★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ふたりのトスカーナ

ふたりのトスカーナふたりのトスカーナ/IL CIELO CADE
2000年・イタリア映画
監督:アンドレア・フラッツィ、アントニオ・フラッツィ 原作:ロレンツァ・マッツェッティ 脚本:スーゾ・チェッキ・ダミーコ 撮影:フランコ・ディ・ジャコモ 音楽:ルイス・バカロフ 出演:イザベラ・ロッセリーニ、ジェローン・クラッベ、ヴェロニカ・ニッコライ、ララ・カンポリ、バルバラ・エンリキ、ジャンナ・ジャンケッティ

映画監督でもあるイタリアの女流作家ロレンツァ・マッツェッティ(ロレンツァ・マゼッティ)の自伝的小説『天が落ちてくる』を映画化した『ふたりのトスカーナ』。監督はイタリア・フィレンツェ出身の双子の兄弟アンドレア&アントニオ・フラッツィで、この作品が長編デビュー作。イタリアはローマに一度だけ行ったことがある(トレビの泉にコインを投げてきたので再び行けるのだろうか...)。映画が大好き!色々なことを学び考えさせられる。好みの作風は多種に渡るのでその中で色々と連鎖し、また原作やスタッフや俳優たち...好きな世界が少しずつ広がりながら心や頭に浸透してゆくようだ。この作品の舞台となるイタリアのトスカーナ地方は、いくつかの映画の中で知ることができたとても美しい緑の自然の景色。感動的だ!お話は、第二次世界大戦下のトスカーナ地方、両親を交通事故で失い孤児となってしまったふたりの少女姉妹は、伯父夫婦のもとに引き取られる。そのひと夏の出来事と同時に、戦争による悲劇をも情感豊かに描いたドラマ。姉ペニーの目を通して描かれ、両親を亡くした幼い姉妹ながら、美しい自然の中で健気に生きる姿。過酷な厳しい現実(時代)の中でペニーの愛らしい微笑みが脳裏に焼きつき涙に溢れながら、私も微笑返しをしてしまう。かのフェデリコ・フェリーニが、「この本を読んだ時ほど、熱狂的にのめり込み、楽しんだことはめったにない。」と語り、イタリア三大文学賞のひとつのヴィアレッジョ賞を受賞。世界中で翻訳されこうして私も原作を読むことができる。可愛い子供たちと、伯母カッチェン・アインシュタインに扮するイザベラ・ロッセリーニがとても素晴らしい!そして、まだ幼く姉にべったりの甘えん坊の妹ベビーは、両親の死すらよく分かってはいない。なので、ユダヤ人である伯父達にナチスの手が迫り悲劇を目の当たりにしてさえも...。

あたしとベビーはヴィラにいった。焼けた屋根の梁のあいだから射しこむ空の光を、割れた鏡が映していた。みんなはそこにいた。おじさまも。
ベビーはおじさまの上にかがみこんだ。おじさまに話しかけた。
「返事しない」 「だれも返事をしないわ・・・・・」
そして、血で汚れた手で涙をふきながら、泣き叫び始めた。


わたしたちは黄金の夜明け
大気と光に向かって元気に育つ
わたしたちはイタリアの子ども
さらに偉大なイタリアを望む
わたしたちの小さな心
小さいけれど愛で燃える
声を震わせて鳴く小鳥のように
神よ、統帥をとわに救いたまえ


《ペニーが”あたしが一番好きな歌”と語る「イタリア少女団の歌」より。》

スポンサーサイト


  1. 2007/10/30(火) 07:09:16|
  2. 戦争・ホロコースト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ふたりのトスカーナ | ホーム | ルイ・マルが語る『プリティ・ベビー』とルイス・キャロルの関係>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/358-7812ad86
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。