★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ファスビンダーのケレル

QUERELLE

ファスビンダーのケレル:QUERELLE
監督:ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー 出演:ブラッド・デイヴィス、ジャンヌ・モロー、フランコ・ネロ、ギュンター・カウフマン (1982年・西ドイツ/フランス合作映画)

夏に弱いのは毎年の事ながら、今年は梅雨が長く夏の暑さも持ち越されている感じ。映画は観ているけれど更新を怠ってしまいがち。少し前に再見した『ケレル』。ちょっと、老年期に入る前のジャンヌ・モローが観たくなって久しぶりに観たもの。今さら、という感じだけれど、豪華国際俳優陣!原作はジャン・ジュネの『ブレストの乱暴者』。そして、ファスビンダー監督の遺作(残念!)。好き嫌いは分かれる作品だろうけれど、私は間違いなく大好き。ジュネが好きだということも大きいけれど、この映画はかなりファスビンダーの世界、感性と融合されたものに思う。人口的な雰囲気・空間は意図的なのか、やや不安定な動きをされるかの様な役者方。波止場、水兵たち、売春宿...そこの経営者(男色家ノノ)の妻リジアヌ役がジャンヌ・モロー。退廃的で美しい★

リジアヌが劇中で歌う、「誰もが愛するものを殺す」と。ジュネの小説のあの噎せ返る花の匂いが好き。そして、『ケレル』も熱帯的な空間を彩る色たち(オレンジ、イエロー、ブルー)と共に、犯罪に至るまでの空間が好き。ホモセクシャルの映画が生理的に苦手な友人もいる。ロリィタ映画も同様に苦手な友人も。でも、どうしてかとお話を聞くことは私がどうして好きなのか、という事にも繋がる事が多いので楽しい。ニューヨーク・タイムズ紙などは、批判的なコメントでもあった。でも、的確に冒頭の活字に触れて言及されていた。ファスビンダー監督は《ジュネの原作に基づく映画》とせず、《関する映画》だと。なるほど!と思う。ご自分の死を知っていたかのように私はジュネの原作映画というよりも、ご自身も男色家だったファスビンダーならではの遺作に相応しい美しい作品に思える。

QUERELLE1

スポンサーサイト


  1. 2007/08/19(日) 06:57:33|
  2. 同性愛・QUEERクィア映画・菫色の刻|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<スティル・クレイジー | ホーム | とんでもなく素敵な衝撃!ニナ・ハーゲン(NINA HAGEN)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/122-e346208e
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。