★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『羊たちの沈黙』について語るアンソニー・ホプキンス

2005-04-15.jpg

「おのれの精神という下水に住んでいる男を思った。地下にうごめく生き物といったものを感じとりたいと思った。暗闇に潜む、高い教養を身につけた地下生物だ。」

「カメラに向かって立つ前に、ひじょうに強いイメージをもっていなければならない。レクターの場合は、まず最初に声を決めた。あとは簡単だった。脚本を読んでいると、頭の中で二つの声が混じり合って聞こえた。それを使わせてもらった。」

アンソニー・ホプキンス「スクリーン・デビュー」より


★その声というのは、故トルーマン・カポーティと、映画デビュー作(1968年の「冬のライオン」)で共演した母親役のキャサリン・ヘプバーン。

(追記)
★ジョディ・フォスターはこの映画の撮影中、毎日ずっと怖かったとインタビューで語っていた。


「羊たちの沈黙」:THE SILENCE OF THE LAMBS
1990年 アメリカ映画 ジョナサン・デミ監督
出演:ジョディ・フォスター、アンソニー・ホプキンス、スコット・グレン、テッド・レヴィン
スポンサーサイト


  1. 2005/04/15(金) 08:25:54|
  2. 映画人語録・好きな台詞|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<『善悪の彼岸』 ニーチェとルー・サロメ | ホーム | 山猫>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/245-21631026
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。