★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アントニオーニとベルイマンの2大巨匠の逝去

ミケランジェロ・アントニオーニ(94歳)とイングマール・ベルイマン(89歳)、このイタリアとスウェーデン(出身というだけで、もう国際的な大巨匠なのだ!)の2大巨匠が2007年7月30日、同じ日に死去されたというニュースは訃報ニュースに疎い私でも直ぐに伝わってきた。タルコフスキーやベルイマン好きに共通の友人より。

去年はダニエル・シュミットとロバート・アルトマン。また私の好きな監督がお亡くなりになられた。古い映画が好きなのだと確認するような感じ...大監督で私が生まれる前から名作を多数製作されていた方々なので言葉が出ない。残された作品は永遠!ありがとうございました☆でも、寂しいなぁ。

アントニオーニ監督の最初に観た映画は『太陽はひとりぼっち』、映画館で観たのは『ある女の存在証明』。ベルイマン監督の最初に観た映画は『野いちご』、映画館で観たのは『秋のソナタ』・・・共に母との想い出も巡る私の心の宝物のようだから上手くまだ綴れない。

1960年のカンヌ国際映画祭の豪華さ!これを留めておこう。
【パルム・ドール】  「甘い生活」  フェデリコ・フェリーニ
【審査員賞】  「情事」  ミケランジェロ・アントニオーニ  「鍵」  市川崑
【国際映画批評家連盟賞】【特別賞】  「処女の泉」 イングマール・ベルイマン

1960年のアカデミー賞では、ベルイマン監督の「処女の泉」は外国語映画賞を受賞されている。この豊饒なる時代を想い、今を生きる私。


スポンサーサイト


  1. 2007/07/30(月) 10:17:58|
  2. 個人的な大ニュース!|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大好きなマリアンヌ・フェイスフル(Marianne Faithfull)さま♪

2007-07-23.jpg

”アイドル”という響きはポップでもあり深いものでもあると思う。でも、此処ではあまり深く考えない。思いつくままに、私が夢中になったものを綴るだけ。”言葉には力がある”と思う。と同時に私は”言葉”というものを信じたいのだとも感じる。何故なら、インタビュー記事が大好きだし、歌詞の中の一節、あるいは一言が突き刺さったままであるものが結構ある。そんなことを考えたりしていた10代から差ほど大して進歩のない私...どうしたものか、このまま生きるのだろう。

人は時に世界一、自分が不幸者であるかのような被害妄想に陥ることがある。私は重症ではなかったけれど一時期のみ(一瞬ともいえる)。ただ、そういう時に詩を聴き、その歌声の人を想う。そして、救われてきたようにも。マリアンヌさま☆大好きになったのは『ブロークン・イングリッシュ』を買ったその日から。なので、もうかなり長い間大好きなお方。初めて聴いた作品だった。復活後でもありお声はかなり潰れていた。でも、その後、初期のアルバムを聴くまではそのようなお声の方だと思っていたので、その違いにビックリ!した。そして、可憐な容姿にも驚き、一層大好き~♪となってゆき、今日に至る。伝記本を読んだりしていてストーンズとの関係、特にミックとの関係に若い私はかなりショックを覚えた。まだ、ストーンズの音楽は聴いたことがなくて、知りもしないのにマリアンヌさまを裏切った人=ミック・ジャガーという安易な図式が出来上がっていた。ところが、色々音楽を聴いていく中で、やっぱりストーンズが聴きたくなる日がやってきた。私はその月に買う予定のレコードがあったので、まだ幼い弟にストーンズを買うようにお願いした(というと綺麗だな。企んだのだ、彼は私の好きなものを先ず否定はしないから。ごめんね♪)。

初期のカバー曲が大半のアルバムだったので、二人とも直ぐに好きにはならなかった。それから、2.3年経った頃だろうか?「ハイドパーク」のライヴを観る機会に恵まれ、マリアンヌさまも少し映るので嬉しかった。そして、この動くストーンズのライヴを観終えた頃、既にすっかりミックに魅了されてしまっていたし、ストーンズの音楽やその映像から感じられる色彩や雰囲気が”カッコイイ!”と思えた。ミックが何故素敵な女性達にモテルのか...なんとなく感じられた。マリアンヌさまとミックのツーショットは大好き!!お似合いだもの。でも、運命には逆らわれない、時代も関係しているだろうし。

