★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『マイ・プライベート・アイダホ』を再見してふと気付いたこと

マイ・プライベート・アイダホ デジタルリマスター版2枚組【初回限定生産 メモリアル・フォト集付】 [DVD]マイ・プライベート・アイダホ デジタルリマスター版2枚組【初回限定生産 メモリアル・フォト集付】 [DVD]
1991年・アメリカ映画
監督:ガス・ヴァン・サント 出演:リヴァー・フェニックス、キアヌ・リーヴス、キアラ・カゼッリ、ウド・キア

不思議なことに、このガス・ヴァン・サントの91年映画をテレビで偶然遭遇し再見。先日のカンヌでも60回記念賞を監督は受賞されて良かった。実は去年『愛とよばれるもの』も観ていたり、じんわりと故リヴァー・フェニックスのことが過ぎるようになっていた。当時から周りにファンの友人たちが居た。93年の突然の死に泣き崩れる女の子も知っている。追悼特集号の雑誌も覚えている。でも、私は彼の役者としての魅力や死を今頃感じ、今追悼しているような気分。93年10月、その2ヶ月前に私の父が他界した。そんな時期だったのだと今は結構落ち着いて思い出せるようになっている(進歩かな?)。そして、彼は間違いなく夭折の青春スターとして永遠な存在で、子役時代から僅か23歳という若さでの死までに残された映画と共に。

そこで、ふと。私には青春スターや青春アイドルという存在が今までいないことに気付いた。ボウイはカリスマ☆でも、何故、同世代の歌手や俳優に夢中にならなかったのだろう。異国のスターを好きになった順番は、アラン・ドロン~シャーロット・ランプリング~マレーネ・ディートリッヒ~ジョン・レノン~デヴィッド・ボウイ~ヘルムート・バーガー~ドミニク・サンダ~ダーク・ボガード~ビヨルン・アンドレセン~ルキノ・ヴィスコンティ~ブライアン・フェリー~ケイト・ブッシュ~ポール・シムノン~スージー・スー~デボラ・ハリー~ニコ~ブリジット・フォンテーヌ~フランソワーズ・アルディ~マリアンヌ・フェイスフル~パティ・スミス~ジェーン・バーキン~ピーター・マーフィー~ナスターシャ・キンスキー~ミレーヌ・ファルメール...この辺りから順番不確定。もう天国におられるお方や60代を超えるお方が多い。若手でビヨルンかピーター・マーフィーかシムノン、ケイトかミレーヌ。アラン・ドロンからディートリッヒは小学生、中学生直前にジョン、そしてボウイの衝撃はそれはそれは天にも昇るかの如く、経験したことない感動というのか心の喜びだった。それは彼らは表現者でありながら素晴らしい歌声とメロディを持っていた。

リヴァー・フェニックスを見つめていると、何故か私自身の青春時代が巡るのだった。その時に一緒にいた大切なものたちは今も変わらない。頑固者にも程があるし、もう時代に取り残されているとも言えそう。でも、好きなのだからどうしようもない恋の話。私は音楽や映画に恋をしてきたのだ。父の長嶋茂雄さんに対する眼差しや巨人を応援する姿、アラン・ドロンにほんわか~♪した表情でグラビアを眺める母。そんな様子は青春群像、スタアあるいは英雄って感じだったもの。私はそんな両親から多くの影響を受けてきたけれど、自分の同世代スターが希薄なのだ。挙げてみると『アナザー・カントリー』以降の英国勢の美しい男優方か、フランスだとジャン=ユーグ・アングラード、アメリカは特に少なくマシュー・モディーン...やっぱり少しお兄さま達ばかり。女優さまだとナスターシャとジョディ、エマニュエル・ベアールにキュンとなっていたけれど、アイドルではないのだ。誰かいないものかと辿って行くと、オスカルさまやトーマ・ヴェルナー、藤堂さんと竜崎麗香、フランシス、キャンディ・キャンディ...と漫画の世界におられた♪

