★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

IF もしも・・・・

ifcinemachouchou

ifもしも・・・・/IF....
1968年・イギリス映画
監督:リンゼイ・アンダーソン 製作・脚本:デヴィッド・シャーウィン 撮影:ミロスラフ・オンドリチェク 出演:マルコム・マクダウェル、デヴィッド・ウッド、アーサー・ロウ、リチャード・ワーウィック、ルパート・ウェブスター、クリスティ・ヌーマン、モナ・ウォッシュボーン、ロビン・アスクウィズ、ショーン・バリー、アンソニー・ニコルズ

とんでもない映画が1968年に英国で作られていたのだなぁ...と久しぶりに観て、やっぱり”なんだかよく分からないけれど凄い!”というような感じ。マルコム・マクダウェルの映画デビュー作(この以前は舞台とTV俳優のキャリア)で、スタンリー・キューブリックの『時計じかけのオレンジ』以前。存在感があり、独特のオーラを放ちまだ20代。若い勢いのようなものがあの眼光からも感じられるかのよう。全寮制のエリート男子校(寄宿舎)に通う少年達。その厳しい規律や監督生達の威張りぶり...。規律を重んじる者もいれば反逆児も中にはいるもの。その中心人物がミック・トラヴィス(マルコム・マクダウェル)だ。”トラヴィス”はここにもいた(デ・ニーロ演じるトラヴィスも危険だったけれど)。 ミックとジョニーとウォレスの三人は革命を起こそうと企てる。その過程で発覚し鞭打ちの処罰のシーンなど痛々しかった(ミックは最も厳しく罰せられていた)。そんな三人にウォレスを慕う美少年フィリップと珈琲店の女の子までが加わって、開校500年という記念の日。父兄や来賓客も多数訪れるその日に、彼ら5人は屋上から襲撃...校長が止めるように促すけれど額に弾は当り校長は倒れ、その後は砲弾の音、銃の音が暫く鳴り響き次々と倒れてゆく人々...この後もなく終える。

カンヌ映画祭でパルムドールを受賞した作品ながら、未だにDVD化されていない。けれど、今だからこそ問題ありという気もする。好きな映画とは言えないけれど、何年か後に再見してしまう。私の気になるのは男子校の様子(制服姿も美しい!)や美少年フィリップだったりする。この後も、リンゼイ・アンダーソン監督はマルコム・マクダウェルを起用して作品を作っている。超個性派の男優さまなので特異なキャラクターに抜擢!が多い。『タイム・アフター・タイム』や『さすらいの航海』のような役柄のマルコム・マクダウェルもとても好きだけれど♪

if1cinemachouchou
スポンサーサイト


  1. 2007/11/09(金) 05:55:37|
  2. 青春映画・学園・寄宿学校もの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<フレンズ ポールとミシェル | ホーム | 『LOVE FIFTEEN:ラブ・フィフティーン』 (歌:ジェーン・バーキン 曲:セルジュ・ゲンスブール) >>

コメント

ドロンのビストロ・スマップ観ました♪

りりあ様。

こんばんは。コメントありがとうございます!お友達が送ってくださったので、やっと今朝(早朝に)観ることができました~!とっても素敵でしたし、面白くてゲラゲラ笑ってしまいました(笑)。

ニコとのことは謎のままですが、アリ君がいることは間違いの無いことです...。りりあ様もニコのライヴに行かれたのですね。色々とタイミングがありますので、後に気づくことって私もしょっちゅうです。

古い懐かしい映画はどうしても再見したくなるので、私も毎日こちらを更新できないのですが、好きな映画はいっぱい!あるのでマイペースに更新してゆきたいと思っています。

いつもありがとうございます♪
  1. 2007/11/13(火) 00:14:23 |
  2. URL |
  3. chouchou #-
  4. [ 編集]

こんばんは^^
アランドロンさんのことコメントしようと思って
ずいぶん遅くなってしまいました。
ごめんなさい!
渋かったよ(*^-^*)
でも、思ったより短かった?時間。
まあ、しかたないよね^^あのアランドロン様ですものね。
で、chouchouさんのブログで初めて知ったのですが
ニコさんとの間に子供がいたなんて!
ていうか、ニコとそんな関係だったんですね。
ニコは私の当時付き合っていたボーイフレンドが好きで
ベルベットアンダーグランド?とのコンサートに
連れて行かれたことがあります。
当時は、音楽聴かされてました(^-^)
ハスキーなお声の方ですよね。
ベルベット・・・さん達も
独特の雰囲気として、今も時々思い出すのです。
今から思うと、何にも知らなすぎる私でした^^
もっとちゃんと深く味わえばよかったなぁ。なんて。
chouchouさんのピックアップされる映画
どれも素敵&懐かしくて、観たいんですが、時間がなかなか取れなくて・・・。
やりくりがへたなのかもしれませんが
ひとつひとつをじっくり堪能したいのです。
長くなってごめんなさい(^-^)
  1. 2007/11/11(日) 01:37:06 |
  2. URL |
  3. りりあ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/268-3b6b737e
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。