★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ソフィーの選択

SOPHIE'S CHOICEcinemachouchou

ソフィーの選択/SOPHIE'S CHOICE
1982年・アメリカ映画
監督・脚本:アラン・J・パクラ 原作:ウィリアム・スタイロン 撮影:ネストール・アルメンドロス 音楽:マーヴィン・ハムリッシュ 出演:メリル・ストリープ、ケヴィン・クライン、ピーター・マクニコル、リタ・カリン、スティーヴン・D・ニューマン、ジョシュ・モステル、ジョセフ・ソマー

現役の女優様でメリル・ストリープはとっても大好きなお方。私がメリル・ストリープを知ったのは『フランス軍中尉の女』(でもテレビで『ジュリア』を先に観ていたのだけれど後から知ったので。そして、これまた大好きなジェレミー・アイアンズもこの作品で知った。)。続けて公開されたのが『ソフィーの選択』。今でも覚えている、阪急の神戸線で梅田駅に着く手前辺りに大きな広告のポスターが貼ってあった。美しいその雰囲気とは違い、まだ10代だった私には最初は正直なところよく分からない内容で、でもどっしりと重い気分が残ったものだった。『フランス軍中尉の女』も母と一緒に行った。母は『クレイマー、クレイマー』ですっかりメリル・ストリープのファンになっていた。今の私は、メリル・ストリープの主演作だとこの『ソフィーの選択』が最も好きかもしれない。3時間弱の映画で観終えた後の余韻は決して気分の良いものではないけれど、時が経てばまた観てしまう。そして、ホロコースト、ユダヤ人の人達の罪無き悲劇、戦争の恐怖と愚かさ....を考えることは歳を重ねる度に深まってゆくように感じている。

いくつかの人生の選択を強いられた女性ソフィー。究極の選択である我が子をSS隊に渡す母の気持ち...酷すぎる!その事を生涯背負うものであること、腕の番号...忘れたくても忘れられない消せないもの。耐え忍び生き延びた人々も殺されてしまった人々も、また死に追いやった立場の人でさえ悲しい出来事だと想う。人が人を殺めるなんて!家族が引き裂かれる不当な理由がどうしても...。

それにしても、素晴らしい!ポーランド人役のメリル・ストリープは訛った英語でソフィーのいくつもの側面を演じているのだから。主演女優賞を受賞した作品でもあり、各国で絶賛されたもの。そして、この頃の(ふっくらとされる前)お美しいこと!透き通るような白い肌と憂いを湛えた表情...魅力に溢れている。ネイサン役のケヴィン・クライン、スティンゴ役のピーター・マクニコル、この3人の窓辺の屋根の上での平穏なひと時の美しい風景と音楽が儚く蘇ってくる。また、このアラン・J・パクラ監督作品に好きなものが結構あるということも、比較的最近気が付いたこと。


SOPHIE'S CHOICE1cinemachouchou
ネイサン、ソフィー、スティンゴ★
スポンサーサイト


  1. 2007/11/19(月) 04:52:44|
  2. 戦争・ホロコースト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<銀幕の少年少女たち 最近の更新まとめ♪ | ホーム | 制服の処女>>

コメント

公開宣伝の告知をありがとうございます。

アディクトさま。

公開・応援ブログの告知を私どものブログにお越しくださいましてありがとうございます。

  1. 2007/11/28(水) 07:57:19 |
  2. URL |
  3. chouchou #-
  4. [ 編集]

優劣感

こんにちは。突然の訪問失礼致します。12月22日、渋谷Q-AXにて映画『アディクトの優劣感』が公開されます。公開に先駆けて応援ブログを立ち上げましたので、お暇な時にでも遊びにいらして下さい。
  1. 2007/11/21(水) 18:20:19 |
  2. URL |
  3. アディクト #WCSj23LI
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/270-2984342f
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。