★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

エム・バタフライ

20070115033335.jpg
エム・バタフライ:M. BUTTERFLY
監督:デヴィッド・クローネンバーグ出演:ジェレミー・アイアンズ、ジョン・ローン、バーバラ・スコヴァ、アイアン・リチャードソン(1993年・アメリカ映画)

この作品は公開当時から何度観ているだろうか。監督はカナダの奇才!デヴィッド・クローネンバーグで、主演はジェレミー・アイアンズ。このコンビは80年代には『戦慄の絆』でも名コンビぶりを発揮していた。オスカー受賞後もアイアンズは色んな役柄に挑戦し続けている。しかし、このような崩れゆく悲哀、憑かれた知的な役柄をさせると右に出る者はいない!と評される英国を代表する演技派。ジョン・ローンの女装という事でも当時話題になった。ジョン・ローンの女装は個人的には好みではないけれど、長身のアイアンズと小柄なジョン・ローンの共演は興味があった。しかし、この作品はクローネンバーグの世界炸裂!演出の突出した秀逸さ、そして、アイアンズの演技の素晴らしさ!に尽きるように思う。実在のお話を基に、デヴィッド・ヘンリー・ホァングの原作をクローネンバーグが脚色したもの。舞台劇として先に上演され映画化の運びとなった。フランス大使館の外交官ルネ・ガリマールが中国人女優のソン・リリンに惹かれて行く。プッチーニの『蝶々夫人』。ガリマールには美しい妻がいるが、ソンを一度も男性とは疑わずに女性として魅せられて恋に堕ちる。ソンは当局の任務を受けたスパイ。ガリマールは奥ゆかしい東洋人女性を純粋に愛し続けた。後半からの展開、さらに裁判にかけられ受刑者となるガリマール。「私はルネ・ガリマール、またの名をマダム・バタフライ。」蝶々夫人はソンではなくガリマールであったという、大きな錯誤、逆転する世界。もうクローネンバーグ&アイアンズならではの美学に花散る。「私は、男が作り出した女を愛した男だ。私はそのまま想像の世界にとどまる。私は想像力そのものなのだ。」とガリマールは顔に粉化粧をし紅を塗り、蝶々夫人を演じながらガラスの破片で首の静脈を切り自決する。現実と幻想を飛び越えた狂気の最期。壮絶さと醜悪さの混在する死に至る美しき男の美学!なんたる愛のロマンか!!

20070101180957.jpg



追記
唯一、ジョン・ローンの女装にはハテナ?。そして、何故男性と分からずに性的関係を結べるのだろうか?と。そこは西洋人男性から見た東洋人女性の大きな錯誤によるものなのだろうか。そんな事はどうでもよくなる程に、アイアンズの存在と繊細な演技力、クローネンバーグの手腕が映像をグイグイと美しく破滅に向かわせる。80年代、90年代にこのコンビで名作を作り上げた。どちらのファンでもある私はまたもう一度、美中年(美老年)のアイアンズのクローネンバーグ作品を観たいと熱望している。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/01(月) 17:51:27|
  2. 恋愛ドラマ・ラヴロマンス|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:14
<<『エム・バタフライ』 デヴィッド・クローネンバーグ監督 (1993年) | ホーム | 司祭>>

コメント

>さてさて様。
おはようございます。
いつもありがとうございます!

凄いですね☆嬉しい貴重な情報にトキメイテイマス(笑)。

>他に共犯関係になれた俳優として、ジャン=ピエール・レオ、アラン・ベイツ、ロバート・デュバル、デヴィッド・ニーヴンと言ってまして錚々たる面子が並んでいて観たくなります。モルダー=ブラウン君の名前が出てないのは残念ですが...。まあ、若かったし...。

これまた、好きな男優様たちのお名前が並んでおります!モルダー=ブラウン君は、はい、若かったので(笑)。

「華麗なる貴族」の親友はアンソニー・アンドリュースですよね♪このお方も好きです(英国の香りが隠せないお方ですよね)。

さて様、ケーブルで放送していたもので、また「仮面の男」観ておりました。四銃士、渋すぎ☆カッコよすぎですね!v-254
  1. 2007/09/25(火) 08:36:01 |
  2. URL |
  3. chouchou #-
  4. [ 編集]

ジェレミーさん(続き)

昨日フィルムセンターで久しぶりにJ=P・レオ主演の『出発』を初公開(1999年)以来観直しまして、帰宅後当時のパンフをチェックしていたら、スコリモフスキー監督のインタヴューの中にジェレミーさんの発言を発見しました。

