★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『美しい人』 ロドリゴ・ガルシ監督 (2005年)

美しい人 デラックス版美しい人/NINE LIVES
2005年・アメリカ映画
監督・脚本:ロドリゴ・ガルシア 撮影:ハビエル・ペレス・グロベット 出演:キャシー・ベイカー、エイミー・ブレネマン、エルピディア・カリーロ、ホリー・ハンター、ロビン・ライト・ペン、シシー・スペイセク、アマンダ・セイフライド、グレン・クローズ、ダコタ・ファニング、リサ・ゲイ・ハミルトン、モリー・パーカー、メアリー・ケイ・プレイス、シドニー・ターミア・ポワチエ、エイダン・クイン

ロドリゴ・ガルシア監督の『彼女を見ればわかること』と出演者が少し重なっていて、さらに演技派女優さまの名に惹かれ、女性映画好きなので期待して観たもの。オムニバス映画ながら少しずつ登場人物は繋がっている。”人と人は繋がっているんだ”という台詞もあった。邦題よりも原題の「NINE LIVES」の方が分かりやすい。それぞれ環境も歳も違う女性たちの人生。様々だけれど、誰もが何かを背負って生きている。2時間弱の作品なので9編のひとつ一つは短いけれど、最後はグレン・クローズで締めくくる。娘役にはダコタ・ファニング。じわじわと観ながら何かを感じていたのだろうか...ロビン・ライト・ペン、シシー・スペイセクにエイダン・クインというお気に入りの俳優方、さらにシドニー・ポワチエとジョアンナ・シムカスの娘さんのシドニー・ターミア・ポワチエも脇役ながら拝見できたり...そして、淡々とした流れの中でグレン・クローズの表情や仕草は素敵で悲哀を帯びた夫を亡くした中年女性を演じていた。エンドロールの中、切なく静かな感動が込み上げて来るような感じ。生きることは重いけれど美しく尊いものなのだと想う。

1話:サンドラ/エルピディア・カリーロ
2話:ダイアナ/ロビン・ライト・ペン
3話:ホリー/リサ・ゲイ・ハミルトン
4話:ソニア/ホリー・ハンター
5話:サマンサ/アマンダ・セイフライド
6話:ローナ/エイミー・ブレネマン
7話:ルース/シシー・スペイセク
8話:カミール/キャシー・ベイカー
9話:マギー/グレン・クローズ


NINE LIVEScinemachouchou
マギーと娘マリア♪
スポンサーサイト


  1. 2008/02/09(土) 00:01:24|
  2. 女性映画・群像劇・映画愛・家族ドラマ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<『いつか眠りにつく前に』 ラホス・コルタイ監督 (2007年) | ホーム | 我が最後のカリスマ★麗しきデカダンの歌姫 ミレーヌ・ファルメール:MYLENE FARMER★>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/313-31953da5
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。