★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

若草物語

2005-02-13.jpg

若草物語:LITTLE WOMEN
1994年 アメリカ映画 

監督:ジリアン・アームストロング 出演:スーザン・サランドンウィノナ・ライダークレア・デインズトリニ・アルバラードキルステン・ダンスト、サマンサ・マシス、ガブリエル・バーン、クリスチャン・ベイル、エリック・ストルツ

ルイザ・オルコットによる原作は有名。そして、映画化も今作で4度目となるもの。何度観ても泣いてしまう。主人公の次女ジョー役のウィノナ・ライダーが生き生きとあまりにも素晴らしい!母親役がスーザン・サランドンである事も嬉しいキャスティングなのだけれど、何度も観ているとみんなそれぞれ素敵で仕方がない。そんな映画。原作に忠実なストーリー展開なので19世紀半ばのお衣装や家具などを見ているだけでも美しい。

キルステン・ダンストがエミーの幼女時代役で出演しているのも見所かもしれないけれど、私は実は三女の死んでしまうベスを演じるクレア・デインズがとても好きだったりする。ジョーとは対称的な女性(少女)を演じている。

ウィノナを中心に他の出演者皆が存在感があって鮮やかな傑作に思う。特にガブリエル・バーンの演じる貧乏な哲学者フレデリックには驚いたものだ。だいたい、彼の印象は強烈でどこか悪魔的というか凄味を感じさせるイメージが強かった。それは、あまりにもかの「ゴシック」(ケン・ラッセル)でのバイロン卿の印象が色濃く焼き付いているからだと想像出来る。まだ未見ながら「仮面の男」にもジェレミー・アイアンズと共に出演している様なので早く観てみたいと思っているところ。ここでのフレデリックの様な人間(性別を問わず)がとても好きだ。なので、最後にジョーと結婚して学校を開校するという終わりは実に美しく胸に響く。

それにしても、ウィノナ・ライダーって可愛いだけではなく、しっかりとした演技力もあるお方だなぁ~っていつも思う。よく分からない事件や不運もあったけれど、まだまだお若いし、これからさらに素敵な女優様になって頂きたいお方。

スポンサーサイト


  1. 2005/02/13(日) 18:18:46|
  2. 文芸・文学作品|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<耳に残るは君の歌声 | ホーム | ゲッタウェイ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/141-f043117f
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。