1982年にジェレミーさんが同監督の『Moonlghting/不法労働』に出た際のことでしょう、青山真治に共犯関係になれた俳優について尋ねられて「ジェレミー・アイアンズは「自分にとって俳優として最もいい仕事ができたのはあなたとの仕事だ」と言ってくれたんだ」と監督自身が嬉しそうにコメントしております。
(他に共犯関係になれた俳優として、ジャン=ピエール・レオ、アラン・ベイツ、ロバート・デュバル、デヴィッド・ニーヴンと言ってまして錚々たる面子が並んでいて観たくなります。モルダー=ブラウン君の名前が出てないのは残念ですが...。まあ、若かったし...。)

この頃のジェレミーさんは端正なイメージが強いながらも、どの作品でも憂愁と言いますか、独特の翳りや、時にはやつれた表情(これが魅力的なんですよね!)を見せてくれていて、後の性格俳優への萌芽が窺えるように思います。

『華麗なる貴族』も美貌という点では、親友(名前失念!演じた役者さんは後に『新コロンボ』で犯人役演じてましたね。)との2ショットも多く、前半が観ているだけでウルウルしてしまいますが(笑)演技的には後半の年を重ねて(ヒゲも伸ばして)、色々なことに縛られて苦悩する演技の方にグッときた覚えがあります。
  1. 2007/09/22(土) 19:57:52 |
  2. URL |
  3. さてさて #-
  4. [ 編集]

ジェレミー・アイアンズという稀なる性格俳優さま☆

>さてさて さま。

おはようございます。
いつもありがとうございます!

そうなのですね...「華麗なる貴族」の頃からアメリカでの評価は始まっていたのですね。ローレンス・オリヴィエさんも病の中、共演されておりますし美しい作品ですものね。

>性格俳優としての出発点はやはり『戦慄の絆』に尽きるのでしょう。

はい!私もそうのように思います。クローネンバーグ監督のセンスと相性もバッチリですよね。また、再見し感想を綴りたい作品です。アイアンズのカテゴリー作ろうかしら~(笑)♪という位、好きな男優さまです。さてさて様もファンでお詳しいのでとっても嬉しいです!!v-22

『ニジンスキー』も早くなんとかDVD化されないものか!!と待っている作品のひとつなのですが...。
  1. 2007/09/22(土) 10:51:20 |
  2. URL |
  3. chouchou #-
  4. [ 編集]

ジェレミーさん

顰蹙長文に過分なお言葉ありがとうございます。
クローネンバーグ好きオタクがグルグルと楽しみで妄想したことなのでお誉めいただくようなモノではございませんです。

きちんと調べたわけではないのですが
ジェレミーさんがアメリカで評価された最初の作品は(映画ではないのですが)どうも、アメリカでも放映されたと思しき『華麗なる貴族』のような気がします。
サントラCDがリリースされているほどにはメジャーなTV作品のようですし...。
この作品に連なるように『スワンの恋』や『フランス軍中尉の女』、『ミッション』等、端正な役柄が続いてますね。
その前の時期ですとTVで日本語版で観たのみですが『ニジンスキー』の白塗りで見るからにホモセクシャルっぽい雰囲気のミハエル・フォーキン役はちょっと笑えてしまいましたが...。

性格俳優としての出発点はやはり『戦慄の絆』に尽きるのでしょう。
『運命の逆転』も劇場に駆けつけてみた作品です。ヌーヴェルヴァーグと深い関わりを持つ監督のハリウッド進出作としても興味深く観たものでした。
アカデミー受賞スピーチを締めくくった『Thank You! David Cronenberg!!』には『戦慄の絆』で劇場に5回通った身としましても(笑)思わず目頭が熱くなったものでした。
  1. 2007/09/20(木) 16:45:20 |
  2. URL |
  3. さてさて #-
  4. [ 編集]

さてさて様の洞察力!!

