★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 シェカール・カプール監督 (2007年)

ELIZABETH3
エリザベス:ゴールデン・エイジ/ELIZABETH:THE GOLDEN AGE
2007年・イギリス/フランス合作映画
監督:シェカール・カプール 衣装デザイン:アレクサンドラ・バーン 音楽:クレイグ・アームストロング、アル・ラーマン 出演:ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ、アビー・コーニッシュ、クライヴ・オーウェン、リス・エヴァンス、ジョルディ・モリャ スペイン、サマンサ・モートン、トム・ホランダー

上映最終日にどうにか間に合った。前作『エリザベス』から9年(公開まで10年)、再び大好きなケイト・ブランシェットがエリザベス一世を演じるのだから!この"エリザベス”はケイト・ブランシェットの女優としてのキャリアの大きな飛躍となった役柄。私はその前の『オスカーとルシンダ』も大好きな映画なのでこうしてケイト・ブランシェットを追いかけている。ますます演技派女優としての道を奢り高ぶることなくご自分のペースで様々な役柄(商業主義に走ることなく、主演も脇役も)を演じ続けていることは素敵だと想う。そして、相変わらずお美しい☆

私はこのような歴史劇が好きな上に、英国という長い歴史を持つ国が好き。ヴァージン・クィーンと呼ばれたこのエリザベス女王に興味を抱かぬはずはない。なので、それらの書物を読んだりという趣味は続いている。こういうことが何になるのだろう...とも時間の無い中複雑な気持ちにもなるのだけれど、もう今更軌道修正不可能なのでこのまま年老いるのだと想ったりしている。でも、私の心は満たされるのだ。その喜びはかけがえの無いものだと想う。

お話はだいたいのイメージ通りだった。2時間という限られた時間ではやはり描ききれないものがあったのだとも想う。でも感動した!もうすべてはケイト・ブランシェットに尽きる!!と言える私のミーハーさはスペインとの海戦シーンでの鎧を纏い指揮する長い髪のエリザベスの勇士よ!そのシーンが最も泣いた(多分、他の方々の感動シーンとズレていると想うけれど)。ただただ凛々しくて神々しくて、私も彼女に付いて戦おうと想えたのだ(単なる感情移入)。豪華なお衣装や次々と変るヘア・スタイル(かなりの鬘のコレクションをお持ちだったそうだ)や、前作に続いてジェフリー・ラッシュがフランシス・ウォルシンガムを演じていた。このオーストラリアの演技派ふたりの他には英国俳優が脇を固めていた。べス役のアビー・コーニッシュは可愛いし、スコットランド女王メアリー役のサマンサ・モートン、ローリー役のクライヴ・オーウェン、ロバート・レストン役のリス・エヴァンス...とお気に入りの演技派・個性派揃いで嬉しかった。また、音楽も終始美しく響いていた。とは言え、やはりケイト・ブランシェットに尽きるのでした★

ELIZABETH2
☆凛々しいお姿のケイトにうっとり♪
スポンサーサイト


  1. 2008/03/25(火) 12:00:48|
  2. 歴史劇・時代劇・西部・開拓史劇|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<『ビリティス』  デヴィッド・ハミルトン監督 (1977年) | ホーム | 『いつか眠りにつく前に』 ラホス・コルタイ監督 (2007年)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/323-2c2d5cbd
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。