★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

山猫

2005-04-15_20071016200331.jpg

「山猫」:IL GATTOPARDO 
1963年 イタリア/フランス合作映画 ルキノ・ヴィスコンティ監督

出演:バート・ランカスターアラン・ドロンクラウディア・カルディナーレジュリアーノ・ジェンマ、オッタヴィア・ピッコロ、ピエール・クレマンティ、セルジュ・レジアニ 
音楽:ニーノ・ロータ

一等大好きな映画監督さまというと躊躇無く「ルキノ・ヴィスコンティ!」な私はきっと生涯変わらないだろう!どの作品も素晴らしいとしか言えないけれど、まだヘルムート・バーガーが見出される前のヴィスコンティ・スターはアラン・ドロンだった(その後凄い勢いで世界的スターとなっていく)。前回から続いてのアラン・ドロン作品なのだけれど、まだ20代後半時の顎の線などとてもシャープでキリリとした美麗なお顔が堪能出来る1963年の「山猫」を。

ヴィスコンティ作品では1960年の「若者のすべて」に続く出演作のアラン・ドロン。アメリカのバート・ランカスター、イタリアのクラウディア・カルディナーレ、そしてフランスのアラン・ドロンという3人が主要な役柄。他にも、ジュリアーノ・ジェンマピエール・クレマンティという豪華な顔ぶれが並ぶ。

貴族社会を充分にご存知なヴィスコンティならではの視点。この映画では貴族の没落してゆく悲哀、シチリアの庶民達、立ち上がる独立運動の勢力を美しく描いている。野性的なイメージだったバート・ランカスタークラウディア・カルディナーレ、さらにアラン・ドロンは貴族の世界とは程遠い貧しい生まれのお方。しかし、ヴィスコンティ映画の中ではどなたも素晴らしく優雅で煌びやかなのだ。ヴィスコンティが"赤い貴族"と呼ばれるのも分かる。彼の視線はいつも活力のある生き生きとした人々に向かう。なので、アラン・ドロンはよく貧しい育ちの事や教養の無さを指摘されて来た様だけれど、人間はそういう事で測る事など出来ないのだ。神様はそんなアラン・ドロンに絶世の美男子としての容姿を授けられた。そして、ただ美しいだけではないどこか翳りのある役柄が多いのはその内面から滲み出るものなのだろうとも思う。それにしても、ヴィスコンティは見事なキャスティングだ、どの作品も。完璧!なのだ。それは映像美術として全て。

バート・ランカスター(「家族の肖像」も素晴らしい!)演じるサリーナ公爵はヴィスコンティの分身(化身)という見方も出来る。とにかく豪華絢爛な大舞踏会のダンスシーンは圧巻!!映画館で観たのはもう20年以上前なのに今も目に浮かぶ...このような映像美を越えるものは無いと思う(個人的ながら)。

ようやくこの3時間強(ヴィスコンティ作品は長編大作が多い)の完全イタリア語版でのDVD化が決定した。古びても鮮やかな記憶がまたさらに華麗に甦るのだと思うと感無量!
スポンサーサイト


  1. 2005/04/15(金) 05:17:44|
  2. ルキノ・ヴィスコンティ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<『羊たちの沈黙』について語るアンソニー・ホプキンス | ホーム | 『勝手にしやがれ』 ジャン=リュック・ゴダール語録 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/171-d61828a3
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。