★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ミア・ファロー:MIA FARROW

10042194.jpg

ミア・ファロー:MIA FARROW
生年月日:1945年2月9日 水瓶座 アメリカ・カリフォルニア州ハリウッド生まれ
身長:167cm 髪:ブロンド 瞳:グリーン・ブルー

ポランスキーの「ローズマリーの赤ちゃん」で存在を知り、今もとってもご贔屓の女優さま。繊細でエキセントリック、風変わりなイメージの役柄が似合う。でも、ウディ・アレン映画には欠かせな存在となり芸域を広げたと思う。残念なのは、アレンが自分の作品以外には出演して欲しくないという要望を受け入れ続けていたので、ミアの80年代から90年代作品はアレン映画で!という事になった(唯一「スーパーガール」のみが例外)。ニューヨークのミアも好きだけれど、どこか英国の雰囲気を持つお方なので、ヨーロッパ映画にももっと出演されていただろうに・・・と。色素が薄く華奢な外見、個性的なやさしさと知性が漂う、実に不思議な可愛らしいお方。

父は映画監督のジョン・ファロー、母は女優のモーリン・オサリヴァン。1962年にニューヨークで演技とバレエ、音楽を習ぶ。60年代後半にはイギリスに渡りビートルズ達と共にインドへ行ったりと、英国との馴染みも深い。1964年「バタシの鬼軍曹」で映画デビュー、1968年の「ローズマリーの赤ちゃん」で一躍スターの座に着く。1966年にフランク・シナトラと結婚、離婚。1970年には作曲家のアンドレ・プレヴィンと再婚、離婚した。80年代に入り、ウディ・アレンと出会い公私にわたるパートナーとして10数年過ごす。子供好きのミアは一時は養子を含む9人の母でもあったが、1993年アレンの養女との性的関係と幼児虐待を告発して別居。長期に渡る泥沼裁判となるが勝訴。その裁判時にミアを援護し続けた友人達の中には、ナンシー・シナトラ、アンドレ・プレヴィン、ライザ・ミネリ達が居た。主演を張れるこんなタイプの女優さまも珍しい!2000年代に入り、これからも活躍を楽しみにしているお一人。


◆代表作◆
僕らのミライへ逆回転 (2008)
アーサーとミニモイの不思議な国 (2006)
オーメン (2006)
サマンサの休日(2004)
アメリカン・ニューシネマ 反逆と再生のハリウッド史 (2003)
素顔のゾーイ (2002)
フォーゲット・ミー・ネバー 愛の絆 (1999)
レックレス/逃げきれぬ女 (1995)
マイアミ・ラプソディー (1994)
ウディ・アレンの 影と霧 (1992)
夫たち、妻たち (1992)
アリス (1990)
ウディ・アレンの 重罪と軽罪 (1989)
私の中のもうひとりの私 (1989)
セプテンバー (1987)
ラジオ・デイズ (1987)
ハンナとその姉妹 (1986)
カイロの紫のバラ (1985)
スーパーガール (1984)
ブロードウェイのダニー・ローズ (1984)
カメレオンマン (1983)
サマー・ナイト (1982)
ハリケーン (1979)
アバランチ/白銀の恐怖 (1978)
ウエディング (1978)
ナイル殺人事件 (1978)
ジュリア・幽霊と遊ぶ女 (1976)
華麗なるギャツビー (1974)
ジャン=ポール・ベルモンドの交換結婚 (1972)
フォロー・ミー (1972)
見えない恐怖 (1971)
ジョンとメリー (1969)
殺しのダンディー (1968)
秘密の儀式 (1968)
ローズマリーの赤ちゃん (1968)
バタシの鬼軍曹 (1964)


6008_0067.jpg


スポンサーサイト


続きを読む→
  1. 2006/07/21(金) 23:03:11|
  2. ★大好きな女優さま★(女優館へ!)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大統領の陰謀

2006-07-17.jpg

大統領の陰謀:ALL THE PRESIDENT'S MEN
1976年 アメリカ映画 アラン・J・パクラ監督

出演:ダスティン・ホフマンロバート・レッドフォードジェイソン・ロバーズジャック・ウォーデン、ハル・ホルブルック、マーティン・バルサム、ジェーン・アレクサンダー、ネッド・ビーティ

