★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ドリームチャイルド

ドリームチャイルドドリームチャイルド/DREAM CHILD
   (1985年・イギリス映画)
監督:ギャヴィン・ミラー 脚本:デニス・ポッター 撮影:ビリー・ウィリアムズ キャラクター・デザイン:ジム・ヘンソン 音楽:スタンリー・マイヤーズ 出演:イアン・ホルム、コーラル・ブラウン、ニコラ・カウパー、ピーター・ギャラガー、ジェーン・アッシャー、アメリア・シャンクリー、カリス・コーフマン

1932年4月。アリス・ハーグリイヴス夫人は付き添いのルーシーと豪華客船ベレンガリア号に乗っていた。80歳になるこの老婦人は、あの有名なルイス・キャロルが『不思議の国のアリス』を書くきっかけとなったアリス・リデル。彼女は、ルイス・キャロル生誕100年祭の記念行事に出席する為、ニューヨークに向っていた。アリスはルイス・キャロル(チャールズ・ドジソン先生)とのことを思い出していた。時間が戻り1862年。オックスフォードでのあの”金いろの午後”。ドジソン先生は不思議な物語を話してくれた。どもりながらも必死に話すドジソン。 それから一年、ドジソン先生は『不思議の国のアリス』の初版本をアリスに渡し、大人になっても大事に持っていて欲しいと言ったのだった。

現実と夢、そして童話(物語)の世界が交錯する。とても優しく丁寧な描き方に思う。「セサミ・ストリート」の生みの親ジム・ヘンソンの創ったキャラクターたち(グリフォン、亀もどき、眠りネズミ、三月兎、気狂い帽子屋、芋虫)は精巧でいてやや不気味。なので、さらに幻想的な雰囲気になっていると思う。また、長年あたためていたというデニス・ポッターの優れた脚本が先ずあってのことだとも思う。その上、ルイス・キャロルを演じるイアン・ホルムズ(彼はさり気なく大人との会話と子供たちとの会話中の違いを表現している)、メイクですっかり80歳の老婦人になったコーラル・ブラウン、夢の中のアリス役のアメリア・シャンクリーはとっても可愛いし、ニコラ・カウパーやジェーン・アッシャーといった好きな俳優陣が揃っている。大人も鑑賞し得る心あたたまるファンタジックな物語だと思うのです。

夢の中の少女アリス☆アメリア・シャンクリーを別に少し綴っています♪

dreamchildcinemachouchou
少女時代のアリス・リデルと三月兎♪
スポンサーサイト


  1. 2007/08/25(土) 22:50:23|
  2. 少年・少女映画(『クララの森・少女愛惜』へ!)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

英国は美形男子の宝庫★リー・ウィリアムズ:LEE WILLIAMS

leewilliamscinemachouchou
主演作品は少なく、公開作品も少ないので残念なのですが、前述の『スティル・クレイジー』の最初の方にだけ登場する美形ヴォーカリスト(キース)を演じていたお方。元々はカルバン・クラインなどのモデルでもあったお方なのでスタイルも抜群!繊細な弱~い雰囲気(ゲイ説の声高し)と瞳も最高に素敵なのです♪解散してしまったけれど英国ロックバンドのSUEDE(スウェード)の『TRASH』のジャケットのモデルも務めておられるので、SUEDE好きの私は嬉々として舞い上がるのでした。イギリス・チェスター出身で1974年4月3日生まれなので現在33歳(まだまだ今後の活躍が楽しみ!)。時折、ウド・キア、ジョー・ダレッサンドロ、ちょっとジュード・ロウを想起したりするのだけれど、これらの何方よりも綺麗なリー・ウィリアムズにうっとり♪