さてさて さま。

こちらにもコメントをありがとうございます!ご指摘いただいたように考えますと、はい、「戦慄の絆」(名演!!)と二重写しになっています。そうだったのですね!どちらもクローネンバーグ監督なのですし。いつもながら、深い洞察力に驚きます。幅広い知識と捉え方、さて様は何者なのだろう~!って思えます(笑)。

私はもう感覚のみ!で鑑賞するばかりなので、こうして好きな作品やアーティストのお話をさせて頂き、とても勉強になりますし楽しいです♪

アイアンズが「運命の逆転」(素晴らしい!!)でオスカー受賞となりましたが、インタビューで”その前の「戦慄の絆」のお陰だよ。”みたいなお話をされておりました。アメリカでアイアンズ評価された最初の作品は「ミッション」(デ・ニーロとの共演で嬉しかったです!)だったのだろうなぁ...と思うのですが、その後の「戦慄の絆」のハマリ役(かなり技巧的な演技をされる役者さまでないと...という難しい役ですよね!)を得て、この作品は各賞受賞されていますものね。トニー賞関連では、もう常連さまですし、映画と舞台を今も両立されながら、ハリウッド映画とヨーロッパ映画と名演を拝見させていただける貴重な存在の男優さまですね!

また、「エム・バタフライ」観たくなりました☆v-254
  1. 2007/09/20(木) 11:19:15 |
  2. URL |
  3. chouchou #-
  4. [ 編集]

こちらも目に止まりまして(笑)

時期を逸している感もありますが、
やはり書き込みさせていただきたくなりましたのでなるべく短めに(苦笑)。

実は某ミクシのジェレミーさんコミュやその某所の自分の日記にも以前書いたネタと被る部分も多く、その延長で書いてしまうことを予めお許しいただきたいと思います。

『M.バタフライ』映画中のジョン・ローンが、我々観客には女性に見えないのは意図的=当然であると思っております。
この映画のラストでの主人公の姿は、経過があってああなったのでは無くて、実は最初から主人公にとっては、そう見えていたことと直結していたというように考えているからです。

主人公が彼=彼女に見ていた姿は、ラストに自分が見出した姿に行き着いたわけですが、これは、一線を超えてしまった主人公が行き着いた姿というよりも、最初から既に内包していたことが露になったということであり、『戦慄の絆』の主人公2人が分離手術=死、つまり分離不可能である分身的な存在であったように、己の抱くイメージ=マダム・バタフライという実在し得ぬものを無理矢理相手に当て嵌めていた(つまり対象としてはジョン・ローンは存在していながら不在だった。なので、彼=彼女こそ真に悲劇的な存在だとも言えると思います。)ということなのだと自分的に考えてます。主人公はあれはあれで完結していると考えられるわけです。『戦慄の絆』は2人=1人で完結していた所に第3の存在=女性が介入したことによって破綻が生じたわけです。

こうなると『M.バタフライ』が実話が基で戯曲を映画化したという背景を持っていても、実際クローネンバーグの作品として眺めていくと、『戦慄の絆』と同じ主役で姉妹編のような映画だと捉えられますし、『裸のランチ』も主人公と、他の人物が観ている風景が敢えて異なった映像として表されているという演出的な連続性も出て来ると思われるのです(ちょっと説明的なきらいもありますが...。

『シーバース』から『ラビッド』と外部の異物が人間の内面に変化をもたらし、結果、それは身体的外部にも変化/変形を及ぼすという路線が、『ザ・ブルード』~『スキャナーズ』~『ヴィデオドローム』と、内面での視覚的/幻覚的な変化をも伴うという風にヴァリエーションを積み重ね、その幻覚的/視覚的ヴィジョンが現実との葛藤を生み出す『デッドゾーン』を経て、肉体変化~内面変化の究極作としての『ザ・フライ』で一段落し、『戦慄の絆』以降は、外的変化を伴わない内面的な歪みへとシフトして、内面が既にどこかしらズレている人物が外界に影響を及ぼすという路線をとっていると観ると、『M.バタフライ』の延長線上だと個人的に考える『クラッシュ』は、もはや主人公達が観ている外界=世界は既に我々とは異なった世界であり、『裸のランチ』のような説明場面無しに、我々には何気なく見えている世界(車のボディの輝きや事故、身体的損傷)そのものが、登場人物達が欲情する世界と化してしまっており、『スパイダー』もその流れに重なる映画だと考えていたりします。
『イグジステンズ』はこれまでの路線や『ヴィデオドローム』の世界を少し肩の力を抜いて楽しんで撮った作品だと思ってます。

でもって、『ヒストリー・オブ・バイオレンス』は、元々潜んでいるもの=隠れているものが露になるという、これまでの路線を継承しながら次なる一歩を踏み出した作品という気がしてまして、ナオミ・ワッツと続投のヴィゴ・モーテンセンが共演するという新作も待ち遠しい所です。

カー・アクション映画『ファイアーボール』は未見なので外しております。ただ、『ラビッド』の冒頭のバイク場面や『クラッシュ』の車のボディの撮り方から考えるにそちら方面へのフェティッシュ感をかんじさせてくれそうな気がしております。

