★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『アイドルを探せ』 ミシェル・ボワロン監督 (1963年)

アイドルを探せ 日本盤シングル

シルヴィの『アイドルを探せ』の作詞はアズナヴールによるもの。この映画のために書かれたものなのだろう。”今夜、踊りに行くために 美しく着飾って”...と夢みる乙女ごころの歌。アルバムには1964年に収録され日本でも発売されている。また、監督のミシェル・ボワロンというと、ジョニー・アリディの他、アラン・ドロン、ブリジット・バルドーなどのお顔が浮かぶ☆

ミシェル・ボワロン監督の1963年映画『アイドルを探せ』。私は当初はシルヴィ・ヴァルタンの動くお姿を拝見したくてLDを購入。その後、リバイバルで新たにビデオを購入した。よくシルヴィの主演作のように言われるけれど、主演ではなくて”アイドルたち”のお一人として実名で出演され、同名タイトル曲の『アイドルを探せ』を舞台で歌われている(僅かに台詞も)。最初の方に出演されるだけだけれど、まだ19歳頃のシルヴィで可憐♪当時、この曲は日本でも大ヒットされたそうだ。私はレコードのシングル盤ではシルヴィ・ヴァルタンのものを最も多く持っている...アルバムで聴ける曲が多いので眺めては”可愛い~♪”とキュンとなる。バブルの時代の私はとにかくレコードやお洋服や装幀重視の御本などを買っては散財し今に至る。けれど後悔はしない。何故なら、それらは今でもなにかしらの心の栄養、糧となっていると想うので。

この映画はコメディで、おキャンでキュートなダニー・サヴァルたち女性3人と頼りないけれどモテるリシャール役のフランク・フェルナンデルの4人の珍騒動。女優のミレーヌ・ドモンジョが本人役で登場していて、彼女のダイアモンドを盗んでしまうリシャール。逃げる時に、レコード・楽器店の売り物のギターの中にガムに包んで隠しておいた。しかし、翌日にはそのギターは売り切れてしまっていた、それも5本あった同じプレスリー型のエリクソン。大慌てでその購入者を追う彼ら。その購入者5人は、シルヴィ・ヴァルタン、フランク・アラモ、ナンシー・ホロウェイ、ジョニー・アリデイ、シャルル・アズナヴール!彼らは全て本人役で出演していて歌も披露。その他、レ・ザーフやソフィー、エディ・ミッチェル、ジャン・ジャック・デュボゥ...と皆、実名で出演している。ソフィーの上手なダンスも拝見できるので、フレンチポップス・ファン、殊に60年代のイエイエ・ファンは喜ばしいのではないだろうか。私はシルヴィと、アリデイの登場シーン(タイトなスーツ姿がカッコいい!)、最後に登場するアズナヴールの『想い出の瞳』が聴けて大満足なもの。

アイドルを探せ/CHERCHEZ L'IDOLE
      1963年・フランス映画
監督:ミシェル・ボワロン 脚本:リシャール・バルデュッシ 撮影:レイモン・ルモワニュ 音楽:ジョルジュ・ガルヴァランツ 出演:ダニー・サヴァル、フランク・フェルナンデル、ベルテ・ブランバル、シルヴィ・バルタン、ジョニー・アリディ、シャルル・アズナヴール、エディ・ミッチェル、ミレーヌ・ドモンジョ

※「クララの森・少女愛惜」に綴ったものに追記したものです。


スポンサーサイト


  1. 2008/10/29(水) 10:34:11|
  2. ミュージカル・舞踏・音楽映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

『ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡★愛してやまない映画と音楽に魅せられて』

この『音楽と映画の宝石箱』の元のプロフィールに加筆したものを記しておこうと想います♪

"映画から学ぶ楽しい人生。それは時に歓喜であり哀切を伴うものでもある。"と私はいつも思う。そして、映画は最良の娯楽。美しい映像・物語・音楽・俳優・美術・衣装デザイン...と好きなものが全てひとつになって作品となる。時に気楽に、時に悲哀をもたらす様々な作品たち。

