★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

恋に生きた女ピアフ

2005-01-27.jpg
恋に生きた女ピアフ:EDITH ET MARCEL
1983年 フランス映画 

監督:クロード・ルルーシュ 出演:エヴリーヌ・ブイックス、マルセル・セルダンJr、ジャン=クロード・ブリアリ、シャルル・アズナヴール、ジャック・ヴィユレ

世紀のシャントゥーズ!コクトーはピアフの声を「芸術だ」と絶賛し、運命的とも言えるピアフの訃報を聞き同じ日に他界してしまったという。そんな「エディット・ピアフ」はまだ私には大き過ぎる...。

この映画はピアフとマルセル・セルダンの友情を越えた深い絆で結ばれた愛の時間を描いたもの。2時間40分に及ぶものだけれど、時間が足らない位なのかもしれない。名曲「愛の讃歌」はピアフが書いた壮絶な尊い愛のシャンソンだという事を知ったのは、美輪明宏様のお歌の会に行くようになってから。そんな事を知った上で観たのでなおさら感動的だった。監督はクロード・ルルーシュ。音楽はフランシス・レイシャルル・アズナヴール。(共に出演もしている。)

ピアフを取り巻くブレーンのお一人にはジャン=クロード・ブリアリも居て嬉しかった。国民的歌手であるピアフと、国民的英雄ボクサーの二人の愛。セルダンは事故で命を失ってしまう...この悲劇にどれだけの人々が悲しんだことだろう!作り話でもなく実話なのだから。ピアフはその後、アルコールやドラッグ、自殺未遂...と身体がボロボロになってもあの小さな身体で最期まで歌った。歌う事が宿命の様な人だったのだろう。ピアフの人生を描くには時間が足らない。でも、二人の関係、セルダンの死までを映画にしたルルーシュの眼差しには、とても尊敬と優しさのようなものが感じられるのだった。親交の深かったアズナヴールは全編を通して登場している。

ピアフとは与える事を惜しまない方だったという。愛した人、友人達に惜しみなく...そんな人だから、愛されたのだろうし、愛した男達は道が開けて行った。素敵な女性だと思う。最後の方で「あなたと共に」と繰り返される歌声を聴きながら涙に溢れていた。

セルダン役はセルダンの実際の息子さんが担当していた。そんな配役やシャルル・デュモンの曲なども含め、ルルーシュのピアフを讃える、それも押しつけがましくない描き方で粋に思えた。ピアフ役のエヴリーヌ・ブイックスは実際のピアフよりずっと美人で、少しパトリシア・カースの美しさを想起させるお方だ。ルルーシュ作品にはよく出ているお方でもある。
スポンサーサイト


  1. 2005/01/27(木) 16:45:14|
  2. 伝記・実在の人物を描いたドラマ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<悲しみよこんにちは | ホーム | 浮気なシナリオ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/133-b0c94097
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。