★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ピンクの豹

2005-01-14.jpg

ピンクの豹:THE PINK PANTHER
1963年 アメリカ映画 ブレイク・エドワーズ監督

出演:デヴィッド・ニーヴンピーター・セラーズクラウディア・カルディナーレキャプシーヌ

アニメでも有名な、そしてあのヘンリー・マンシーニによるテーマ曲はあまりにも耳に馴染んでいるもの。その「ピンク・パンサー」シリーズの第一弾となるこの「ピンクの豹」を観た。最近、年を重ねたせいか、このように再度観たくなる映画がとても多い。でも、あまり偏見を持たずに新しい作品もハリウッド作品も機会があれば観ている。嘗てはフランスやイタリア等のヨーロッパ映画をかなり依怙贔屓して選んでいたけれど、今はとても広い範囲の作品を楽しめるようになって幸せに思う、今日この頃。

さて、この「ピンクの豹」は実に粋でエレガントなコメディ映画だと思う。怪盗ファントムはいったい誰なのか?...デヴィッド・ニーヴンなのだけれど、最後ではクルーゾー警部がファントムにされてしまうのだ。そして、そのクルーゾー警部はかのピーター・セラーズだけれど、彼のちょっとした仕草や動作がとても繊細で計算されているのかされていないのか?とてもさり気なく巧い!とクスクス笑ってしまうのだった。

私は女優さまに好きなお方が大変多く、このクルーゾーの奥様にしてファントムの愛人という華麗なる悪い女性を演じるのはキャプシーヌ。実に美しい!そして、デヴィッド・ニーヴンの優雅さも。そんな二人がピンチの場面でドタバタする辺りはその華麗さとのギャップであまりにもキュートに思えた。そして、王女役にはクラウディア・カルディナーレ!あの野性的な瞳をくっきりと縁取るアイメイク。でも、まだ若々しくて可愛い王女様だった。こうして観ると、凄い豪華な顔ぶれだと再認識させられる。

ファントムを一目見ようと花束を抱えて押し掛ける女性ファン達。怪盗ファントムは女性に大人気!そんなファントムにされてしまったクルーゾーだけれど、連行される車中では次第にすっかりファントムと言われる事に鼻高々になっていた...可笑しい。こんな調子でクスクス笑える場面がいっぱい。華麗なコメディ映画を愉しんだ。

スポンサーサイト


  1. 2005/01/14(金) 15:00:59|
  2. コメディ・ロマンティックコメディ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<グラン・プリ | ホーム | 奇跡の人>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/222-b9441b31
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。