「SUEDE/TRASH」(1996年)のビデオ・クリップにも登場されます♪ブレット・アンダーソンも大好きなのでルンルン♪英国は美形男子の宝庫な私☆

「PULP/BABIES」(Spoken Word Version)のビデオ・クリップにもちょこっと。嗚呼、ブリット・ポップ好きな私を再確認するのでした♪


  1. 2007/08/24(金) 07:57:31|
  2. 銀幕の貴公子たち♪|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:11

スティル・クレイジー

スティル・クレイジー スティル・クレイジー:STILL CRAZY
監督:ブライアン・ギブソン 出演:スティーブン・レイ、ビル・ナイ、ジミー・ネイル、ティモシー・スポール、ビリー・コノリー、ブルース・ロビンソン、ジュリエット・オーブリー、ヘレナ・ベルイストルム、リー・ウィリアムズ、フィル・ダニエルズ、ハンス・マシソン
(1998年・イギリス映画)

たいそう大好きな映画。豪華な中年ロッカー達を演じる男優陣、彼らを見守るカレン役のジュリエット・オーブリー、レイの奥様アストリッド役のヘレナ・ベルイストルム(ここではとてもコミカルな演技でキュート!)。最初はビル・ナイお目当てで観たもの。ここでは2代目のヴォーカリストのレイ役で、上手くはないのだけれど何故か似合ってしまうロッカー役(『ラブ・アクチュアリー』に引き継がれているキャラ)。

70年代に人気のあったストレンジ・フルーツというバンドが20年ぶりに再結成し最後は奇跡で終わる。テンポ良くお話は進みアッという間に観終えてしまう傑作音楽コメディ映画。それも、英国ならではの!ロック版”フル・モンティ”とも呼ばれるのも然り!日常は冴えない日々を送っているのだけれど、ステージでは違う。中年ロッカーのおかしな悲哀もサラリと漂う。クスクス笑ったりするのだけれど、最後は胸に沁み入る感動で涙する私。バラード曲を馬の合わないレスとレイの奇跡のデュエットが実現。伝説のギタリスト役ブライアンも登場!老いても素敵なブルース・ロビンソンの久しぶりの役者としての出演に感激☆そして!最初の方にしか出演シーンはないけれど、とびっきりの美青年!リー・ウィリアムズが初代ヴォーカリストのキース役で登場するのだ。とにかく美しい!!アッという間に見終えるので、また再生し登場シーンを再見して悦に入る。

私にはとっても豪華すぎる見所満載の作品。サントラにはジェフ・リン(E.L.O.)も参加。『さらば青春の光』のジミーことジェフ・ダニエルズもちょこっと出てくる。70年代のグラムロックな雰囲気、モット・ザ・フープルの名や、ユーライア・ヒープやエアロスミスの名も。トニー(スティーブン・レイ)の唯一の宝物は神様の歯(殴られた時に落ちたというジミ・ヘンドリックスのもの)で、いつも持ち歩いているようなのだ。死んでしまうキースと伝説のギタリストのブライアンは兄弟という設定★英国好きには愉快な映画で大満足なのでした。もちろん、ビル・ナイもとっても素敵に可笑しい☆

stillcrazycinemachouchou
レス(ジミー・ネイル)とレイ(ビル・ナイ)♪


  1. 2007/08/23(木) 23:59:17|
  2. ミュージカル・舞踏・音楽映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ファスビンダーのケレル

QUERELLE

ファスビンダーのケレル:QUERELLE
監督:ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー 出演:ブラッド・デイヴィス、ジャンヌ・モロー、フランコ・ネロ、ギュンター・カウフマン (1982年・西ドイツ/フランス合作映画)

