★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『ザ・ガーデン』 デレク・ジャーマン語録

2005-04-18.jpg

「この逸話にはとても心が惹かれたのです。蝶とは霊魂の化身、ロゴス(言葉)に対するプシケ(精神、魂)のようなものですから。夢とはいつも詩人の彷徨うひとつの場所、風景です。人はよく既視感を口にするけれど、僕も映画を撮りながらそれを感じる時があり、また僕の作品を見た観客から「映画をみながらデジャビュを体験しました」とよく言われる。興味深いことです。」

★東洋の哲学者の蝶になる夢の逸話として。

「自分は果たして人なのか、蝶なのか?蝶の自分が人になった夢を見ていると、なぜ言えないことがあるだろうか」と。

デレク・ジャーマン「1990年公開時ブックレット」より
聞き手:北折智子(ロンドンにて)


「ザ・ガーデン」:THE GARDEN
1990年 イギリス/日本/西ドイツ合作映画 デレク・ジャーマン監督
出演:デレク・ジャーマン、ティルダ・スウィントン、サイモン・ターナー
スポンサーサイト


  1. 2005/04/18(月) 08:21:15|
  2. 映画人語録・好きな台詞|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<異国の出来事 | ホーム | 『善悪の彼岸』 ニーチェとルー・サロメ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/243-3376612e
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。