ボウイの「1984フロアーショウ」の中に尼僧姿のマリアンヌさまが登場され、ボウイとデュエットするシーンがある。公の場に復帰された日でもある。60年代の英国ポップス界の華のおひとり。貴族の血をひくお方が、突如スキャンダラスの女王に。警察沙汰、ドラッグ、アルコール、自殺未遂、男性恐怖症からかレズビアンへ....と転落、どん底まで堕ちる。しかし、地獄を知ったものが這い上がる時の精神力に私は慄き、畏怖の念を抱く。私にはできない。

デレク・ジャーマンが「ブロークン・イングリッシュ」のビデオ・クリップを手掛けたことにより、デレク・ジャーマンを知りその後、遺作の「ブルー」までずっと観てきた。そのビデオが初めて動き歌うマリアンヌさまのお姿だった。ハイヒールに黒のレザーのミニスカート。嘗ての可憐なお嬢様のお姿ではなかったけれど、涙した。エレクトロなバックのサウンドに、あのダミとした重厚なお声がクールだった。それから、90年頃だったと思う、来日公演に行った。東京にいたので東京公演だった。満席ではなく招待チケットも出ていた程だともお聞きした。気品は失われることはない!でも、随分体型は崩れておられたけれど美しかった、とても☆ピアノとヴォーカルのみだった。後ろには綺麗な大きなお花がオブジェのように輝いていた。シンプルな舞台と構成、黒いドレスのマリアンヌさま。あのお声そのものだった、当然ながら。私はその頃はフレンチ・ポップスやシャンソンも聴くようになっていたので、そのライヴはなんとなく”シャンソン”(イメージ的な、言葉の意味ではなく)のような気がした。あの映像が頭の中にある。もう17.8年も前だとは思えないほど。会場は大人の方が多かったようだけれど、空席が目立ったことが不思議だった...。


  1. 2007/07/23(月) 15:10:28|
  2. 私の好きな音楽・アーティスト|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

プレステージ

prestigecinemachouchou

プレステージ:THE PRESTIGE
監督:クリストファー・ノーラン 出演:ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、スカーレット・ヨハンソン、デヴィッド・ボウイ、アンディ・サーキス、レベッカ・ホール、パイパー・ペラーボ
(2006年・イギリス/アメリカ合作映画)

この『プレステージ』は、クリストファー・ノーラン監督がクリストファー・プリーストの『奇術師』の小説を5.6年かけて映画化したものだそうだ。私はお友達に教えて頂き、最終上映日にどうにか観ることができ、とても嬉しかった。不思議な巡り合わせだけれど、違うお友達に少し前にお借りした作品もノーラン監督のもの。また、近い内に観て感想をこちらで書こうと思っているもの。

舞台が19世紀末ロンドンと正に好きな時代。ヴィクトリア調のお衣装たちも素敵だった。主役はヒュー・ジャックマンとクリスチャン・ベイル(ベール)。クリスチャン・ベイルは子役時代から活躍されているお方だけれど、いつの間にか、すっかり好きな男優さまとなっている。ヒュー・ジャックマンもハンサムだし、脇役のマイケル・ケインやスカーレット・ヨハンソン他、キャスティングが私の好みにピッタリで、ストーリー展開も時間軸が交錯するうえ、ラストは驚愕!さらに、かの発明王エジソンを震撼させた実在の天才科学者ニコラ・ステラ(この映画で初めて知った)を演じるのは、デヴィッド・ボウイさま☆で、黒く髪を染め口ひげ姿のボウイ。出演シーンは少ないけれど存在感を残していた!(私がこう言っても全く説得力ないと思う。でも、先にご覧になったお友達もそのように仰っていた。)パンフレットにある監督のボウイ起用のインタビューを、証明の如く掲載させて頂こう♪

何故、ニコラ・ステラ役をボウイに依頼したのか?...
「彼には、”この人は普通ではない。欲しいものは何でも可能にしてみせる人だ”と感じさせるカリスマがある。そういう役を誰もが知ってる映画スターにやらせると、観客の気が散ってしまって、マイナスだ。ステラは、是非デヴィッドにやってほしいと思った。僕はニューヨークまで彼を訪ねていって、とことんお願いしたんだ。彼は映画にはあまり出たがらないほうで、今回もすぐにはイエスと言ってくれなかった。でも、僕は、ステラ役には彼以外は考えつかなかったんだよ。もともと彼の大ファンでもあるし。」
偉い!!と、ノーラン監督がさらに好きになった私である。