全く『マイ・プライベート・アイダホ』はどうなっているのか?!リヴァー・フェニックスよりも無機質な感じのキアヌ・リーヴスの方が好きだったけれど、この映画にはゲイ・イコン的存在でもある異才ウド・キアやキアラ・カゼッリもいるし、男娼役で奇病のナルコプレシーという難役を演じるリヴァー・フェニックスが切なく美しい。彼の斜め角度からのある瞬間に刺さるものがある。出来ればセミロングの頃がより好き。演劇学校にも行っていない天性の才能はその役柄になりきるという事が出来、それが災いにもなったのだろうか?彼の死について、トニー・カーチスが「(ハリウッドには)妬み嫉みがいっぱいはびこっているからね。」とコメントされていたことを思い出す。どういう意味だろう?とても怖い気もする。まだ生きていたなら30代なのに...。キアヌもその後、ゲイ疑惑だのどうのこうのと酷評された時期があった。そんな報道を耳にする度に”ゲイでもいいじゃない。”って思っていた、綺麗だし♪多くの偏見や膨らむイメージの中に、人々の妬みや嫉みがあるのだろう。スターの宿命とも言えるけれど、私達の生活の中でも大なり小なりそういう日々を生きているのだと思う。そんな毒をやっつけるのは尊い”愛”しかない。様々な愛が人それぞれにある。気付かないだけですぐ傍にあったりもする。私は親愛なる友人たち(付き合いがとても悪い私なのに)や家族、そして映画や音楽や絵や詩篇たち、最近ちょっと遊んでいないお人形たち(一人、恩人が居る)...十分過ぎる幸福。辛いことを挙げる事は簡単で山のようにある。今私は体調不調だけれど心の平穏さを感じている、そういうお年頃なのかな?この先のことは分からない、計画性が全く無い。でも、出来るだけ想いに正直でいたいと願う。時に無理もしないといけないし、妥協も譲歩も必要だけれど、きっとどうにかなると思う。辛くて当たり前の人生だもの。私は両親の早過ぎる死から余った年月を頂こうと思っている。なので、持病もお友達だと思ってゆっくり共に生きてゆけそうな予感。”素晴らしき哉、人生!”♪

RiverPhoenix.jpg
ちょっとふっくらしていた頃の少年時代の名作『スタンド・バイ・ミー』より☆



「追記」
こんな私なもので、リヴァー・フェニックスについて詳しくないのです。ずっと今も大好きなファンの方々が大勢おられる。ジョニー・デップとの共同経営だったバーで亡くなったと記事で読んだけれど。モルヒネとコカインの多量摂取が死因だとも。サマンサ・マシスが最後の恋人でお似合いだったと思う。残された妹や弟たちも役者になっている。なにより、どこか翳りのある美しさ(内向する魂かな?)をいくつかのお写真を眺め再認識しているところです。間違いや変な記述がございましたらお許しください。

*”拍手”というアイコンのような機能が出来たらしい。よく分からないけれどちょっと付けてみよう。どんな効果があるのだろう。ブログさんも次々と新機能開発やサービスUPしてくださるので有り難いこと。あまり上手く使いこなせないままだけれど、感謝いたします。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/02(土) 07:45:11|
  2. 雑記など|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:8
<<boyfriend’s deadを聴くと涙が溢れるのはなぜだろう | ホーム | 『第60回カンヌ国際映画祭』授賞式に感涙♪>>

コメント

mummyちゃん、こんばんは。
いつもありがとうございます~♪

『アナザー・カントリー』と『モーリス』は私の周りでは賛否両論というかあまり当時お話できるお友達は少なかったです。でも、各方面で大反響だったように思います。英国映画に興味を持つきっかけでもあったのかもしれません。

