★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『三島由紀夫映画批評1』「地獄に堕ちた勇者ども」についての賛辞

649.jpg

「この荘重にして暗鬱、耽美的にして醜怪、形容を絶するような高度の映画作品を見たあとでは、大ていの映画は歯ごたえのないものになってしまうにちがいない。」by 三島由紀夫

★この批評、賛美に大きく頷くしかないのです!決して煌びやかな美しさだけが「美」ではない。とおそらく最初に教えて下さったのはヴィスコンティの映像。煌びやかでありその中には陰鬱で儚い光を見たような。そんな感動を得る事が出来て本当に幸せに思う。

「地獄に堕ちた勇者ども」:LA CADUTA DEGLI DEI
1969年 イタリア/西ドイツ/スイス合作映画 ルキノ・ヴィスコンティ監督
出演:ダーク・ボガード、イングリッド・チューリン、ヘルムート・バーガー、ウンベルト・オルシーニ、シャーロット・ランプリング、ルネ・コルデホフ、ヘルムート・グリーム、ルノー・ヴェルレー


スポンサーサイト


  1. 2006/03/12(日) 19:02:00|
  2. 映画人語録・好きな台詞|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<隠された記憶 | ホーム | メルシィ!人生>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/20-eb0fff05
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。