佐藤忠男氏が「映画をどう見るか」の中で、"映画とはなにか。この問いに答えるのは不可能であるが、あえて、ある一面で割り切っていうならば、自惚れ鏡、あるいはナルシスが自分の顔を写して見た川の水、というふうにも言えると思う。また、"映画は、個人の、国家の自惚れ鏡である。"と書かれていた。この日記はそんな映画を愛する人達の素敵なお言葉を、そして、そこから私はどう考えるのか、何故、映画に魅せられるのか?という夢の彷徨をさらに楽しむために書き留めていたいと思う。いつまでも"何故?"と夢見心地に魅入っているのだろう。80年代は思春期ど真ん中故、その辺りの時期の事柄が多くなると思います。映画は古い作品を好んで観ていたため、時間軸が揺れ動いたり致しますが、どうぞ宜しくお願い致します。

「少女イデア」のお友達のプロフィールの感じを真似てみます。
<好きなもの>デヴィッド・ボウイ、セルジュ・ゲンスブール、ブライアン・フェリー、ピーター・ハミル、レナード・コーエン、ブリジット・フォンテーヌ、フランソワーズ・アルディ、マリアンヌ・フェイスフル、ニコ、ケイト・ブッシュ、ミレーヌ・ファルメール、ロベール、シャルロット・ゲンズブール、少女たち、少年たち、ルキノ・ヴィスコンティ、ヘルムート・バーガー、ビヨルン・アンドレセン、ダーク・ボガード、アラン・ドロン、ロミー・シュナイダー、ドミニク・サンダ、シャーロット・ランプリング、ナスターシャ・キンスキー、ミア・ファロー、ジャック・レモン、ジェレミー・アイアンズ、マチュー・カリエール、ジャン=クロード・ブリアリ、マルチェロ・マストロヤンニ、イヴ・モンタン、三船敏郎、市川雷蔵、映画、音楽、オスカー・ワイルド、ジャン・ジュネ、ボードレール、アルチュール・ランボー、ネルヴァル、ゲーテ、カフカ、ニーチェ、リルケ、ブロンテ姉妹、シェイクスピア、詩、ソネット、童話、アンネ・フランク、ピアノの音、チェンバロの音、オルゴール、お人形、19世紀末、舞踏、耽美、優美、凛、静と動、ジャンヌ・ダルク、サラ・ベルナール、クリムト、クノップフ、ラファエル前派、ロマン派、萩尾望都、ルイス・キャロル、澁澤龍彦、野中ユリ、宇野亜喜良、夢野久作、久生十蘭、萩原朔太郎、泉鏡花、三島由紀夫、野溝七生子、森茉莉、矢川澄子、寺山修司、美輪明宏、ジャン・コクトー、マルグリット・デュラス、マレーネ・ディートリッヒ、グレタ・ガルボ、イングリッド・バーグマン、デボラ・カー、エリザベス・テイラー、シモーヌ・シニョレ、ボリス・ヴィアン、バルバラ、女性ヴォーカル、シャンソン、ロック、前衛、ポップ、生きる、比類なきヴォイス、ジョン・レノン、ローリング・ストーンズ、パティ・スミス、ソニック・ユース、灰野敬二、列車の窓から流れる風景、昭和、薔薇、百合、ダリア、ハンカチ、ライオン、白馬、白鳥、山本耀司、川久保玲、黒の衝撃、月、湖、神話、妖精、黒百合姉妹、シモーヌ深雪、路地に跳ねる雨の日の小人達のダンス、チャーリー・ブラウン、チョコレート、玉子料理、ジャガイモ料理、クリームシチュー、甜茶、その他いっぱい。そして、家族と友人たち☆

sandasama



  1. 2008/10/29(水) 07:55:35|
  2. 雑記など|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。