★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ウェルカム!ヘヴン

2005-04-05.jpg
「ウェルカム!ヘヴン」:SIN NOTICIAS DE DIOS
2001年 スペイン/フランス/イタリア合作映画 アグスティン・ディアス・ヤネス監督

出演:ペネロペ・クルスビクトリア・アブリルファニー・アルダンガエル・ガルシア・ベルナル、デミアン・ミチル

スペインから今やハリウッドでも活躍するペネロペ・クルスは愛らしくて好き。この映画は大好きなファニー・アルダンビクトリア・アブリルとこの3人の女優さまの共演だけでも私には嬉しいもの。

もう一度観ようと思っている。内容はとても深いのだけれど絵的に愉しめるのはこの個性的な美しい女優様達が鮮やかだから!ファニー・アルダンが出ていて嫌いな作品は無い私の勝手なジンクスはますます強化されたみたい。ちょっと久しぶりに観たビクトリア・アブリルも素敵だった。実は最初は「溝の中の月」で好きではなかったけれど、ペドロ・アルモドバル監督の一連の作品で魅力的だと思う様になったのだ。クリっとした愛くるしい瞳は中年期になった今でも可愛らしくて素敵。そして、ペネロペ・クルス!ここではとてもクールで中性的な格好良さ。パンツスーツ姿がとてもキマっていた。カンフー・ファイティングで踊りながら着替えるシーンとか実にお茶目なタイトさでワクワクした。

天使と悪魔、天国と地獄、そして現世という時間軸をモノクロームな世界とカラーで使い分け、さらに言語もフランス語、英語、スペイン語と行き交うのもとても新鮮で面白かった。天国からの使者がヴィクトリア・アブリル、地獄からの使者がペネロペ・クルスビクトリア・アブリルが歌うモノクロの世界も綺麗でうっとり魅入ってしまうシーンだった。

一人の現世の男性の魂を巡ってこの天使と悪魔が闘うというものだけれど、ただそういうお話でもないし、コメディという感じでクスクス笑えるものでもない。でも、魅力的な映画。また、観よう~。
スポンサーサイト


  1. 2005/04/05(火) 04:13:43|
  2. 女性映画・群像劇・映画愛・家族ドラマ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<理想の結婚 | ホーム | ロイヤル・セブンティーン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/165-254f1cc6
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。