最後に(まだ書く気かとお思いでしょうが...<苦笑)クローネンバーグが選択する主役達はやはり監督の分身であると思います。『ザ・フライ』の夢の場面で登場する監督自身と『戦慄の絆』での手術着を身に付けたジェレミーさんとのそっくりぶりはファンの間でよく言及されてましたし、ヴィゴ・モンテーセンに関しては似てないと思っていたらレーザー手術でメガネをかけなくなったクローネンバーグとそっくりで大笑いでした。

俳優としてのクローネンバーグはどこまでも優し気な語り口が逆に妖しさ炸裂の『ミディアン』が白眉ですが、その延長線っぽくカメオで出て来る『誘う女』も捨て難く思います。

ちょっとと言いますか(笑)、だいぶ図式化し過ぎた感もありまするが、クローネンバーグ監督は思い入れも深いので結局、じぇんじぇん短くなりませんでした~。
長文お目汚しで失礼いたしました~。
  1. 2007/09/20(木) 02:55:17 |
  2. URL |
  3. さてさて #-
  4. [ 編集]

私もクローネンバーグという名を知らない頃でした。

私はデボラ・ハリーを観たくて映画館に行ったミーハーのりで♪監督さんのお名前もその時は知りませんでした。知らず知らずにクローネンバーグ映画を観ている内に気づいたのです。そんなものですよね~。
  1. 2007/01/09(火) 19:59:59 |
  2. URL |
  3. chouchou #-
  4. [ 編集]

私はビデオで。

私はテレビかビデオでこそこそと観ました。その当時は
クロさんものとは全く意識せず何だか子供心に
「なんかヤバいもの観てるなー、私」とか思いながら。
クリス叔父さんは私大好きな俳優さんで、あんな強面なのに
実はコメディ大好き!っていう違いの解る方なので(笑)、
私は今でも大好きです。最近はご希望通りバカコメディでも
それなりに活躍なさっておられるので嬉しいです。
デボラ・ハリーさんが主演なさってたのは十数年経ってから
知りました。逆に私はジェイムズ・ウッズさんが出てた事を
覚えてないという体たらく…。変わった映画でしたねー。
ドタマスイカ割り映画「スキャナーズ」も変わった映画だったなあ…。
  1. 2007/01/09(火) 16:53:36 |
  2. URL |
  3. mummy #-
  4. [ 編集]

「ビデオドローム」は映画館で観ました。

「ビデオドローム」はデボラ・ハリーが観たくて映画館で観ましたよ。まだ10代だった...懐かしいです。クリストファー・ウォーケンって根強い人気ですよね。でも「ビデオドローム」に出ていたのか覚えていません。やっぱり変わった映画でしたね。ジェイムズ・ウッズがカッコ良かったで~す。
  1. 2007/01/08(月) 22:52:53 |
  2. URL |
  3. chouchou #-
  4. [ 編集]

メガネ萌え

そうなんです、私はメガネがやたら似合わないので
メガネコンプレックスがあるのかもしれません。友人達もほとんど
メガネ着用ですしね。クロさん美中年なうえにメガネっ子だから
ホントにポイント高かったんですけど…。メガネ外したって
美中年ですからそこで貴様耐えろ、って事でしょうか(笑)
クロさん映画は私も「またまた当たりなキャスティングしちゃって~!」
とか何とか毎回思います。クロさん映画って最早信頼のブランド。
初期作品でも「ビデオドローム」でクリストファー・ウォーケンさん
主演させてましたしねー。喜ぶしかないです!!
  1. 2007/01/08(月) 19:16:18 |
  2. URL |
  3. mummy #-
  4. [ 編集]

クローネンバーグは美中年♪

mummyちゃん、メガネ男子お好きなのですものね。でも、クローネンバーグ監督、今もかっこいいのったら!そして、アイアンズ、レイフ・ファインズやジュード・ロウという起用センスも抜群!(個人的に好きなもので)そうです、クローネンバーグ作品には好きな俳優さまが多いのですね。相性が良いのだと思って喜んでおきます~♪
  1. 2007/01/08(月) 15:09:23 |
  2. URL |
  3. chouchou #-
  4. [ 編集]

