★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『少女ムシェット』 ロベール・ブレッソン語録

2005-04-12.jpg

『少女ムシェット』は、人が故意に眼をそむけようとしている残酷さと悲惨さを暴露しています。

残酷さはいたるところにあります。戦争、拷問、強制収容所、老人を殺害する若い男女などに見られます。オスカー・ワイルドは、「普通の残酷さは単純に愚かさから生じています。それはイマジネーションが完全に欠乏しているからです。」というような意味の事を述べています。確かにイマジネーションの欠乏が残酷さにつながります。第二次世界大戦が勃発した頃、私は軍の宿営地で1人の兵士が家兎の皮を剥いでいるいるのを見て、ギクッとさせられたことがありました。

インタビュー記事「監督ブレッソンは語る」より
聞き手:ジョルジュ・サドゥール


「少女ムシェット」:MOUCHETTE
1967年 フランス映画 ロベール・ブレッソン監督
出演:ナディーヌ・ノルティエ、ジャン・クロード・ギルベール、マリア・カルディナール
スポンサーサイト


  1. 2005/04/12(火) 08:33:14|
  2. 映画人語録・好きな台詞|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<フリック・ストーリー | ホーム | ジョディ・フォスターのライオン物語>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/247-a45b5eb4
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。