★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ビヨークの『ネズの木』~グリム童話より~

20070102180056.jpg

1986年 アイスランド映画

監督:ニーツチュカ・キーン
製作:ニーツチュカ・キーン
原作:グリム兄弟
脚本:ニーツチュカ・キーン
撮影:ランディ・セラーズ
音楽:ラリー・リプキス

出演:
ビョーク
ブリンディーズ・ペトラ・ブラガドゥティル
ヴァルディマール・オルンフリーゲンリング
ゲイルロイグ・スンナ・ポルマル

ビヨークの「ネズの木」/THE JUNIPER TREE

◆あらすじ◆
中世アイスランドの片田舎で、魔女裁判により母親を殺されたカトラ(ブリンディーズ・ペトラ・ブラガドゥティル)とマーギット(ビヨーク)姉妹。彼女たちは放浪の末、農夫ヨハン(ヴァルディマール・オルンフリーゲンリング)と息子ヨナス(ゲイルロイグ・スンナ・ポルマル)と知り合い、カトラは魔法を用いてヨハンの妻となる。しかし、ヨナスはカトラに馴染まず、マーギットと仲良くなっていく。そんなある日、マーギットの前に死んだ母の霊が現れ、彼女のなかに眠る魔力を呼び覚まそうとする。

★2000年の『ダンサー・イン・ザ・ダーク』は世界中で大ヒット!カンヌ国際映画祭ではパルムドールと最優秀女優賞(ビヨーク)を受賞した。そんなお陰で、日本でも初登場となったこの『ネズの木』は、実はビヨークの映画デビュー作品で20歳の頃のもの。ビヨークのお顔や小さな体型は今も年齢不詳なある少女性を維持し続けているように思う。日本人ぽいお顔は幼少の頃から友人たちからも指摘されていたそうで、そんな事からか日本が好きだと仰る。このグリム童話の「ネズの木」を大きくアレンジしての映画化。名作!とか感動作!とか...とは違う。ただ、とてもいつまでも映像の醸し出す雰囲気が印象的に私の中に焼き付いている。長年お蔵入りしていたのも納得というか、ある種のカルト作品なのだろう。アイスランドの荒涼とした自然の中、淡々とモノクロームな暗い映像。ドキリとするシーンもある。

子供の頃に児童書として読む童話の世界はロマンティックでメルヘンな世界。しかし、私が大人になっていく中でもう少し違う感覚で読み直してみたり、こうして映画の世界で鑑賞したりする内に、童話やおとぎ話の世界にはかなり残酷なものがあると気づく。この映画はそんな残酷性をさらにつよく打ち出して描写しているので、綺麗な明るい世界ではなく、かなり、とっても!ダーク・ファンタジー。日本の童謡、わらべ歌にしても歌詞をよく読むととてもギョっとする時がある。子供の世界も、少女の世界も同じようにただ可愛いだけではなく時にドキリとする残酷性が顔を出す時がある。これは一概には言えないけれど...。私の好きな世界にはメルヘンとアンチ・メルヘンがあるのだと思う。なので、全ての方がお好きになる映画ではないだろうけれど、私は好き。とっても!でもなく。

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』は観て良かったとは思うけれど、個人的に好きな映画ではない。こんなにやるせない、怒りの様な涙が止まらなかった映画はない。しかし、それ程のインパクト、作品の力があるという事で、ラース・フォン・トリアー監督の世界は独特なものがあるのだと思う。新作が出ればやっぱり観てしまうのだから。ビヨークは好き嫌いの分かれるアーティストだと思う。でも、あの歌声が聞こえるとすぐに「あっ、ビヨーク!」と分かる、そんな唯一無比のヴォーカリストである事は間違いないように思う。音楽性も幅広いのでファン層も広いのではないだろうか。私はシュガーキューブスで知ったので、その衝撃はとても大きなものだった。アイスランド語ヴァージョンというものも有ったりして、当時レコード屋さんで彼らのシングルを入手するのは結構大変だった。ビヨークの音楽についてはまた追々。この『ネズの木』の中でもビヨークの歌声が聴けるのもファンのお方には嬉しいところだと思う。

スポンサーサイト


  1. 2006/09/04(月) 18:05:57|
  2. 少年・少女映画(『クララの森・少女愛惜』へ!)|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
<<フライトプラン | ホーム | 仁義>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/15-38297578

ビョークのネズの木:映画

今回紹介する映画は、1986年、ビョークが二十歳のときに撮られたまぼろしの作品『ビョークの「ネズの木」』です。 まずは映画のストーリーから・・・ 中世アイスランド。カトラ(ブリンディース・ペトラ・ブラガドゥティル)とマーギット(ビョーク・グズムンドゥ...
  1. 2007/11/28(水) 10:57:02 |
  2. ジフルは映画音楽札幌グルメ紹介:GFL
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。