★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

上流社会

上流社会 特別版上流社会:HIGH SOCIETY

1956年・アメリカ映画 
チャールズ・ウォルターズ監督
出演:グレイス・ケリービング・クロスビーフランク・シナトラ、ルイ・アームストロング、セレステ・ホルム、ジョン・ランド 音楽:コール・ポーター


キャサリン・ヘプバーンの「フィラデルフィア物語」のミュージカル・リメイク。何ともうっとり~な気分に浸れる作品なので大好き!本当に美しいかぎりのグレイス・ケリーの最後の映画出演作とされるもの。

グレイス・ケリーは20代のお若く美しいお姿を僅か5年間に素敵な映画と共に残して下さった。モナコ王妃となられてからもヒッチコックは出演を希望していたという...まだまだ女優グレイス・ケリーとしての作品をスクリーンで観たいと願った人々はどんなに多かっただろう!こんな後追いの私でも思うのだから。

ヒッチコック作品も好きだけれど、この「上流社会」はミュージカルという事もあり、とにかく華麗で優雅。共演陣の顔ぶれ、流れる楽曲たち、全てが鮮やかな色彩と共に古き良きアメリカを感じさせてくれる。私はついついグレイス・ケリーばかりを観ていたけれど、信じられない共演だと驚く。ビング・クロスビーフランク・シナトラ、ルイ・アームストロングが居るし、グレイス・ケリーの歌声も聴けるし、セレステ・ホルムとシナトラの掛け合いの楽しい歌など...もう全編が素敵。コミカルな部分もそれぞれとてもチャーミングだし。映画を観てうっとりと幸せな気分になれるのはいいな(暗く重い作品を好む私なのでこれもバランスというだろうか)って思う。

美し過ぎるお方は時にとても薄幸な人生だったりするけれど、そんな事も考えながらも、ハリウッド最高の美女ってグレイス・ケリーだと思う。「緑の火」は未見なのでいつか観たいと楽しみにしている。

スポンサーサイト


  1. 2005/06/11(土) 06:40:30|
  2. ミュージカル・舞踏・音楽映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<『アンダルシアの犬』について語るルイス・ブニュエル | ホーム | カトリーヌ・ドヌーヴ語録 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/186-fb58de96
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。