夏に弱いのは毎年の事ながら、今年は梅雨が長く夏の暑さも持ち越されている感じ。映画は観ているけれど更新を怠ってしまいがち。少し前に再見した『ケレル』。ちょっと、老年期に入る前のジャンヌ・モローが観たくなって久しぶりに観たもの。今さら、という感じだけれど、豪華国際俳優陣!原作はジャン・ジュネの『ブレストの乱暴者』。そして、ファスビンダー監督の遺作(残念!)。好き嫌いは分かれる作品だろうけれど、私は間違いなく大好き。ジュネが好きだということも大きいけれど、この映画はかなりファスビンダーの世界、感性と融合されたものに思う。人口的な雰囲気・空間は意図的なのか、やや不安定な動きをされるかの様な役者方。波止場、水兵たち、売春宿...そこの経営者(男色家ノノ)の妻リジアヌ役がジャンヌ・モロー。退廃的で美しい★

リジアヌが劇中で歌う、「誰もが愛するものを殺す」と。ジュネの小説のあの噎せ返る花の匂いが好き。そして、『ケレル』も熱帯的な空間を彩る色たち(オレンジ、イエロー、ブルー)と共に、犯罪に至るまでの空間が好き。ホモセクシャルの映画が生理的に苦手な友人もいる。ロリィタ映画も同様に苦手な友人も。でも、どうしてかとお話を聞くことは私がどうして好きなのか、という事にも繋がる事が多いので楽しい。ニューヨーク・タイムズ紙などは、批判的なコメントでもあった。でも、的確に冒頭の活字に触れて言及されていた。ファスビンダー監督は《ジュネの原作に基づく映画》とせず、《関する映画》だと。なるほど!と思う。ご自分の死を知っていたかのように私はジュネの原作映画というよりも、ご自身も男色家だったファスビンダーならではの遺作に相応しい美しい作品に思える。

QUERELLE1



  1. 2007/08/19(日) 06:57:33|
  2. 同性愛・QUEERクィア映画・菫色の刻|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

とんでもなく素敵な衝撃!ニナ・ハーゲン(NINA HAGEN)

2007-08-12.jpg
ニナ・ハーゲン:Nina Hagen

相変わらずデヴィッド・ボウイさまが一等大好き!今日も写真集を眺めてうっとり♪いつの日にか、”ボウイと私”と題して書けるのだろうか...かなり難易度高し!書けなくてもいいけれど、遺言になると光栄かな...などとつらつら想う。

最近、全くブログ更新をしていなかった。頭は混乱状態で読書も濫読癖が再発している。何故か、とても活字中毒症が蘇ってきたような最近。でも、映画も音楽も大好き!嗚呼、時間が全く足りないとダダ。9/8は『New Wave Nite』まだまだ準備が大変、でも、とっても楽しみ★もっと、音楽聴かなくっちゃ!(これ、そもそも私のお仕事)。でも、音楽だけでもダメで無くてもダメで、一等でもなく二等でもない存在。多分、レコードというものに拘りを持ち始めた頃から知らないうちに一緒にいるもののよう...きっとそんな自然な存在。なので、最近あまり聴いていない音楽でも、ふと衝動的に聴きたくなったり、突然耳にして歓喜したりする。それらの多くは同時にフラッシュバックする光景と共に永遠なのだろう。永遠って?...神秘的だ。

ちょっとまた、10代に、タイムマシーン(記憶の断片呼び戻し機)に乗ってみよう☆はい、今日はまたしても高校生時代のある寒い日。コートを着て自転車だったことは覚えているけれどはっきり何月かは思い出せない。本屋さんで『ミュージック・ライフ』を購入(もう毎月買っていたのに今から思うと定期購読しておけば良かったのだ)。カラーのグラビアが多くて好きだった。美形のアーティスト・チェックは男女を問わず日課と化し、今も続行中。スージー・スー以来のこの雑誌での衝撃だったと思う。美形だけれど、かなりぶっ飛び!!ゴシック・ロリータ、パンク・ロリータ的にも思う(すっかり定着した言葉でもあるゴスロリ。この言葉については私は時代遅れなので今の風潮とは少し異なる好きなイメージを抱いているのだけれど†)。私を惹きつけたその容姿から伝わるものは、今も変わらず私の好きな世界。パンク~ニュー・ウェイヴな時代のファッションって其々個性的で風変わりなものが多くて新鮮だった。メイクも然り!スージーはメイクアップ・アーティストだった。スージーに負けず劣らずの派手で独自なメイクとファッション、そんなニナ・ハーゲンに心捕われる。ボウイの最初の印象と少し似た感情にも思う...”この方はいったい何?この世の者?”というような。”美しい!”というボウイに対するときめきとは異質なものだったけれど、とても不思議だった。

