★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

奇跡の人

2005-01-13.jpg

奇跡の人:THE MIRACLE WORKER
1962年 アメリカ映画 アーサー・ペン監督

出演:アン・バンクロフトパティ・デューク、ビクター・ジョリー、インガ・スウェンソン

ヘレン・ケラーの伝記を読んだのは小学生の頃。そして、この映画を初めて観たのはTVで高校生の頃だったと思う。初めてこの伝記を読んだとき、可哀想で泣いてしまった。そして、初めてこの映画を観た時はあまり気持ちよくなかった...。

あれから随分久しぶりに見終わった後、じんわりと涙が溢れてくるのだった。思えば、このヘレン・ケラー役のパティ・デュークは当時16歳くらいで6歳の少女を演じていたのだなぁ。もう少し幼い少女に見える。とにかく、凄い迫真の演技で圧倒される。アニー・サリヴァン役のアン・バンクロフトも然り!共に、アカデミー賞の主演・助演女優賞に輝いたのも納得。時に、観ているこちらまで痛い思いがする。ある種のヒステリックさが怖く不快な場面もある。きっと、10代の頃の私はその辺りの描写を直視出来ずにいたのかもしれない。そんな風に懐かしく苦笑いする思いがした。

「ナタリーの朝」の少女ナタリー、「アグネス」のルース院長も印象強く残っている。1979年の「奇跡の人」ではパティ・デュークがサリヴァン先生に扮しているそうだ。こちらは未見なので是非、観てみたいと思う。

人間の魂を信じ、最後まで諦めずに三重苦の少女と共に闘ったアニー・サリヴァンの孤高の精神にとても勇気づけられる。光に弱い瞳は不可解な心の光を見る作業を諦めなかったのだ。

スポンサーサイト


  1. 2005/01/13(木) 15:06:08|
  2. 伝記・実在の人物を描いたドラマ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ピンクの豹 | ホーム | BRIGITTE FONTAINE/ COMME A LA RADIO(ラジオのように)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/223-30f6ccc5
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。