マッケラン卿好きです。そうですね、ジュディ・デンチはデイム(デーム)ですよね、マギー・スミスも大好き!エリザベス・テイラーもデイムですよね。英国は舞台と映画、共に活躍される名優さまが多い。シェイクスピアのお国ですものね(笑)。

アイアンズのお話になると、また長くなるのでその内アイアンズ単独で登場して頂きますね~きゃぁ★
  1. 2007/07/10(火) 23:01:40 |
  2. URL |
  3. chouchou #-
  4. [ 編集]

お姉さまへ。

ルパート!!!嗚呼麗しのルパート!!
ハッキリ申し上げて「モーリス」での
ヒュー・グラントよか全然好きな方なので、
(映画も「アナカン」のが好きだったり)
またコメント行きまーす♪

英吉利俳優さま、ケイン卿もマッケラン卿も
いらっしゃいますね。女性の「サー」にあたる
「デーム」としては「007」のMおばちゃんこと
ジュディ・デンチさんとか。皆様たいへん
素晴らしい方々だと常々思います。
そして!そうなんですよ英吉利俳優さまって
全然セレブセレブした方っていないんです!!
セレブセレブとして振舞ってるのは大概
成り上がりのミュージシャンとかサッカー選手だけ、
ですもの(苦笑)俳優さまはそれもんの方、
実に少ないと思います。ユアンもスコットランド人で
ある事をとても誇りに思ってる、とどこかの
インタビューでそう仰っていて、多分カーライルも
そうなんだろうなあ~って思いました。御二人とも
スコットランド出身なので。故郷を思う気持ちが
良い方向へ向かっている方は素敵です♪

アイアンズが「舞台が恋しくなる」って!!
そりゃーそうでしょうね~。あの美声と姿勢の
美しさは舞台で鍛えなければ何もならないですもの。
ショーンもあのツラ下げて(ごめんよショーン)
美声で姿勢が美しいので、大好き!!
お二人のお声で楽しめるオーディオブックを
いつぞや買い占めたのは私です(笑)

歴史は不思議なもので、私の偏った趣味趣向にも
それは影を落としています。美しいものは継続して、
そしてそこでまた切磋琢磨されて、繋がるんだと…。
ソリッドになればなるほど歴史って大事だな~って
思います。特に美しいものは!!!
  1. 2007/07/10(火) 07:16:25 |
  2. URL |
  3. mummy #-
  4. [ 編集]

mummyちゃん、こちらこそ嬉しいです、いつも♪
仮のカテゴリー名ですが、早速エヴェレットさんに登場して頂きました♪

英国俳優さまはそうですね。労働者階級のサー俳優のマイケル・ケインさまもおられます。仰るようにセレブセレブしていないですよね・ユアンとも今もグラスゴーでしょ。故郷を愛し、ハリウッド映画にでても舞台が恋しくなる(アイアンズはその様なことを仰っていました)。ショーン・ビーンさんもハンサムですね。
好きですよ。

>歴史は上手く
流れているものですね(笑)

はい!不思議なくらいにね。美しいものは継続し繋がってゆくのでしょうね~♪ああ、楽しいです。(笑)



  1. 2007/07/04(水) 21:40:43 |
  2. URL |
  3. chouchou #-
  4. [ 編集]

お姉さまへ。

お姉さまのお部屋ってさぞかし素敵なお部屋!
なんだろうなぁ。私の場合、要らんものが極端に
少ない(レコ棚ステレオテレビくらいしかありません)
のもあってかそう言われてます(苦笑)しかも
ド汚いので「物置部屋?」とか言われたり(涙)
それで、先ほどオーリ君の御歳を調べたら
二つ年下なだけでした。同世代…なんでしょうか???
でもアンダー20ではないので同世代なのかも?!

