★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ニコ・イコン

ニコ・イコン ニコ・イコン:NICO ICON
 1995年・ドイツ映画 
監督:スザンネ・オフテリンガー  出演:ニコ、 エディット・ブローニュ、アリ・ブローニュ 、ジョン・ケイル、ティナ・オーモン、ジャクソン・ブラウン、ニコ・パパタキス、アラン・ワイズ、ポール・モリセイ、ビリー・ネーム、ヴィヴァ

もうすぐ、アラン・ドロンが出演された番組の放送日。26日に下の記事を綴った後から私の心がざわめき始めた。番組を観てからにしよう...などと思ったりしていたのだけれど、取り合えず今の気分を少しばかり。私が好きなものは繋がり過ぎていて時に、このように複雑な心境になることがある。番組の日程を調べたニュース記事の中に以下のような文章を読み連鎖される個人的な感情。

「調理中のトークでは「私は女性のおかげでこの世界に入れました」などと、往年の二枚目スターらしく女性の話題を連発。若さの秘訣について木村拓哉(34)から聞かれると、「若くいるには女性と付き合うこと」と返し、木村が「はい!」と即答する一幕もあった。」(IZAニュースより)

それまで、ウキウキしていた私はだんだん滅入ってしまって泣いてばかりいた日があった。今は随分と頭の中も気持ちも落ち着いて来てはいるものの、まだ...。アラン・ドロンは私が最初に好きになった外国のアーティスト、それも家族との想い出が付随している。それは小学生の中学年頃からのこと。それから年月を経て音楽が大好きになってしまった。ジョン・レノン、デヴィッド・ボウイというとんでもないアーティストを知ったことから始まる。そして、その早い時期にマリアンヌ・フェイスフルニコを好きになり、これらのアーティスト達は今でも大好きでたまらない。ジョンとニコはもういないけれど。アラン・ドロンも好きでニコも好きな私はどうすればよいのだろう(どうもしなくてよいのだけれど)...。ざわめく心は映画『ニコ・イコン』を再見する衝動へと向かわせた(向かったのだろう)。”もう一度、よく観て!”と誰かに呼ばれたかのように(私の心の中のもう一人の私なのだろうか...こういう偶然的なことは理屈では言えない)。

このドキュメンタリー映画はニコの死後に製作され、日本では1997年に公開された。小さめのその映画チラシ(どこかにファイルしてあるけれどまだ探していない)を頂いた時から楽しみにしていた。そのチラシの中に、町田康(町蔵)のコメントが載っていた。「アラン・ドロンはブタだ!」と。この言葉はショックだったけれど、直ぐに連想されることにより観る前から複雑な面持ちで鑑賞した映画となった。

アラン・ドロンの大ファンのお方は男性も女性も多い(私もだ)。ニコもロミー・シュナイダーも優劣などつけられない位に大好きな私はちょっと違うのかも..。アラン・ドロンのヒストリーの中で多くのアラン・ドロン・ファンのお方達は一行程の記録のようにニコの名が掲載されるのがほとんど(また、ニコが大好きお方達はドロンを毛嫌いされる方も多い)。でも、私はとてもとても大きな意味を持つ。ドロンの映画に嫌いな作品は一つも無いのは正直な気持ち。そして、アラン・ドロンの非情さ(これはある種の美学でもあるのかもしれないし魅力だとも思う)が作品の中で冷ややかにリアルに伝わるあの空気に通じるものなのだろうか...などと考える。アラン・ドロンのこの喜ばしき出演記事から繋がり絡まる頭の中を整理し、自分の日記としても連想されることなどを綴っているようだ。『あの胸にもういちど』で共演したマリアンヌ・フェイスフルは、同じ時代を生きたニコに何かしらの親近感を持って過ごしてきたけれど共演することはなかった。でも、「Song for NICO」というニコに捧げた曲を歌われた。その楽曲が素晴らしいだけでなく、私の好きな人達のこれらの宿命的な出会いなどを想い沁み入る曲でもある。その歌詞の中に以下のようなものがあり、その歌詞から私はまた複雑な納得のいかない心境へと導かれ、今も変わりはしない。

And now she doesn't know
What it is she wants
And where she wants to go
And will Delon be still a cunt.
Yes, she's in the shit, though she is innocent.

アラン・ドロンは未だにニコとの間の息子アリを認知してはいない。それはそれ...。非情さという点で、ドロンは実の自分の母親(エディット・ブローニュ)に”赤ん坊(アリ)を選ぶか俺を選ぶか”と究極の選択を問う。そして、ドロンの母は、ドロンはもう立派に自分で生きていけるけれど、この小さな赤ん坊はひとりでは生きてゆけない。ニコは聡明で美しい娘だけれど、あのこに子供は育てられないと、孫アリ君を育てることを選んだ。よって、それ以来、ドロンと母との関係も絶縁された。そこまで封印したい理由はドロンにしか分からないこと。ニコは結婚したがっていたけれど極度のジャンキーなボヘミアンなお方(最期はコカインを買い求めて死んだという言及もあるけれど、この映画の最後に成長したアリ(アリ・ブローニュ)が登場しコメントがある。ニコの最期の僅かな期間だけはドラッグを絶った生活だったと。私も本でそのように読み、1986年と1988年の2回の来日公演でのニコの違いは美しい想い出でもあるので、最期までハッシシを買い求めて...という説は信用してはいないのです)。

