★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

悲しみよこんにちは

2005-02-04.jpg
悲しみよこんにちは:BONJOUR TRISTESSE
1957年 イギリス・アメリカ合作映画 

監督:オットー・プレミンジャー 出演:デヴィッド・ニーヴンデボラ・カージーン・セバーグミレーヌ・ドモンジョジュリエット・グレコ

古い映画。「悲しみよこんにちは」というタイトルに目が止まり図書館で借りたのは、このセシールとほぼ同じ年の頃だった。原作のフランソワーズ・サガン(昨年秋に他界された)は18才の時に書いたのだそうだ。大人に近づく少女の心理がとてもよく分かる。今はさらに。

デヴィッド・ニーヴンデボラ・カーは素敵な大人のカップルだ。でも、愛する父を取られたくない!そんなセシール(ジーン・セバーグ)に感情移入しながら...でも、今だとアンヌ(カー)の悲しみはどんなだっただろう!と胸が痛む。そして、ハマリ役のニーヴン扮するプレイボーイな父に呆れる。(しかし、ニーヴンなので怒れない。)

若い愛人役のミレーヌ・ドモンジョはそんなに好きではない。健康的な肢体と輝く美しい髪に綺麗なドレスを纏って素敵だけれど...どうも(もう少し不健康そうなお方を好む傾向がある)。でも、ジーン・セバーグは可愛い。大人になって謎の早い死を迎えてしまう。セバーグを初めて知ったのはゴダールの「勝手にしやがれ」だった。小さな身体とボーイッシュな愛らしさは新鮮だった。

まだ幼い頃、友人達と駄菓子を買いに行き(私は確かチェルシーを買った)、「セシール・カットって知ってる?」という会話をした日を思い出す...まだ、太陽の眩しさが不快だと感じる事もない頃の事。淡いノスタルジー。

※青春映画でもありますが、此処では文学作品のカテゴリーに入れさせて頂きました。
スポンサーサイト


  1. 2005/02/04(金) 16:47:31|
  2. 文芸・文学作品|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<ロリータ | ホーム | 恋に生きた女ピアフ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/134-512e1c04
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。