先月から続く腹痛がやっと最近マシになってきた。持病みたいなもの、上手く付き合うしかない。そんな私に音楽と映画は欠かせない。6/24に大好きなドミニク・サンダさま♥の『ルー・サロメ 善悪の彼岸』の完全版の上映を観に行って来た。この日は朝からワクワク♪ドキドキで一日中快適な気分だった。「BRIGITTE」内でも以前にこの作品のことは少し書かかせて頂いたのでここでは報告までに。それに、うっとりと動くドミニクさまばかりを「嗚呼、お美しい~★」と見つめるばかりだったのだし♪

最近はというと、何故かダスティン・ホフマンものを連続して観ていた。「マラソンマン」「ネバーランド」(ジョニー・デップが主演だけれど)「真夜中のカーボーイ」、そして、この「大統領の陰謀」。同じ頃、また「JFK」やジャック・ニコルソンの「ホッファ」と何故だかケネディ暗殺、ニクソンに関する映画を観て学校では教えてもらえなかったこと、アメリカの大きな事件、アメリカの汚点の一つとも言えるこれらの事件を回らない頭で色々考えていた。描く監督はアメリカ人。アメリカという国はあまり好きではないかもしれない私。でも、全てが嫌いではないし好きなもの、アーティストもいっぱい。そして、何も知らないのだ。日本人でありながら日本のこと、歴史だって...。

元ニクソン大統領のウォーターゲート事件。この事件は私も子供だったけれど報道を少しだけ覚えている。でも、カール・バーンスタインとボブ・ウッドワードという新聞記者の方々の徹底した飽くなき追跡、調査、忍耐力があって公のものとなったとは!アラン・J・パクラ監督作品は割と好き。テンポと展開するサスペンス感覚など。実在の二人はこんなにハンサムではないだろうけれど、とっても勇敢でカッコイイ!上司であるジェイソン・ロバーズの威厳。ジャック・ウォーデンはここでもやっぱり名脇役として光るお方だった。1976年の作品なのでパソコンのキーボードではなく、タイプライター。常にメモを速記する。相手は大物たち。あるのは真実を追究しようとする正義だろう。有耶無耶にされていただろう大事件の陰にこの様な人達の命がけの行動があったのだ。それを監督は映画化し、もうお亡くなりになったけれど作品はこうして私も何度でも観ることが出来る。背が高くハンサムなレッドフォード、長髪だった頃のホフマン。共にとってもカッコイイのだ。

『JFK』のオリヴァー・ストーン監督は実際にベトナム戦争に従軍していた。そんな方が自らの国の汚点に疑問と研究を重ね、次々と問題作を作り続けている。いつも『JFK』が放送されると観てしまう。豪華なキャスティングというのもあるけれど最後の活字が脳裏に焼き付き、同時に少し怖くなるのだ。「過去の出来事はプロローグである。」と。ダラスでのケネディ大統領暗殺、そして兄弟とも暗殺されるなんて!途轍もない大きな力、情報操作、抹消された資料もあるだろうが記録されたこの事件の膨大な資料は2029年まで未公開という事だそうだ。映画はいくら社会派といえども娯楽として鑑賞出来る。この様な謎に包まれた題材の作品は本当のところは分からない。でも、娯楽から問題提示される事だってあっていいと思う。


  1. 2006/07/17(月) 08:32:12|
  2. 社会派サスペンス・法廷もの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ビョルン・アンドレセン:BJORN ANDRESEN

b0106921_8374149.jpg

☆ビョルン・アンドレセン:BJORN ANDRESEN☆

ビョルン★ビョルン!かのアッシェンバッハが美の極みの中死に至る。タッジオ★タジオ!初めてベニスに死す』を観た時の印象を喩えると、デヴィッド・ボウイ、ヘルムート・バーガー以来(男性では)の「美」の衝撃に卒倒しそうな...。漫画の世界ではなくこの世にこの様な美しい少年が存在するのだ!本当だろうか?...そんな感じ。ポカン~と頭の中には可憐な花びらが舞うような夢心地。音楽好きの麗しい少年ビョルン。偉大なるルキノ・ヴィスコンティの審美眼に脱帽。という訳で、やっぱり『銀幕の美少年』というと先ずはビョルンな私なのでした。


