★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

『美しい人』 ロドリゴ・ガルシ監督 (2005年)

美しい人 デラックス版美しい人/NINE LIVES
2005年・アメリカ映画
監督・脚本:ロドリゴ・ガルシア 撮影:ハビエル・ペレス・グロベット 出演:キャシー・ベイカー、エイミー・ブレネマン、エルピディア・カリーロ、ホリー・ハンター、ロビン・ライト・ペン、シシー・スペイセク、アマンダ・セイフライド、グレン・クローズ、ダコタ・ファニング、リサ・ゲイ・ハミルトン、モリー・パーカー、メアリー・ケイ・プレイス、シドニー・ターミア・ポワチエ、エイダン・クイン

ロドリゴ・ガルシア監督の『彼女を見ればわかること』と出演者が少し重なっていて、さらに演技派女優さまの名に惹かれ、女性映画好きなので期待して観たもの。オムニバス映画ながら少しずつ登場人物は繋がっている。”人と人は繋がっているんだ”という台詞もあった。邦題よりも原題の「NINE LIVES」の方が分かりやすい。それぞれ環境も歳も違う女性たちの人生。様々だけれど、誰もが何かを背負って生きている。2時間弱の作品なので9編のひとつ一つは短いけれど、最後はグレン・クローズで締めくくる。娘役にはダコタ・ファニング。じわじわと観ながら何かを感じていたのだろうか...ロビン・ライト・ペン、シシー・スペイセクにエイダン・クインというお気に入りの俳優方、さらにシドニー・ポワチエとジョアンナ・シムカスの娘さんのシドニー・ターミア・ポワチエも脇役ながら拝見できたり...そして、淡々とした流れの中でグレン・クローズの表情や仕草は素敵で悲哀を帯びた夫を亡くした中年女性を演じていた。エンドロールの中、切なく静かな感動が込み上げて来るような感じ。生きることは重いけれど美しく尊いものなのだと想う。

1話:サンドラ/エルピディア・カリーロ
2話:ダイアナ/ロビン・ライト・ペン
3話:ホリー/リサ・ゲイ・ハミルトン
4話:ソニア/ホリー・ハンター
5話:サマンサ/アマンダ・セイフライド
6話:ローナ/エイミー・ブレネマン
7話:ルース/シシー・スペイセク
8話:カミール/キャシー・ベイカー
9話:マギー/グレン・クローズ


NINE LIVEScinemachouchou
マギーと娘マリア♪
スポンサーサイト


  1. 2008/02/09(土) 00:01:24|
  2. 女性映画・群像劇・映画愛・家族ドラマ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

我が最後のカリスマ★麗しきデカダンの歌姫 ミレーヌ・ファルメール:MYLENE FARMER★

「クララの森・少女愛惜」へ♪

  1. 2008/02/07(木) 08:53:06|
  2. 私の好きな音楽・アーティスト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

第80回 アカデミー賞ノミネートの顔ぶれにワクワク☆

 主演男優賞[Actor in a leading role]
[ノミネート]
ジョージ・クルーニー『Michael Clayton/フィクサー』
ダニエル・デイ・ルイス『There Will Be Blood/ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』
ジョニー・デップ『Sweeney Todd/スウィーニー・トッド~フリート街の悪魔の理髪師』
トミー・リー・ジョーンズ『In the Valley of Elah/告発のとき』
ヴィゴ・モーテンセン『Eastern Promises/イースタン・プロミセズ』


 主演女優賞[Actress in a leading role]
[ノミネート]
ケイト・ブランシェット『Elizabeth: The Golden Age/エリザベス~ゴールデン・エイジ』
ジュリー・クリスティ『Away From Her/アウェイ・フロム・ハー~君を想う』
マリオン・コティヤール『La Vie En Rose/エディット・ピアフ~愛の讃歌』
ローラ・リニー『The Savages/ザ・サベージ』
エレン・ペイジ『Juno/ジュノ』


