★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

プレステージ

prestigecinemachouchou

プレステージ:THE PRESTIGE
監督:クリストファー・ノーラン 出演:ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、スカーレット・ヨハンソン、デヴィッド・ボウイ、アンディ・サーキス、レベッカ・ホール、パイパー・ペラーボ
(2006年・イギリス/アメリカ合作映画)

この『プレステージ』は、クリストファー・ノーラン監督がクリストファー・プリーストの『奇術師』の小説を5.6年かけて映画化したものだそうだ。私はお友達に教えて頂き、最終上映日にどうにか観ることができ、とても嬉しかった。不思議な巡り合わせだけれど、違うお友達に少し前にお借りした作品もノーラン監督のもの。また、近い内に観て感想をこちらで書こうと思っているもの。

舞台が19世紀末ロンドンと正に好きな時代。ヴィクトリア調のお衣装たちも素敵だった。主役はヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベイル(ベール)。クリスチャン・ベイルは子役時代から活躍されているお方だけれど、いつの間にか、すっかり好きな男優さまとなっている。ヒュー・ジャックマンもハンサムだし、脇役のマイケル・ケインやスカーレット・ヨハンソン他、キャスティングが私の好みにピッタリで、ストーリー展開も時間軸が交錯するうえ、ラストは驚愕!さらに、かの発明王エジソンを震撼させた実在の天才科学者ニコラ・ステラ(この映画で初めて知った)を演じるのは、デヴィッド・ボウイさま☆で、黒く髪を染め口ひげ姿のボウイ。出演シーンは少ないけれど存在感を残していた!(私がこう言っても全く説得力ないと思う。でも、先にご覧になったお友達もそのように仰っていた。)パンフレットにある監督のボウイ起用のインタビューを、証明の如く掲載させて頂こう♪

何故、ニコラ・ステラ役をボウイに依頼したのか?...
「彼には、”この人は普通ではない。欲しいものは何でも可能にしてみせる人だ”と感じさせるカリスマがある。そういう役を誰もが知ってる映画スターにやらせると、観客の気が散ってしまって、マイナスだ。ステラは、是非デヴィッドにやってほしいと思った。僕はニューヨークまで彼を訪ねていって、とことんお願いしたんだ。彼は映画にはあまり出たがらないほうで、今回もすぐにはイエスと言ってくれなかった。でも、僕は、ステラ役には彼以外は考えつかなかったんだよ。もともと彼の大ファンでもあるし。」
偉い!!と、ノーラン監督がさらに好きになった私である。

奇術がとても盛んだった時代だとは伝え聞くけれど(フーディニーなど)、このような内容の映画は初めてだった。130分の作品、全くどうなるのだろう...と魅入っていた。二人のマジシャンはライバル同士、それも宿命の。人間のもつ執拗なまでの執着心と情念は悪意すら生む。そのような空気を主演のお二人は見事で、そんな中でマイケル・ケインが居るので人間の温もりのようなものが加わる。この役はマイケル・ケインならでは!だと思った。スカーレット・ヨハンソンもイメージにあった(私には)役柄に思えた。キャスティングが如何に重要であるかと感じることが出来て、映画自体がトリック装置のようなもので、ラストも読みの浅い私はビックリ仰天!と同時に凄い!と喜々とした気分で、エンドロールを眺めていた。そして、”うむ?!このお声は”となり、最後にまだ私に喜びを与えて下さったのは、そのエンディング曲がトム・ヨークであったこと★とても気分の良い、ミステリアスなドラマを堪能したように思う。



追記
※映画館で観た日付は7/13の午前中。直ぐに書こうと思いながら今日になってしまったものです。序でにその後、『大日本人』(まっちゃんワールド炸裂!)も観たので久しぶりの2本立て映画の日となりました。
スポンサーサイト
  1. 2007/07/17(火) 10:47:16|
  2. サスペンス・ミステリー・ハードボイルド|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
<<大好きなマリアンヌ・フェイスフル(Marianne Faithfull)さま♪ | ホーム | ローズ・イン・タイドランド>>

コメント

19世紀好きなのです★

maariさま。

コメント嬉しいです!
ありがとうございます~♪
古い映画だけではなく、新しい映画の趣味も似ていますね。私はデヴィッド・ボウイ様をお目当てでしたが、クリスチャン・ベイルもヒュー・ジャックマンもマイケル・ケインも素敵でした。

はい、パイパー・ペラーボも素敵だったですね!最初の方で死んでしまい出番が少なくて残念でした。あの死はミステリアスですね...もう一度、観てみたいです。
  1. 2007/09/12(水) 09:26:03 |
  2. URL |
  3. chouchou #-
  4. [ 編集]

こんばんは

これはあんまり期待してなくて
マジック指導したカパーフィールドファンなので行ったんですが
予想に反してライバル同士の謎解きとマジックの謎解きが二重に面白かったです。19世紀の英国の雰囲気もよかったですね。
結局 最初の方の妻の死は事故死だったのでしょうか?故意だったのでしょうか?今だにわかりません;
  1. 2007/09/11(火) 20:49:25 |
  2. URL |
  3. maari #CbZoHSoM
  4. [ 編集]

>しんや様

コメントありがとうございます!
「プレステージ」とても良かったですよ♪
しんや様のマイブームはマジックなのですね。
とても難しそうです...頑張ってくださいね。

「大日本人」は席に埋もれながらのたいそう辛い体勢の座席の劇場でしたもので、途中ダウンして集中力もなく。でも、まっちゃんならでは!という世界で、予想していた世界でした。でも、昭和の匂いをかなり強調していたようですので、その辺りも好きでした。ただ、年齢制限があるのだろうか?・・・と思いました。小さなお子様は理解できずに怖いかも。でも、絵的にゲラゲラ笑えるのかも?・・・などという感想でした。UAは存在感たっぷり!で相変わらず素敵だったです♪

また、お気軽にコメントくださいね~☆
  1. 2007/07/19(木) 09:49:00 |
  2. URL |
  3. chouchou #-
  4. [ 編集]

プレステージを観にいかれたのですね!
いまマジックがマイブームなので、とても
観にいきたかったんですよ。
レヴューを読んだら観たい気持ちがさらに強まり
ました。
大日本人のレビューも楽しみです。
  1. 2007/07/18(水) 02:17:54 |
  2. URL |
  3. しんや #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/121-d71475cd
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。