そして、お姉さまとお話が合うのは私、とーーっても
嬉しいです♪ずーっと嬉しいまんまですよ!
私はお姉さまの憧れる時代も当然ですが
とりわけお姉さまが直撃したニューウェイヴ全盛期に
未だ強い憧れを持っております。それは音楽を
意識的に聴き始めた頃と何ら変わってないんです。
60年代~70年代前半ですと、何と言ってもあの
モンティ・パイソンが英吉利でフツーに放送されてた
時代なので、そこで憧れてしまいます(笑)
所謂スウィンギン・ロンドン~それ以降、って
感じですね。私は真面目にパイソンズのコントを
生放送で観たかったです~。1972年、というと
ニューシネマの時代でもあります。
(歴史解釈大間違いだったらすみません~)でも、
私は年代というとド忘れが激しいのでもう何が何だか
ゴッチャゴチャになってますよー…!!

あ!そうですそうですー!!!うかうかしてたら
リンチ新作公開迫ってます!!!
アイアンズの破滅型悲哀、澄んだ憂いをたたえた
あのお姿が拝見出来ますね♪こないだ「大ハード3」
テレビ放送されてて「やっぱアイアンズいいわ…」とか
思ってただけに凄くタイミングの良いお話、
ありがとう御座います!!絶対観ましょうね♪

英国俳優さまのあの繊細で知的な美しさ…。
コレはもう大概の俳優さまが舞台に上がっている事が
理由のひとつなのかなーとか勝手に思ってます。
英国俳優さまってとにかく舞台好きな方って
多いでしょう???上記したオーリ君も舞台に
専念していた時期があったそうですし。ワイルドや
(ワイルドはちょっと違うかも??)
シェイクスピアのような古典が未だかの地では
実にポピュラーで、日本で言うと暴論ですが
「血縁関係の全く無い梨園」みたいな感じでフツーに
古典舞台に上がっていらっしゃる事が
でかいようなそうでないような????
あとは全くのワーキングクラス出身の俳優さま、
例えばショーン・ビーンさんとか
ロバート・カーライルさんなんかもすんげー
知的な感じビシバシとしますものね。
それに有名になったからといって言うほど
セレブセレブしていない方が多いですし。
オトゥールさん~ダーク・ボガード~アイアンズ、
って凄く自然な並び方です。音楽だと
ボウイさん~フェリーさん。歴史は上手く
流れているものですね(笑)

新しいカテゴリ作成、楽しみにして待ってます!!
またアホな事ばっかコメントしてしまいそう…。
その時は平にご容赦下さい!!
  1. 2007/07/04(水) 07:48:24 |
  2. URL |
  3. mummy #-
  4. [ 編集]

mummyちゃん、いつもありがとうございます!

>よく私の部屋へ来た事のある友人達が口々に
「あんたの部屋は時間が止まっているようだ」と
仰っていた事を何故か思い出してしまいました…。

私もそんな感じですよ。時間が止まってるというかタイムトリップしている感じ(笑)。mummyちゃんはオーリ君と同世代なのですよね...お若いなぁ♪でも、お話が合うのは嬉しいですね。私はNEW WAVEは真っ只中だった(パンク以降なのが残念)ですが、やっぱりボウイ様の「ジギー・スターダスト」の時代に憧れるのです。80年代~90年代はとても身近に感じるのですが、憧憬というのでしょうか、どうも60年代末から70年代前半辺りの音楽や映画、あの時代の空気感に憧れ続けています。私が幼少期の記憶にある風景なども関係しているのかもしれません。でも、ジギーの年の1972年は好きな作品が多いのです。

mummyちゃん、そろそろデヴィッド・リンチの新作公開が迫って来ましたね!きゃぁ~★アイアンズにお会いできますね。そんなこんなで昨日も映画『ロリータ』からアラン・ポーへ思考は巡り、アイアンズのあの悲哀を帯びた破滅へ向かうお姿の数々を思い浮かべ、また”素晴らしい!!”と再確認していたところです。

