★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『秘密の儀式』 ジョセフ・ロージー監督 (1968年)

secretlizcinemachouchou
☆亡き娘の写真を持つレオノーラ(リズ・テイラー)♪

ジョセフ・ロージー監督の1968年映画『秘密の儀式』がようやくソフト化決定(2008年8月6日発売)。私はミア・ファローが20数年間ずっと好きでいる。ミアの出演作品はまだもう少し未見のものがあるけれど、今のところ、この作品が一等大好きなのだ。80年代にローカル(UHF放送)な映画番組からの録画のビデオを幾度もくり返し観ていたものだ。その放送は吹き替え版だったので、すっかりミア扮する風変りな気のふれた少女チェンチの台詞を暗誦してしまっていた程。そして、外国版のビデオを取り寄せて(当時は随分高かったのですが)英字幕ながらそれも幾度も観ているもの。この少女というのも設定では22歳なのだけれど、時が止まった少女のようなチェンチ(撮影当時のミアは24歳頃)。また、大女優のリズ扮する娼婦レオノーラの哀れさ、義父役のロバート・ミッチャムの不気味さ、美しい映像と少し怖いサスペンス仕立てはジョセフ・ロージー監督のお得意とするところ。最初に観たロージー作品はダーク・ボガード主演の『召使』!!

『ローズマリーの赤ちゃん』と同じ年に製作され公開されたもの。当時のミアはビートルズ達とインドに行ったりしていた頃だと想う。また、ミア・ファローが英国映画にとても合うのは少女期を英国で過ごし教育を受けた国なので。その後、アメリカで本格的な演技の勉強と舞台でデビューを果たすという経歴のお方。この『秘密の儀式』の大まかなあらすじは、9歳の頃に父を亡くし母親と再婚相手の義父と暮らしていた少女チェンチ。その母親も死んでしまう。そして、その義父は不審な男性でアメリカへ渡っていた。そんな母親の面影を忘れられず、豪華な豪邸で一人で暮らしている孤独な少女が、ふと町で母親に瓜二つの娼婦レオノーラと出逢う。レオノーラも溺死した幼い10歳の娘を忘れられず、墓地に参り彼女と心の会話をすることだけが楽しみな孤独な女性。やがて、二人は本当の母と娘のように生活を始めるのだけれど、チェンチの空虚な心は満たされることはない。現実と虚構を混同し自分だけの世界に埋没してゆくチェンチ(この辺りのミアの演技はハマリ過ぎ!)。また、この映画は主演はミア・ファローだとも言える脚本。なので、リズ・テイラーは助演を初めて引き受けた作品だそうだ(子役時代は別として)。私は共に主演だと想う。このお二人の奇妙さが素敵で大好き!レオノーラはチェンチを救うことは出来ずに少女は命を絶つ最期も壮絶。そして、葬儀の日にレオノーラは・・・。

《死んだ子供を忘れかねている売笑婦と、死んだ母を思って気が狂っている娘。「秘密の儀式」は、これをエリザベス・テイラーとミア・ファローという顔合わせで映画化した。これをジャンヌ・モローとジョアンナ・シムカスで演じさせなかったロージー監督の俳優感覚に注意したい。ジャンヌ・モローの智的さをリズは持っていないし、ジョアンナ・シムカスの美しい哀感をミア・ファローは持っていない。リズもミアも妙な云い方だが、どこか狂的なところがあって、まともでない女としては、リズとミアの方がずっと面白い。》 (淀川長治)

『秘密の儀式』 少女チェンチ(ミア・ファロー)と娼婦レオノーラ(エリザベス・テイラー)♪として触れたものの一部に追記致しました。

secretcinemachouchou
秘密の儀式/SECRET CEREMONY
1968年・イギリス映画
監督:ジョセフ・ロージー 原作:マルコ・デネビー 脚本:ジョージ・タボリ撮影:ジェラルド・フィッシャー 音楽:リチャード・ロドニー・ベネット 出演:エリザベス・テイラー、ミア・ファロー、ロバート・ミッチャム、ペギー・アシュクロフト、パメラ・ブラウン


スポンサーサイト


  1. 2008/07/02(水) 00:42:45|
  2. サスペンス・ミステリー・ハードボイルド|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8
<<『アンナ』の映画とサウンドトラック(セルジュ・ゲンスブール) | ホーム | 『ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー映画祭 映画上映会』>>

コメント

私も知りませんでした!

hiroさま、おはようございます。

リズはもう長い間病気との闘いですよね。現役のオスカー受賞時でさえ。危篤状態は驚きましたが、よくなってほしいです。先日も、お友達からの情報でポール・ニューマンの死亡説を読みました折も驚きましたが誤報だったと教えて頂きホッとしました。