 助演男優賞[Actor in a supporting role]
[ノミネート]
ケーシー・アフレック『The Assassination of Jesse James/ジェシー・ジェームズの暗殺』
ハビエル・バルデム『No Country for Old Men/ノーカントリー』
フィリップ・シーモア・ホフマン『Charlie Wilson's War/チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』
ハル・ホルブルック『Into the Wild/イントゥ・ザ・ワイルド』
トム・ウィルキンソン『Michael Clayton/フィクサー』


 助演女優賞[Actress in a supporting role]
[ノミネート]
ケイト・ブランシェット『I'm Not There/アイム・ノット・ゼア』
ルビー・ディー『American Gangster/アメリカン・ギャングスター』
セルシャ・ローナン『Atonement/つぐない』
エイミー・ライアン『Gone Baby Gone/愛しき者はすべて去りゆく』
ティルダ・スウィントン『Michael Clayton/フィクサー』


 監督賞[Directing]
[ノミネート]
ジュリアン・シュナーベル『The Diving Bell and the Butterfly/潜水服は蝶の夢を見る』
ジェイソン・ライトマン『Juno/ジュノ』
トニー・ギルロイ『Michael Clayton/フィクサー』
イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン『No Country for Old Men/ノーカントリー』
ポール・トーマス・アンダーソン『There Will Be Blood/ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』


 長編アニメ賞[Animated Feature Film]
[ノミネート]
『Ratatouille/レミーのおいしいレストラン』
『Persepolis/ペルセポリス』
『Surf's Up/サーフズ・アップ』


 外国語映画賞[Foreign Language Film]
[ノミネート]
★Beaufort/ボーフォート~レバノンからの撤退(イスラエル)
★The Counterfeiters/ヒトラーの贋札(オーストリア)
★Katyn/カティン(ポーランド)
★Mongol/モンゴル(カザフスタン)
★12(ロシア)


 脚本賞[Original Screenplay]
[ノミネート]
★Juno/ジュノ
★Lars and the Real Girl/ラース・アンド・ザ・リアル・ガール
★Michael Clayton/フィクサー
★Ratatouille/レミーのおいしいレストラン
★The Savages/ザ・サベージ


 脚色賞[Adapted Screenplay]
[ノミネート]
★Atonement/つぐない
★Away from Her/アウェイ・フロム・ハー~君を想う
★The Diving Bell and the Butterfly/潜水服は蝶の夢を見る
★No Country for Old Men/ノーカントリー
★There Will Be Blood/ゼア・ウィル・ビー・ブラッド


 美術賞[Art Direction]
[ノミネート]
★American Gangster/アメリカン・ギャングスター
★Atonement/つぐない
★The Golden Compass/ライラの冒険~黄金の羅針盤
★Sweeney Todd The Demon Barber of Fleet Street/スウィーニー・トッド~フリート街の悪魔の理髪師
★There Will Be Blood/ゼア・ウィル・ビー・ブラッド


 撮影賞[Cinematography]
[ノミネート]
★The Assassination of Jesse James by the Coward Robert Ford/ジェシー・ジェームズの暗殺
★Atonemen/つぐない
★The Diving Bell and the Butterfly/潜水服は蝶の夢を見る
★No Country for Old Men/ノーカントリー
★There Will Be Blood/ゼア・ウィル・ビー・ブラッド


 衣装デザイン賞[Costume Design]
[ノミネート]
★Across the Universe/アクロス・ザ・ユニバース
★Atonement/つぐない
★Elizabeth: The Golden Age/エリザベス~ゴールデン・エイジ
★La Vie en Rose/エディット・ピアフ~愛の讃歌
★Sweeney Todd The Demon Barber of Fleet Street/スウィーニー・トッド~フリート街の悪魔の理髪師


 編集賞[Film Editing]
[ノミネート]
★The Bourne Ultimatum/ボーン・アルティメイタム
★The Diving Bell and the Butterfly/潜水服は蝶の夢を見る
★Into the Wild/イントゥ・ザ・ワイルド
★No Country for Old Men/ノーカントリー
★There Will Be Blood/ゼア・ウィル・ビー・ブラッド


