★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『さよなら子供たち』について語るルイ・マル

2005-06-05.jpg

「私はこの朝の出来事を死ぬまで忘れない。」

「私のキャリアの中で最も重要な作品。」 by ルイ・マル

★ルイ・マル自身の12歳の時の体験を描いた自伝的要素の強い作品。名作だらけだけれど、この「さよなら子供たち」は後期の代表作・名作と言えるだろう。

「さよなら子供たち」:AU REVOIR LES ENFANTS
1987年 フランス/西ドイツ合作映画 ルイ・マル監督
出演:ガスパール・マネス、ラファエル・フェジト、フランシーヌ・ラセット、イレーヌ・ジャコブ、フランソワ・ベルレアン
スポンサーサイト


  1. 2005/06/05(日) 07:59:42|
  2. 映画人語録・好きな台詞|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<『突然炎のごとく』の撮影秘話を語るジャンヌ・モロー | ホーム | 『永遠のマリア・カラス』 フランコ・ゼフィレッリ監督 (2002年)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/235-8d917203
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。