往年のスターの方々ってやはり今のスターとは輝きや存在感、夢を馳せる対象としての大きさ...時代の違いとはいえ、どうしても違いますものね。世界を魅了したスター(それも長く)であるリズを私もhiroさまの足元にも及びませんが、これからも愛したいと想っていますv-254

色々とこれからも教えてくださいね♪
いつもありがとうございます!
  1. 2008/08/28(木) 10:46:33 |
  2. URL |
  3. chouchou #z8Ev11P6
  4. [ 編集]

知らなかった

chouchouさん、こんばんは。

もうそろそろ、追想にコメントを書こうと思っていたら、昨日リズファンとして重大なニュースを見落としてました。7月から病気で入院して、一時は命も危うい状況になっていたようです。今月退院して今は元通りに生活を送っているようですが、90年代はじめに立て続けに危篤のニュースが報道された時は、本当に学校の勉強も手につかなくてすごく心配したものです。最近はすっかり過去の人になってしまって、新聞でも雑誌でもリズの記事は見かけることが少なくなりました。代わりにパリスやブリちゃんの名前が賑わっていて、少し寂しいです。
  1. 2008/08/26(火) 21:30:19 |
  2. URL |
  3. hiro #Ma5S7.TY
  4. [ 編集]

リズとミア♪

hiroさま、こんにちは。

シネマスコープ版なのですね。
教えてくださってありがとうございます!

淀川さんのお気に入りの女優さまにリズもミアも入っておりました。私は淀川さん、子供の頃から大好きで御本も読ませて頂くのが好きです。そんな中で知りました。

この映画のミアのロング時の髪はウィッグだと想います。髪質が違いすぎますものね。でも、あの雰囲気好きです。リズとの共演をミアは好印象に語っておられました。英国人のリズ、幼少時から美少女子役としてハリウッドに招かれたお方。ハリウッド生まれのミア、少女期を英国で教育を受け育ったお方...何か相性の良さを感じますし、ロージー監督のセンスも感じますよね。
  1. 2008/08/24(日) 11:58:11 |
  2. URL |
  3. chouchou #z8Ev11P6
  4. [ 編集]

シネマスコープ

chouchouさん、こんにちは。

画面比よく見たらシネマスコープでした。
ところで淀川長治氏がこの映画を評価していたのは初耳。
2人のスターを愛する人にとっては、この映画を悪く書くなんて
ことはできません。

この映画のミアの髪はウィッグ? 前年の夏に「ローズマリーの赤ちゃん」を
取り終えた頃は、ヴィダル・サスーンのベリーショート。お風呂のシーンもあったから
てっきり地毛だと思ったけど1年もしないうちにあの長さまでは伸びないですよね。

『じゃじゃ馬ならし』でもリズが一番美しいと思える瞬間(花嫁衣装で登場したとき)に
一瞬画面がぼやけてたから、本人も気に入ってた撮影方法なのでしょう。『秘密の儀式』は
キャスト・クルーの権限はリズに任されていました。この映画のヒロインはミアだったけど
出演料は、リズの10分の1以下だったみたい。
  1. 2008/08/22(金) 00:55:46 |
  2. URL |
  3. hiro #Ma5S7.TY
  4. [ 編集]

私も嬉しいです♪

hiroさま、こんばんは。

私もこの作品のお話をさせて頂けること、とっても嬉しいです♪
特殊な撮影方法は女優さまの場合は多々あるのでしょうね(笑)。
失敗作だなんて!!当時から絶賛されておられた淀川長治さんは流石ですね!

>『フォロー・ミー』はオリジナルのヴィスタサイズ。
お詳しいですね!教えてくださりありがとうございます。
また、録画しておきました(笑)ので、嘗てのものと見比べる楽しみができました。そうですね!きっとDVD化かブルーレイ(これ、よく知らないのですが)で発売される日を待つのも楽しみですね。

リンクもしてくださってありがとうございます。
こちらこそ、今後とも、よろしくお願い致します☆
  1. 2008/08/20(水) 20:51:35 |
  2. URL |
  3. chouchou #z8Ev11P6
  4. [ 編集]

この映画が話題にできるなんて

chouchouさん、こんにちは。

ネットの世界は広くても、この映画を共感できる日が来るとは夢にも思いませんでした。
たいていはリズの失敗作という見方だけど、ミアから見れば美味しいところ独り占めの
ノリにのっている時期の作品です。リズはこのあとキャリアは下降、ミアは上昇と
映画界の世代交代を感じさせます。「世紀の美女」という言葉から綺麗な人という
印象が子供心に植え付けられたけど、若い頃に比べると美貌の衰えは拒めないかも。

