★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ブリキの太鼓

3c8db2b481e404db814a17d4356b8295.jpg

ブリキの太鼓/DIE BLECHTROMMEL 1979年 西ドイツ/フランス合作
 
監督:フォルカー・シュレンドルフ 
製作:フランク・ザイツ、アナトール・ドーマン 
原作:ギュンター・グラス 
脚本:ジャン=クロード・カリエール、フォルカー・シュレンドルフ 
撮影:イゴール・ルター 
音楽:モーリス・ジャール 
 
出演:ダーヴィット・ベネント、マリオ・アドルフ、アンゲラ・ヴィンクラー、カタリナ・タルバッハ、ハインツ・ベネント、ダニエル・オルブリフスキー、シャルル・アズナヴール

ギュンター・グラスの原作を映画化したもの。おそらく最も有名なニュー・ジャーマン・シネマではないだろうか。各国で多数の賞に輝いている。正直なところ、初めて観た時は気持ち悪かった。でも幾つかのシーンが焼きついていた。それらは私の好きな色彩、映像美だと今だと言える。1924年、3歳で大人になる事を止めたオスカル(ダーヴィット・ベネント)、彼の奇異な周りの大人たち、当時のナチス台頭のポーランドの緊張。そんな中1cmたりとも成長せず、嫌な事があると太鼓を叩きながら奇声を発しガラスを割るという超能力を身につけたオスカル。女中としてやって来た義母マリア(カタリーナ・タールバッハ)との関係、この16歳の少女(実はオスカルと同い年)は父親の子を産む...異常な倒錯した世界を描きながらも美しい。特にマリアとの関係のシーンのエロティシズムには息を呑む。サーカス団の小人達との行進、ユダヤ人のおもちゃ屋マルクス役でシャルル・アズナヴールが出てくるところも好き。でも美しいけれどグロテスク。そこがこの映画の魅力であり、ギュンター・グラスの世界なのかもしれない。モーリス・ジャールの音楽も素晴らしいと思う。

★1979年度アカデミー賞:外国語映画賞受賞
★1979年度カンヌ国際映画祭:パルム・ドール受賞(フォルカー・シュレンドルフ)


スポンサーサイト


  1. 2006/06/18(日) 22:46:22|
  2. 文芸・文学作品|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<白い家の少女 | ホーム | 歌え!ジャニス★ジョプリンのように ~ジャニス & ジョン~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/27-c6485422
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。