続きを読む→
  1. 2006/07/16(日) 17:24:55|
  2. 銀幕の少年少女たち(『クララの森・少女愛惜』へ!)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

悲しみよこんにちは

b0106921_6303077.jpg

悲しみよこんにちは/BONJOUR TRISTESSE

1957年 イギリス/アメリカ合作映画

監督:オットー・プレミンジャー 
製作:オットー・プレミンジャー
原作:フランソワーズ・サガン
脚本:アーサー・ローレンツ 
撮影:ジョルジュ・ペリナール
音楽:ジョルジュ・オーリック

出演:ジーン・セバーグ、デヴィッド・ニーヴン、デボラ・カー、ミレーヌ・ドモンジョ、ジェフリー・ホーン、ジュリエット・グレコ

◆あらすじ◆
去年の夏。セシル(ジーン・セバーグ)は、愛する父レイモン(デヴィッド・ニーヴン)、その愛人エルザ(ミレーヌ・ドモンジョ)と別荘での楽しいバカンスを過ごしてた。そこに、亡き母の友人アンヌ(デボラ・カー)がやって来る。17歳の少女の楽しい日々が断ち切られる...。思春期の少女の心の深い溝と葛藤が、松林の先に広がる美しい海岸を背景に、セシルの心の中の小さな”悪魔”が動き始める。

★ソウル・バスの花びらの如き涙の雫がフランス語のままのタイトルで始まり、ジュリエット・グレコが歌う物憂げな主題歌に合わせ、ナイトクラブで何かを抱えてしまった無表情さで踊るセシル。少しブルーがかった様に美しいモノクロームな色彩。そして、カラーに変わる。現在が白黒、去年がカラーで描かれている。この鮮やかな回想との対比。「あの夏からすべてが変わった。何もかも、永遠に・・・。」とセシルは過去を思い出さないようにしていても、「アンヌ、アンヌ」と夜になると囁く声がする。そして、涙がとめどなく頬を濡らす。セシルは暗い日に向かい「悲しみよ、こんにちは。」と言う。同じ年57年に「聖女ジャンヌ・ダーク」でデビューしたセバーグは18歳(公開時は19歳)。この映画のセシルは2万人近いオーディションからセバーグが選ばれた。まだ新人のセバーグは見事にセシルそのものにピッタリ。完璧なキャスティングだと私は思う。英国の名優、ダンディなデヴィッド・ニーヴンと知的な美女デボラ・カーのファンでもあるので、とってもご贔屓にしている作品のひとつ。原作を読んだのが同じ年の頃なので、とてもセシルに感情移入し易かったのだとも思う。でも、再見する内に、美術的な美しさ、南仏の景色などの素晴らしさなどにも圧倒されてしまう。




  1. 2006/07/13(木) 00:06:01|
  2. 少年・少女映画(『クララの森・少女愛惜』へ!)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ヴィスコンティ、オードリーに怒る!

125d00dadbdfa6b0f3d50d972c9c821f.jpg

永遠の銀幕の妖精!オードリー・ヘプバーンにルキノ・ヴィスコンティ監督は出演依頼をしていた。かの『家族の肖像』のビアンカ・ブルモンティ侯爵夫人の役。ヘルムート・バーガーが愛人役★オードリーは、「いい年をして若い愛人がいる」という設定が気に入らず断ったそうだ。

ヴィスコンティ監督は怒り、「彼女は、いまだに『ローマの休日』のアン王女のイメージを追い続けている!」と仰ったという。

役者さんにも様々なタイプがあり、色んな役に挑戦したい、演じてみたいという方や、自分のイメージや信念に反する役は断固として断る方とか。オードリーはもうお一方の巨匠ヒッチコックの出演依頼も断っていて、当然ヒッチコックも激怒し決裂してしまった...既に作品の企画が進んでいたそうなので、こちらは私は観てみたかったなぁ~と思ったりする。でも、ブルモンティ夫人はシルヴァーナ・マンガーノで良かったと思う。というよりも、あの美しくも頽廃的な身勝手ぶりが魅力なのでオードリーだと作品も、永遠の妖精もかなり違ったものになっていた様に思える。



  1. 2006/07/04(火) 22:59:51|
  2. ルキノ・ヴィスコンティ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。