★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『デカダンス』 ルキノ・ヴィスコンティ語録

2005-06-07.jpg

「デカダンス、もはや決まり文句になってしまった言葉だ。不健全なことを言う意味に使っている。しかし、本当のデカダンスとは、芸術を理解するひとつの方法なのだ。」 by ルキノ・ヴィスコンティ

★一等大好きな監督さまであるヴィスコンティがデカダンスを語るのだ。これ程、簡潔で説得力のある言葉はないように思う。頽廃美にくらくらする世界。ここでは、ヘルムート・バーガーの一世一代の壮絶なる名演が堪能出来る「ルードウィヒ/神々の黄昏」を。嗚呼!美しすぎる。

「ルードウィヒ」:LUDWIG
1972年 イタリア/西ドイツ/フランス合作映画 ルキノ・ヴィスコンティ監督
出演:ヘルムート・バーガー、ロミー・シュナイダー、シルヴァーナ・マンガーノ、トレヴァー・ハワード、ソニア・ペトローヴァ、ジョン・モルダー=ブラウン
スポンサーサイト


  1. 2005/06/07(火) 07:50:55|
  2. ルキノ・ヴィスコンティ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
<<『夜と霧』のジャン・ケロールのナレーション | ホーム | 『突然炎のごとく』の撮影秘話を語るジャンヌ・モロー >>

コメント

はじめまして。

太巻きさま、はじめまして。

コメントを頂きありがとうございます。
はい「若者のすべて」も大好きな作品です。
この記事は、ヴィスコンティのお言葉を記録しておきたいので書きましたものです。公開された作品はリバイバル上映等ですが拝見しております。
他の作品のことも...と想っているのですがブロガーではございませんので、ゆっくり更新しています。どうぞ、今後ともよろしくお願い致します。
  1. 2008/11/04(火) 20:20:06 |
  2. URL |
  3. chouchou #z8Ev11P6
  4. [ 編集]

若者の

ビィスコンテイーは 60年代の 若者のすべて でしょう、主人公がロッコで 若いドロンの演技ってもんじゃー

ないけど 地かなーー、生活臭が出ててドキュメンタリーですねー。

同じ時期に 刑事(ピエトロジェルミの)もその様な作品で 庶民の生活を画面にぶつける 問題作でした。
  1. 2008/11/02(日) 10:04:44 |
  2. URL |
  3. 太巻きさん #xD86DgVQ
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/233-3643494f
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。