★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

フランソワ・ド・ルーベ

9fed2bcdd9b8e2ae3cec9359fec4a930.jpg

フランソワ・ド・ルーベ:Francois de Roubaix
生年月日:1939年4月4日 フランス・パリ生まれ 
没年:1975年11月22日

映画音楽というとフランス映画に好きな曲が多い。中でも一等好きなのがフランソワ・ド・ルーベ。海を愛し潜水中に亡くなってしまった。テレビ映画や短編映画などを含むと120以上の作品を手掛けていたそうだ。まだまだ名曲を残したに違いないお方なので、とても惜しい。でも、残された楽曲たちは映像と共に永遠。最初に好きになったのは『冒険者たち』。ド・ルーベというと、ロベール・アンリコジョゼ・ジョヴァンニ、リノ・ヴァンチュラ、アラン・ドロン、ジョアンナ・シムカス、ロミー・シュナイダー...と私の好きな人達が次々と連想される。色んな名曲があるけれど、まだ知らない曲もあるけれど、あまり音楽家!っていう感じがしない。自然に奏でる哀愁を帯びた曲、ちょっと風変わりな曲...さり気なくていい。口笛が印象的な『冒険者たち』のテーマ曲「愛しのレティシア」。アラン・ドロンの歌声も聴けるので急に聴きたくなってはレコードに針を下ろし、青い海と空、そして男のロマンや友情を想いちょっと切なくいい気分になる。

◆代表作◆
追想(1975)
ラ・スクムーン(1972)
ラムの大通り(1971)
パリの気まぐれ(1970)
ジェフ(1969)
オー!(1968)
さらば友よ(1968)
若草の萌えるころ(1968)
悪魔のようなあなた(1967)
サムライ(1967)
ベラクルスの男(1967)
冒険者たち(1967)
生き残った者の掟(1966)


スポンサーサイト


  1. 2006/05/31(水) 22:28:59|
  2. 映画と音楽:好きなテーマ曲・サントラ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<シャーロット・ランプリング:CHARLOTTE RAMPLING | ホーム | ヴェニスの商人>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/24-7aafdadc
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。