奇術がとても盛んだった時代だとは伝え聞くけれど(フーディニーなど)、このような内容の映画は初めてだった。130分の作品、全くどうなるのだろう...と魅入っていた。二人のマジシャンはライバル同士、それも宿命の。人間のもつ執拗なまでの執着心と情念は悪意すら生む。そのような空気を主演のお二人は見事で、そんな中でマイケル・ケインが居るので人間の温もりのようなものが加わる。この役はマイケル・ケインならでは!だと思った。スカーレット・ヨハンソンもイメージにあった(私には)役柄に思えた。キャスティングが如何に重要であるかと感じることが出来て、映画自体がトリック装置のようなもので、ラストも読みの浅い私はビックリ仰天!と同時に凄い!と喜々とした気分で、エンドロールを眺めていた。そして、”うむ?!このお声は”となり、最後にまだ私に喜びを与えて下さったのは、そのエンディング曲がトム・ヨークであったこと★とても気分の良い、ミステリアスなドラマを堪能したように思う。


続きを読む→
  1. 2007/07/17(火) 10:47:16|
  2. サスペンス・ミステリー・ハードボイルド|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

ローズ・イン・タイドランド

ローズ・イン・タイドランド ローズ・イン・タイドランド:TIDELAND
監督:テリー・ギリアム 出演:ジョデル・フェルランド、ジェフ・ブリッジス、ジェニファー・ティリー、ジャネット・マクティア、ブレンダン・フレッチャー (2005年・イギリス/カナダ合作映画)

★2005年(日本公開は2006年)の奇才テリー・ギリアム監督作品。私はギリアム作品と相性が良いのです。このカナダ生まれのジョデル・フェルランドちゃん♪(10歳にしてキャリアは20数本!)が可愛いのなんのって!ところが、予告編や宣伝(前評判)のファンタジーな世界を強く期待して観ると怖い映画。嘔吐すらおぼえるお方も多かったそうで賛否両論のよう。道理であまり話題が続かなかったと観て納得。ところが、私は好き♪ダークファンタジーの世界。「不思議の国のアリス」をモチーフにしているけれど、アナザーワールドに思えた。歪なものに宿る美しさや幻想的なもの。妄想と現実の境界線...そんな世界観をギリアム監督らしい本来のセンスとジョデル・フェルランドちゃん!そして、大人たちの脇役方もそれぞれ個性豊かです。首から上しかないお友達のバービー人形(4人いる!)や幽霊女デルや精神年齢10歳で止まっているディキンズ、元ロックスターでジャンキーな大好きなパパ、同じくジャンキーな死んでしまうママ。そんな中での少女の現実に立ち向かう姿、冒険物語を奇妙にファンタジックに描かれたもの。その他スタッフ勢も私の好きな映画に所縁のある方々の名が連なっているので大納得なのでした♪


  1. 2007/07/06(金) 07:21:10|
  2. ファンタジー・タイムトリップ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ガイ・ベネット(ルパート・エヴェレット)

everett1cinemachouchou
ルパート・エヴェレット:Rupert Everett『アナザー・カントリー』より。

このブログを始めた時に、”なるほど!”って直ぐに見破られてしまっていた方々も多いみたい。タイトルも然り!1985年に『アナザー・カントリー』が公開された。それ以降、続々と英国から美しき男優さま方が登場され、幼少期から少女漫画どっぷりだった私は、中学生の時にデヴィッド・ボウイさまに魅せられ、遂に大好きな映画の中で登場される多くの貴公子たちに胸ときめかせていたものだ。今も相変わらずだけれど。ボウイさまとヘルムート・バーガーさまの存在、さらにビヨルン・アンドレセンの美しさは尋常ではなかった。この世にこんなに美しい人間が存在するのだろうか!するのだ!とのめり込んでゆくわけで、若気の至りでもなくいまだにそんな具合の私。大好きな男優さまや麗人図鑑とも重なるお方が多いけれど、取り合えず、好きな男優さまのコーナーはゆっくりとなので、こちらは軽い気分で~♪というわけで、先ずは英国(宝庫でもある!)からルパート・エヴェレット

彼も初めて観た時、細く長い首とスタイル、甘いマスクによろめいたものだ。『アナザー・カントリー』の中でガイ・ベネットを演じた時、エヴェレットは21歳。トミー・ジャド役のコリン・ファース、ハーコート役のケアリー・エルウィズ(ケイリー・エルウィズ)も同時に知った方々で、みんな今でもお気に入りの男優さま。私的な好みではエルウィズのお顔が一番美形だと思う。そして、コリン・ファースはとっても!大好きな男優さまで出演作は可能な限り追いかけていたりします♪でも、この時点では、エヴェレットの何ともいえない悩ましい美しさにドキリとした時の感動というか、衝撃は作品の内容(パブリック・スクールものだし)、美しい映像と共に忘れられないもの♪


  1. 2007/07/04(水) 03:27:51|
  2. 銀幕の貴公子たち♪|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。