは探してました。

全く同感です!私はもう聞き慣れた位に”病的だ”とか”おかしい”とか”いやらしい”とか”おかまみたい”とか....私の好きなものの事を馬鹿にされてきました。でも、頑固者のようでそれでも好きな世界、心の求めるものの方を大切にしてきたように思います。なので、こうして共感して頂けるお方と出会い、お友達になれるのですね☆良かったです!

miniさまはお父様に複雑な想いを抱いて生きてこられたのですね...でも親子なので言葉で言い尽くせないものがあるのですよね。miniさまとこうしてお話させて頂け嬉しいです。

>私が鑑賞したのは、「十七歳のカルテ」、「ヴァージンスーサイズ」、「翼をください」、「キャンディ」でした

わあ!!私も好きな映画ばかりです☆衝撃度が最も大きかったのは」、「翼をください」です。何回も観ています(笑)。

こちらこそ、これからも宜しくお願い致します!
いつでもお気軽にお越しくださいね♪v-22
  1. 2008/07/20(日) 01:09:35 |
  2. URL |
  3. chouchou #z8Ev11P6
  4. [ 編集]

はじめまして☆

たまたま、ミレイを検査していてここにたどりつき、拝見させていただきました☆
私もDVDですが、いくつか見たものがとりあげられていて嬉しくてついコメントをしてしまいました!
私が鑑賞したのは、「十七歳のカルテ」、「ヴァージンスーサイズ」、「翼をください」、「キャンディ」でした☆なかなか周りに話しても理解してもらえず…、病んでるんじゃない?なんて言われたり…。
確かに病んでいたんですが…自分の境遇や心境にリンクするような映画をそのころは探してました。
今は、家庭をもち、なかなか自分が見たいものは見れなくなりましたが…。
私も父に対して様々な心境を抱いています。
父は、私を可愛がれず、私が赤ちゃんの頃に離婚。今では新しい家庭があるそうです。
どうして私は可愛がれなかったのに今の子供は可愛がれたのか…と憎くおもいつつ、私のこと今でも思い出すのかな?と、父を想ったりもします…。会いたいけど会いたくないんですね。なんだか私の事ばっかり語ってしまい、申し訳ないです…。
これからもこのブログを覗きにきたいとおもいます☆
  1. 2008/07/19(土) 00:06:16 |
  2. URL |
  3. mini #0s4P62Es
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/362-66d4e999
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。