※他にも色々繋がり過ぎるので、BRIGITTE内のコンテンツのあちこちで追記予定です。全て私の想いですので、間違ってることや何かご意見がございましたらお気軽にコメントなどください。よろしくお願いいたします♪

スポンサーサイト


  1. 2007/10/04(木) 11:36:59|
  2. ドキュメンタリー|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5
<<マリアンヌ・フェイスフル:MARIANNE FAITHFULL 『Love in a mist』 1967年 | ホーム | 大ニュース☆『アラン・ドロンが「SMAP×SMAP」(ビストロSMAP)にご出演!』10/8放送です!!>>

コメント

SMASMA 10/8 もうすぐですね♪

>ミレミルさま。
コメントありがとうございます~!
はい、あの曲です♪

>chouchouさんのいろんな入り混じったないまぜになった思いが伝わってくるのでした。

とても嬉しいです...どうしようもない性分ですね、我ながら厄介です(笑)。HDDというものに今は録画しているのですが、どうもそこからディスクに移す方法がよく分からないでいます...ミレミルさまに送りたいものがあるのですが入ったままで。解決したら送りますね。相変わらずの機械音痴です。いつもありがとうございます☆

>チェイサーさま。
こんばんは。ブックマークに加えて頂きまして恐縮です。ありがとうございます!貴重な情報に溢れていますので勉強になります。未見の作品のことなども。トラックバック、出来ないのですね...ブログの相性ってあるのですね(無知なものですみません!)。私もこちらのリンクに登録させて頂きました。

もうすぐ放送日ですね!
2時間半のスペシャル版とのこと、久しぶりに観る番組でもありますし、楽しみです♪

これからも、どうぞ宜しくお願い致します!
  1. 2007/10/06(土) 03:32:58 |
  2. URL |
  3. chouchou #-
  4. [ 編集]

chouchou様こんばんは。
覚えていて下さって嬉しく思います。
私はこの記事の内容について不謹慎な発言だとは
全く思っていませんのでどうぞご安心?下さい。

ところで数回トラバを打ちましたが
どういうわけか反映されません(笑)
相性の問題ではなかろうかと思いますが、あきらめます。
こちらのブログにchouchou様のブログをブックマークに登録いたします。
よろしくお願いします。
  1. 2007/10/05(金) 23:09:39 |
  2. URL |
  3. チェイサー #HrWhaFZw
  4. [ 編集]

あの曲だね

マリアンヌフェイスフルのあの曲は
brigitteの会報で教えていただいたのですが
ニコへの愛情が
空気感としてものすごく良く表現されていて
その辺の経緯を全く知らないワタシにも
理解出来る。
chouchouさんのいろんな入り混じった
ないまぜになった思いが
伝わってくるのでした。
来週のSMASMAは録画するよん(3倍だけど
  1. 2007/10/05(金) 17:47:53 |
  2. URL |
  3. ミレミル #6yazfA1.
  4. [ 編集]

チェイサー様、ありがとうございます♪

チェイサーさま、こんばんは。
コメントありがとうございます!
覚えておりますとも~素敵なアラン・ドロンのファン・サイトですもの☆

こうして、会話が成り立つことに感謝しています。感情的な不謹慎な発言だと想われないかと危惧したりもしておりました(笑)。私はアラン・ドロンが好きでなければ、こんなに気にしなくてもよいこと、歴史の中のお若い日の出来事と。

チェイサーさまがこうして、ご理解と興味を示してくださったこと、こういう繋がりが好きです!ありがとうございます!!チェイサーさまのサイト、こちらにもトラックバックしてくださいますか?私は方法がよく分からないもので。差し支えなければ、リンクさせて頂きたいと思います。勉強になりますので~☆

こちらこそ、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします♪v-254
  1. 2007/10/04(木) 20:19:22 |
  2. URL |
  3. chouchou #-
  4. [ 編集]

お久しぶりです。

chouchou様、
覚えていらっしゃるかどうかわかりませんが、
前のブログでコメントさせていただいたことのあるチェイサーです。
ご無沙汰しております。

今回のニコに関する記事、大変興味深く拝読いたしました。
私は基本的にアラン・ドロンさんの過去の明の部分も暗の部分も
全てが彼の現在の人間形成に蓄積されてきていることを理解しています。
ドロンさんに限らず人は誰だって叩けば埃は必ずあるものですから。
アリやニコに関するエピソードについては私はよく知りません。
こちらの記事で勉強したいと思います。
またよろしくお願い申し上げます。
  1. 2007/10/04(木) 19:47:24 |
  2. URL |
  3. チェイサー #HrWhaFZw
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/253-ce5c214d
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。