80年代後半だろうか、ニナ・ハーゲンの大阪公演に行った。とてもカッコよかった。でも、観客とのコミュニケーションが変わっていた、当然なのだろう。ニナ・ハーゲンがナチュラル・メイクでニコニコされ、ハンド・イン・ハンドされては興醒めだもの!挑発するかのようなあの変幻自在な表情や動き(パフォーマー)、そしてマイクは無くても...という位の素晴らしい声量とオーラは健在だった。何で読んだものかが思い出せないけれど、「70年代のロックが好き。ボウイの曲をいつかカバーしたい。」とインタビューで読んだ日から今もその実現する日(ライヴではカバーされているのだけれど、アルバムで是非!)を気長に待っている。私も70年代が大好き!何故かは分からないのでこうして思いつくことを綴ってみたりしている。細かい研究は苦手なので、いつもその時の感情のまま...いつか理由が分かるのだろうか?ただ、少しの手掛かりは私が少女時代だったということ、そこに結局回帰してゆくのかも?などと想ったりする。ニナ・ハーゲンは私よりずっとお姉さま。70年代の体験も大きく違う。まだベルリンの壁が存在していた頃に既にデビューし、崩壊後も現役だ。ぬくぬくとバブルな日本で育った私の環境とは違いすぎる。抑制されたもの、吐き出す言葉(歌詞や発言)と同等に、彼女のファッションは表現なのだ。私の好きなアーティストの多くは斬新なファッションを好むお方が多い。既成のスタイルを自由に超える人達(批判も多く受けるけれど)は魅力的だ。奇抜なら良いとも思わないし、シンプルなスタイルも魅力的。思うにファッションも含めて個性である人達が好きなのだろう、きっと。

吐き出すと綴り思い出す曲があった。変なニナ★素敵なニナ★可愛いニナ・ハーゲン!おこがましいけれど、敢えて"可愛い”という形容を♪彼女のあの派手な容姿の内側から垣間見られる少女性のようなものも大好き!上手く言えないけれど、”ええ~っ!?”と思われる方も多いかもしれないけれど、似た気持ちのお方もきっとおられると思う。ベルリン映画祭のゲストの折も、相変わらず可愛かった!ランプリングさまの横でドキドキ☆ワクワクされていた様子に、私もドキン・ドキンしていた。やっぱり、”好き!”だと確信出来た瞬間だった。ほんの僅かな一瞬の表情が今も私を幸せにしてくれる。やっぱりアイドル♪

★ニナ・ハーゲン版「ジギー・スターダスト」の映像です★
Nina Hagen's version of David Bowie's ziggy Stardust



  1. 2007/08/12(日) 15:00:49|
  2. 私の好きな音楽・アーティスト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

青い鳥

青い鳥:THE BLUE BIRD
監督:ジョージ・キューカー 原作:メーテルリンク 出演:エリザベス・テイラー、トッド・ルッキンランド、パッツィ・ケンジット、エヴァ・ガードナー、ジェーン・フォンダ、ナジェジダ・パブロワ、マルガリータ・テレホワ、ロバート・モーレイ、ハリー・アンドリュース、シシリー・タイソン、モナ・ウォッシュボーン、スティーヴン・ワーナー

(1976年・アメリカ/ロシア(旧ソ連)合作映画)

bluebirdcinemachouchou

『クララの森・少女愛惜』で少しふれてみました。



  1. 2007/08/08(水) 23:59:09|
  2. ファンタジー・タイムトリップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。