英国男優さまのあの繊細で知的な美しさはなんでしょうね!ピーター・オトゥール~ジェレミー・アイアンズ辺りが源流とされるところの様ですね。さらに、ダーク・ボガードという源流もありますね。音楽だと、ボウイ様やブライアン・フェリーさん♪こんな事を考えていると楽しいです♪(笑)ちょっと、こんなカテゴリーを追加してみようと思います。反応して下さるといいなぁ~☆
  1. 2007/07/04(水) 02:18:15 |
  2. URL |
  3. chouchou #-
  4. [ 編集]

お姉さまへ。

私も、同世代で御贔屓にしているスターさま、
ってのがいませんでした。私と同世代のスターさま、
というと今ではオーリ君くらいなものです。なのに
オーリ君は好きじゃないですし…。「マイ~」にしても
そうですが、リヴァーとキアヌは私より結構年上。
なのでリヴァーが亡くなったときも
(「マイ~」で完全にキアヌ贔屓になった私なので)
そんなに悲しいなあ~、とは思いませんでした。
今思えばこの映画での二人は奇跡的なまでに美しく、
その美しさは最早神認定なのですけれど。
キアヌもそうですがジョニデもそーとー辛く悲しい
思いをなさったのではないでしょうか???そして
ジョニデも私より結構年上。だいたい、思春期から
今の今まで惚れた方々って自分より年上、もしくは既に
夭折、他界なさっている、というパターンが
余りにも多くって。翻って日本人俳優さまにしても
未だ市川雷蔵さんを最も愛しているという体たらく。
それが幼い頃や思春期から初期中年の今の今まで
延々とずーーーっとダラダラと続いているのだから
「リヴァーが死んだ頃私は何をしていたのだろう?」と
考えると当時は年上アーティストの追っかけばかり
やってましたしね。なーんか、昔々から老け専だった
みたいです。普段から家の事情で年上の男性ばかりに
囲まれて育っていたので(御爺様とも同居してますし)「男子」に興味を持った事がほとんど無いのですよ。
若い頃から老けていた、という事ですね(苦笑)
何もコレは選り好みしてそうなった結果、という
ものではなくて自然にそうなっていました。
なので、同世代の友人達とあまり話がかみ合わない、
という情けなさを今も抱いています。青春を彩った
音楽にしたって例えばグランジブームに乗り遅れるわ
ソニック・ユースは大好きだけれどニルヴァーナを
知らないガキだわで(かなり致命的ですね)。
当時の私の青春を彩った音楽…やはりニューウェイヴ。
だから未だに「同世代感」を実感した事がほとんど
ありません。反対に懐かしいと思うものもありません。
よく私の部屋へ来た事のある友人達が口々に
「あんたの部屋は時間が止まっているようだ」と
仰っていた事を何故か思い出してしまいました…。

とりとめの無い文章ですみません!!
  1. 2007/07/04(水) 00:49:18 |
  2. URL |
  3. mummy #-
  4. [ 編集]

月本さま、いつもありがとうございます!
お褒め頂き恐縮です、大変嬉しいです♪
はい、ガス・ヴァ・サントってヨーロッパでの方が人気あるのでしょうね、作風も独特ですしね。

>リヴァー・フェニックスはすこしだけ、クリストファー・ウォーケンの趣がありますね。

そうですね...そんな気がしてきます(また見比べてみます~笑)。最近観たクリストファー・ウォーケンは「ステップフォード・ワイフ」でした。もっとお若い頃の作品を観てみます♪
  1. 2007/06/05(火) 02:09:44 |
  2. URL |
  3. chouchou #-
  4. [ 編集]

すてきな文章ですね。
静かに熱いって感じかな。
リヴァー・フェニックスはすこしだけ、クリストファー・ウォーケンの趣がありますね。
ガス・ヴァン・サントは日本では今ひとつ評価が低い気がします。
  1. 2007/06/03(日) 23:08:33 |
  2. URL |
  3. 月本夏海 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://lavenderangel.blog87.fc2.com/tb.php/114-e6cc3683
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。