 メイクアップ賞[Makeup]
[ノミネート]
★La Vie en Rose/エディット・ピアフ~愛の讃歌
★Norbit/マッド・ファット・ワイフ
★Pirates of the Caribbean: At World's End/パイレーツ・オブ・カリビアン~ワールド・エンド


 作曲賞[Music (original score)]
[ノミネート]
★Atonement/つぐない
★The Kite Runner/君のためなら千回でも
★Michael Clayton/フィクサー
★Ratatouille/レミーのおいしいレストラン
★3:10 to Yuma


 オリジナル歌曲賞[Music (original song)]
[ノミネート]
★Falling Slowly『Once/ダブリンの街角で』
★Happy Working Song『Enchanted/魔法にかけられて』
★Raise It Up『August Rush/オーガスト・ラッシュ』
★So Close『Enchanted/魔法にかけられて』
★That's How You Know『Enchanted/魔法にかけられて』


 音響賞(録音賞)[Sound Mixing]
[ノミネート]
★The Bourne Ultimatum/ボーン・アルティメイタム
★No Country for Old Men/ノーカントリー
★Ratatouille/レミーのおいしいレストラン
★3:10 to Yuma
★Transformers/トランスフォーマー


 音響編集賞[Sound Editing]
[ノミネート]
★The Bourne Ultimatum/ボーン・アルティメイタム
★No Country for Old Men/ノーカントリー
★Ratatouille/レミーのおいしいレストラン
★There Will Be Blood/ゼア・ウィル・ビー・ブラッド
★Transformers/トランスフォーマー


 視覚効果賞[Visual Effects]
[ノミネート]
★The Golden Compass/ライラの冒険~黄金の羅針盤
★Pirates of the Caribbean: At World's End/パイレーツ・オブ・カリビアン~ワールド・エンド
★Transformers/トランスフォーマー


 ドキュメンタリー賞[Documentary Feature]
[ノミネート]
★No End in Sight
★Operation Homecoming: Writing the Wartime Experience
★Sicko/シッコ
★Taxi to the Dark Side
★War/Dance


 ドキュメンタリー短編賞[Documentary Short Subject]
[ノミネート]
★Freeheld
★La Corona (The Crown)
★Salim Baba
★Sari's Mother


 実写短編賞[Live Action Short Film]
[ノミネート]
★At Night
★Il Supplente (The Substitute)
★Le Mozart des Pickpockets (The Mozart of Pickpockets)
★Tanghi Argentini
★The Tonto Woman


 アニメーション短編賞[Animated Short Film]
[ノミネート]
★I Met the Walrus
★Madame Tutli-Putli
★Meme Les Pigeons Vont au Paradis (Even Pigeons Go to Heaven)
★My Love (Moya Lyubov)
★Peter & the Wolf


ゴールデン・グローブ賞の受授賞式はストで中止だったけれど、このノミネートを知りワクワクしているところ。ジョニー・デップの可能性高いと想うのですが、ダニエル・デイ・ルイスの名があるので是非!2度目のオスカーを♪という気持ちです。トミー・リー・ジョーンズもまだ主演男優賞ではオスカー獲っていないのでは...とか、作品も未見なので何とも言えませんが楽しみです。

また主演女優のノミネートに、ズラリ!!並ぶこの名女優方。フランスのマリオン・コティヤールに獲って頂きたいかな。ケイト・ブランシェットは大好きですし『エリザベス~ゴールデン・エイジ』はもうすぐ関西公開で待ち遠しくしているのですが、ケイトは今後も幾度もノミネートを重ねるお方に思うのでチャンスから考えると、感動した『エディット・ピアフ~愛の讃歌』のマリオン・コティヤールにと☆

またまた、助演女優賞ですが!!ここにもケイト・ブランシェットが居られますが、ティルダ・スウィントンに獲って頂きたいと熱望しているところです。この作品も早く観たいと思っています。

2/24(日本時間の25日)の発表が楽しみです♪



  1. 2008/02/07(木) 03:09:09|
  2. 個人的な大ニュース!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。