★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

バンガー・シスターズ

バンガー・シスターズ:THE BANGER SISTERS
2002年 アメリカ映画 ボブ・ドルマン監督

出演:ゴールディ・ホーンスーザン・サランドンジェフリー・ラッシュ、エリカ・クリステンセン、エヴァ・アムッリ、ロビン・トーマス

ゴールディ・ホーンスーザン・サランドンの共演というだけで観たのだけれど、またTV放映され観ていた。ちょっぴりしんみり、でも笑えるシーン(ジェフリー・ラッシュ可笑し過ぎ!)、流れる音楽など楽しめる作品だと思う。

でも、お話の展開はちょっと物足らない気がしたのだけれど、とにかくゴールディ・ホーンが最高!彼女の表情や動きを見ているだけで気分が良くなるのだ。本当にいつまでもキュートなお方。今年60歳のゴールディ・ホーンスーザン・サランドンは1つ年下)だというのになんて可愛いくてかっこいいのだろう~!

スーザン・サランドンも好きな女優さまなのだけれど、ここでは完璧にゴールディ・ホーンの魅力が圧倒的だった。60年代は元グルーピーだったという2人の20年後の再会。対照的な生活を送っていたのだけれど、今ではその良妻賢母でプール付きのお家に住むラヴィニア(ヴィニー)のサランドン。気ままに生きるセゼットのホーン。過去を封印して生きていたラヴィニアがスゼットの出現により、髪をショートにしお洋服もガラリと変えてしまう。夫も娘たちも最初は驚くが何とも円満に理解される辺りの単純さ。スゼットのお陰ですっかり執筆の進む潔癖症のハリー(ジェフリー・ラッシュ)の好演もとても楽しかった。

今ではケイト・ハドソンも着々と代表作が増えていて、ゴールディ・ホーンは孫まで居るというのにこの若さ!キュートさは素敵過ぎる。シリアスな作品もあるけれど、やっぱり最高のコメディエンヌだと痛感。

またもやデヴィッド・ボウイ様絡みにも即反応したのは言うまでも無く、スゼットはアラディン・セインのT-シャツを着ていたり、フェイム(どなたかのカバー)が流れたりしてご機嫌だった♪サランドンは70年代からボウイとは交流がある(「ハンガー」ではカトリーヌ・ドヌーヴと共にボウイと共演映画もある)、そんな好きな人たちがリンクし合って愉快だった。
スポンサーサイト


  1. 2005/06/10(金) 06:36:48|
  2. コメディ・ロマンティックコメディ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<カトリーヌ・ドヌーヴ語録 | ホーム | ジャン・コクトー語録 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/185-97968664
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。