★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー映画祭 映画上映会』

ファスヴィンダー

大阪の映画館:シネ・ヌーヴォさんとドイツ文化センター大阪さんとの共催で、
ドイツを代表する映画監督ファスビンダーの特集が開催されます!

60年代末から70年代の変革の時代を疾走し、
ドイツ映画の未来を託される稀有な存在となった矢先、
1982年に37歳の若さで急死しました。

彼の作品は、女性の抑圧、同性愛、ユダヤ人差別、テロリズムなど
スキャンダラスなテーマが多く、常に激しい論争を巻き起こし、
遺された42本の作品は、今日にも多くの問題を提起し続けています。

ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー映画祭 映画上映会】 
日程:2008年7月12日(土)~18日(金)
会場:シネ・ヌーヴォ
   大阪市西区九条1-20-24  最寄り駅(地下鉄中央線「九条駅」)
値段:1回鑑賞(1000円)、会員(800円) 、当日5回券(4500円)
問合せ:06-6582-1416

上映作品:計18作品、ドイツ語(日本語字幕)
「出稼ぎ野郎」「なぜR.氏は発狂したか」「マリア・ブラウンの結婚」
「ローラ」「ヴェロニカ・フォスのあこがれ」「四季を売る男」「悪の神々」
「ペトラ・フォン・カントの苦い涙」「マルタ」「不安と魂」
「エフィー・ブリースト」「少しの愛だけでも」「悪魔のやから」
「シナのルーレット」「哀れなボルヴィーザー」「リリー・マルレーン」
「少しの愛だけでなく」「自由の代償」

プログラム一覧は次からどうぞ。
http://www.cinenouveau.com/cinemalib2008/fassbinder/fass_Frame.html

巨匠ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーへの敬意を込めて、
今回紹介するのは、彼の作品の中でも最も重要なものばかりです。
非常に興味深くて、貴重な作品が多いです。

また、彼の作品の多くは、
DVDなどでも観る事ができないので、是非この機会にどうぞ♪

スポンサーサイト


  1. 2008/07/01(火) 19:28:20|
  2. 個人的な大ニュース!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<『秘密の儀式』 ジョセフ・ロージー監督 (1968年) | ホーム | 『悪い種子(たね)』と『死の天使レイチェル』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/359-1362094c
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。