すみません…。

クローネンバーグって長過ぎるのでついつい…。メガネっ子ってのも
ポイント高いよ~!!とか思って勝手に萌えてたのですが最近のクロさんは
コンタクトレンズに鞍替えしてしまった模様で悲しい限り(バカ)
で、まあ「ベニス~」とは表面的な事しか共通点全く無くて重ねてすみません…。
浅い私です。でも、ガリマールは自殺ってあたりが余計に悲劇性を増すというか
きっついなーと…。観終わったとき呆然…。口あんぐり。やるだろーなこりゃ…とか
思って観てたら当然の如くですもの。ジョン・ローンは人気ありましたね。曖昧ですが日本のCMか何かに出てた彼は素敵でした。最近では
ジャッキー・チェン&クリス・タッカー主演作「ラッシュアワー2」に
マフィアのボス役で出てました。ダラダラDVD観てたらいきなり出て来て
ビックリしましたよ!!でもこの映画だって数年前ですから
今何やってんだか…。ゲイなのでは?というお話もあったと思います。
でもでも、元々ジョン・ローンってイケメンなのは認めるのですが(何様)
そんなに何とも思わないので観どころはアイアンズなんですよねー私も。
それとクロさんって「スパイダー 少年は蜘蛛にキスをする」でレイフ・ファインズを
主役に据えてたし、ちょっと前の「イグジステンズ」でもジュード・ロウを
主演させてたし、英吉利役者次々血祭りに(違)あげてんだからもうそろそろ
再び復活でもいーんでねーの?!と常々、いやつくづくそう思います。
同じ血祭りでもアイアンズ血祭りならそりゃワケ違うだろーよと…。
レイフ・ファインズもジュード・ロウもアイアンズの前では存在感吹っ飛びます。
  1. 2007/01/07(日) 09:31:15 |
  2. URL |
  3. mummy #-
  4. [ 編集]

アイアンズ&クローネンバーグ作品をもういちど!熱望。

クロさんとお呼びされているのですね。(笑)私はクローネンバーグ!ですね。ご本人も時々映画出演されますが、美中年ですよね。かっこいいお方です。「ベニスに死す」とは違う感想ですが、連想されるのは何か分かりますよ。お化粧して死に行く準備をする...という辺りとか。でも、ガリマールは自決なので壮絶な終焉でしたよね!ジョン・ローンは当時人気がありましたものね。彼も同性愛のお方なのかしら?とか感じたりすることがありました。最近、どうされているのでしょうね。嫌いではないですよ。「ラスト・エンペラー」や「モダーンズ」でも良かったですね。でも、アイアンズ!です★
  1. 2007/01/06(土) 13:22:16 |
  2. URL |
  3. chouchou #-
  4. [ 編集]

く、クロさん???

私はこの映画を観た時「クロさん東洋にはもっとイケてる美青年っているのよー」と
どっから見ても男そのものなジョン・ローンの女装に大爆笑してしまったのですが、
お話における破滅的かつヨーロッパの退廃と没落と誤解にまみれて最期を遂げる
アイアンズは凄い!!!!と思いました。本当に彼しかこの役は出来なかったと
思います。もしもソン・リリン役がジョン・ローンではなく故:レスリー・チャンだったら
尚の事面白かったのになぁ…。そこが惜しいと思いました。でも、狂気の果ての
男の肥大化した愛のかたちとしては完璧でした!!!オーバーヒートする自らから
湧き出てくるようなもう制御不可能なまでの愛を貫いたガリマール。
愛に同化して自らを純化、昇華するが為に非業の最期を遂げたガリマール。
果たしてそれは幸せだったのか不幸だったのかは解りません。でも、そこまで激しく
純粋に愛する対象を見つけてしまったガリマールはそれで幸せだったのかも。
幸せの絶頂、それは死以外に無いの?!と思うと極端であるという意味で
クロさんらしい映画だなー、と思いました。大爆笑しちゃってすみませんクロさん…。
つっこみどころは多々あれどこの映画はやっぱり好きですね。それと、この映画を
観て私は無関係かもしれませんが「ベニスに死す」のダーク・ボガードをも
連想してしまいました。愛する思いの結晶は挙句死に転ずるという意味で。
退廃の歴史に裏打ちされたヨーロッパの悲哀、そんなものも感じられて。
勿論アイアンズの演技力でそれはきちんと実証されていますよね。
クロさん&アイアンズコンビは私も期待しまくってます!!
「戦慄の絆」も強烈でしたから。崩れ堕ちるゆえのアイアンズの
美しさをもう一度バッチリ映像化して欲しいものです。
  1. 2007/01/06(土) 03:01:29 |
  2. URL |
  3. mummy #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/2-bcd5fbb4
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。