リズを美しく見せる撮影方法で、輪郭をぼやかしてオーラが出てるような、
映像に紗をかけたシーンが一瞬出てくるのですが、そのマジックに
まんまと引っ掛かったかもしれません。

『フォロー・ミー』はオリジナルのヴィスタサイズ。
スタンダードにトリミングされたものより圧迫感がなくて
街並も美しく見れて良かった。『秘密の儀式』もリリースされたぐらいだから
いつかDVD(それかブルーレイ?)で発売される事を期待してます。

私のブログでもリンク貼らせて頂きました。
今後とも、よろしくお願いします。
  1. 2008/08/19(火) 06:50:49 |
  2. URL |
  3. hiro #-
  4. [ 編集]

はじめまして♪

hiroさま、はじめまして。

とても嬉しいコメントを頂き感激しています。hiroさまもサンテレビで放送されたものをご覧になられたのですね。そして、同じようにアメリカから取り寄せ!全く同じですね。

私も映画好きの両親の影響は大きいのですが、女優さまは特に母から古いお方のことを教えてもらいました。”リズは綺麗!”と絶賛と憧れのような言葉でした。”リズってだあれ?”という少女時代に”エリザベス・テーラー”のことを愛称でこう呼ぶのだなぁ~って知りました(笑)。でも、私が知った時のリズは中年期に入っており母のようにうっとり思うことができなかったのですが、ようやくここ10年位の間で、”エリザベス・テーラー”の魅力に魅せられ続けているのです。作品も必死で遡って観たりしました(笑)。意外なようですが美しいリズよりも、中年期の過食症やご病気との闘いの中での作品群に好きなものが多いのです。美少女時代のものも好きですが♪また、こちらでも他の作品など、感想を書いたりする予定です(予定はいっぱいです、笑)。

今日ですね!『フォロー・ミー』。不思議ですね!こんな名作が未だにソフト化されていないなんて!!??私はこれまた、テレビで放送された古びたビデオ、2.3年ほど前にケーブルで放送された時のものHDDで観ています。大好きな作品です!はい、『見えない恐怖』も好きです。ミアは今もずっと大好きなのです!

来月はロンドンに行かれるのですね、『フォロー・ミー』巡り素敵ですね♪hiroさまのサイトにもまた遊びに行かせてくださいね。リンクも貼らせて頂きますね。これからも、どうぞよろしくお願い致します☆
  1. 2008/08/18(月) 10:09:14 |
  2. URL |
  3. chouchou #z8Ev11P6
  4. [ 編集]

私の原点

chouchouさん、はじめまして。

『秘密の儀式』のDVDリリース情報ありがとうございます。リズの有名な作品はDVD化されているので、最近はあまりチェックをしてなくて…。さっそく「夕なぎ」と一緒に注文しました。初めて見たリズの映画がサンテレビで放送された吹き替え版(86年の7月くらい)で、これが私のCinema Journeyの原点いうべき作品です。この映画に出会わなかったら、今の私はいなかったかもしれません。(日本語台詞を暗記しているchouchouさんには及びませんが)このトップの写真のリズが美しく見えました。

特に映画が好きでもなかった小学生の夏休み、母親が見てた映画がコレで、リズを知らない私は「世紀の美女って言われてんのよ」と聞かされ、エリザベス・テーラーという綺麗な響きの名前に惹かれて気になる存在に。映画そのものは子供には理解できない内容でしたが、翌年NHKで放送された『スターの時代』で本格的にリズのファンをスタート。

一通りリズの作品を見たところで、『秘密の儀式』をもう1度見たくなってchouchouさんと同じようにアメリカから取り寄せました。リズが初めて助演を引き受けた作品(『危険な旅路』『ドクター・ファウスト』は特別出演という扱い?)であることを初めて知りましたが、この映画の撮影中に子宮摘出手術を受けた経緯を含めて改めて見直してみると、子供を失った悲しみから母と慕うミアを愛する彼女の演技はその胸の内を反映しているようで、ファンとして複雑な心境でした。この映画ではリズは脇に徹していて、ミアの現実と虚構の狭間におちてゆく演技が見所ですよね。一方ミアの愛らしい魅力が満載の『フォロー・ミー』が来週BSで放送されます。来月ロンドンに行ったら、『フォロー・ミー』巡りをしたいなと企んでます。
盲目のヒロインを演じた『見えない恐怖』も、『ローズマリーの赤ちゃん』の二番煎じを狙った感が強いですが、コレも私的には好きな作品です。
  1. 2008/08/16(土) 22:17:54 |
  2. URL |
  3. hiro #Ma5S7.TY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/360-73551ea2
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。