★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

隠された記憶

隠された記憶隠された記憶:CACHE
(2005年・フランス/オーストリア/ドイツ/イタリア合作映画)
 
監督:ミヒャエル・ハネケ 出演:ダニエル・オートゥイユ、ジュリエット・ビノシュ、モーリス・ベニシュー、アニー・ジラルド、ダニエル・デュヴァル、ナタリー・リシャール、ベルナール・ル・コク



「フランス映画祭2006」、もちろん全作品を観る事は出来なかったけれどこの『隠された記憶』はとても良かった。決して爽快な後味ではないけれど好きな作風なのだ。去年のカンヌ国際映画祭でハネケ監督は監督賞を受賞された。TVで観ていたので少し内容が映し出されれ、監督も好きだけれどダニエル・オートゥイユとジュリエット・ビノシュの共演というのも興味のあるものだった。私は映画館に行く時、大抵はあまり予備知識無しで行く。なので、アニー・ジラルドがジョルジュ(オートゥイユ)の母親役で出演されていて嬉しかった。アラン・ドロンが尊敬している女優として、シモーヌ・シニョレと共にアニー・ジラルドを挙げておられた事を思い出す。

オープニングからジョルジュとアン(ビノシュ)夫妻の住む家の正面が映し出される。途中「あれ?画像が...」と思っているとそれは何者かが送ってきたビデオだったのだ。得体の知れない恐怖と緊張が次第に夫婦感に生まれる。こういうストーカー行為というのは現実に行われているし、観る側の私も現実に起こりうるこのような冒頭から少しドキっとしていた様に思う。まだ公開されたばかりなのであまり内容は書かない方が良いのかも?

今も何かを考えている私、この映画を観て。長い余韻が残る映画だ。ハネケというとイザベル・ユペール主演の「ピアニスト」が有名だと思う。あの映画も大好きだけれど重いなぁ...今回も。色んな問題がこの約2時間の中に込められていると思う。色々考える。40年も前の事、たかが子供の悪ふざけ...。しかし...。子供って可愛いけれど、時にとても残酷。純粋なゆえの残酷さという事...。ただ、自分の立場を登場人物のいろんな人に当てはめて考えてみるとますます考え込んでしまう。人種問題もここには含まれているし。隠された記憶、その時間、その時が運命を変えてしまう事がある。その時が不幸への始まり、孤独への始まりだとしたら...。40年も前の事、と笑って忘れられないこともあるのだと思う。ジョルジュは忘れてしまいたい昔の記憶で、罪悪感も感じていた様には思えなかったけれど、2度目に送られてきたビデオ、次の不気味な絵...と差出人が浮び出す。でも、妻にも話せない。終盤のショッキングなシーン。ハッキリとした終わり方ではない、観る側の私は今も考えている。ハネケ監督の伝えたいことは?こういう状態なのだと思う。帰り際、「結局、どうやったんやろう?」と前を歩く女性お二人がお話されていた。私も同じ様に考えていた。そして、今も考えている。
スポンサーサイト


  1. 2006/03/16(木) 08:12:20|
  2. サスペンス・ミステリー・ハードボイルド|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

『三島由紀夫映画批評1』「地獄に堕ちた勇者ども」についての賛辞

649.jpg

「この荘重にして暗鬱、耽美的にして醜怪、形容を絶するような高度の映画作品を見たあとでは、大ていの映画は歯ごたえのないものになってしまうにちがいない。」by 三島由紀夫

★この批評、賛美に大きく頷くしかないのです!決して煌びやかな美しさだけが「美」ではない。とおそらく最初に教えて下さったのはヴィスコンティの映像。煌びやかでありその中には陰鬱で儚い光を見たような。そんな感動を得る事が出来て本当に幸せに思う。

「地獄に堕ちた勇者ども」:LA CADUTA DEGLI DEI
1969年 イタリア/西ドイツ/スイス合作映画 ルキノ・ヴィスコンティ監督
出演:ダーク・ボガード、イングリッド・チューリン、ヘルムート・バーガー、ウンベルト・オルシーニ、シャーロット・ランプリング、ルネ・コルデホフ、ヘルムート・グリーム、ルノー・ヴェルレー




  1. 2006/03/12(日) 19:02:00|
  2. 映画人語録・好きな台詞|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

メルシィ!人生

2006-03-12.jpg

メルシィ!人生:LE PLACARD
2000年 フランス映画 フランシス・ヴェベール監督

出演:ダニエル・オートゥイユジェラール・ドパルデュー、ティエリー・レルミット、ジャン・ロシュフォールミシェル・ラロック、ミシェル・オーモン、アレクサンドラ・ヴァンダヌート

超弱小の自営業なので毎年確定申告の時期はバタバタ。ようやく落ち着いたところながら、もうすぐ「フランス映画祭2006」。今年は大阪でも公開させるので嬉しい!前回からちょっと「ラブ・コメ」映画で好きなものを思い浮かべてみたりしていた。ラブストーリーではないけれどラブリー・コメディーというのなら!って、「メルシィ!人生」が浮かんだ。とっても面白いのだ。

主役のフランソワ・ピニョン(ダニエル・オートゥイユ)は2年前に奥さんに愛想をつかされ今はやもめ暮らし。息子にも相当馬鹿にされている。会社でも真面目だけれど冴えない存在。ある日、人件費削減の理由からピニョンが解雇されることに。自殺しようと傷心したピニョンに隣に引越してきた不思議なおじさんベロン(ミシェル・オーモン)が解雇を免れる作戦を!ピニョンに嘘のカムアウトをさせるのだ。お尻を出して男性と抱き合っている合成写真が一気に社内で話題になる。面白い存在が各所に登場するのだけれど、事なかれ主義の社長(ジャン・ロシュフォール)はピニョンをクビにすると同性愛者達を一気に敵に回す事になる!と。あのいつもの表情でたまらなく可笑しい。人事部長サンティニ(ジェラール・ドパルデュー)は社内でも最もマッチョで同性愛や黒人差別している。そこに、仕掛け人ギョーム(ティエリー・レルミット)が「もっと、ピニョンに優しくしないと君のクビが危ないよ。」とニヤリ~。そんな社内の面白半分な罠にスッカリはまってしまうのがサンティニだったりとゲラゲラ・クスクスがいっぱい。

美人で仕事も出来る経理部の上司ベルトラン(ミシェル・ラロック)も素敵だし、芸達者な役者さんが揃っているので本当に楽しくて仕方がない。ダニエル・オートゥイユはシリアス・ドラマからサスペンス、ロマンス作品が多い素晴らしい好きな男優さまのお一人。こういう役もいいなぁ~ってますます好きになってしまう。この映画の監督はフランシス・ヴェベール。前作『奇人たちの晩餐会』、次作の『ルビー&カンタン』共に出演者がダブっている。70年代の代表作『Mr.レディMr.マダム』も大好き!お国柄というのか「コメディ」と言ってもそれぞれ。色んな可笑しさがあって楽しいなぁ~って思う。この映画は派手な笑いは無くともコメディの秀作だと思う。面白さの中にちゃんと同性愛や人種問題、雇用問題、家族問題もさり気なく織り込まれている。ピニョンがコンドームの帽子を被って(この会社は製造会社なので)ゲイ・パレードの車に乗り手を振ったりする様子をTVで見た息子が、「パパ、カッコイイ!」と見直し仲良くなれたり、未練いっぱいだった元妻にハッキリ主張出来る様になり、最後は社内の記念撮影にしっかり入れたピニョン。可愛い猫ちゃんの存在もポイント。観終えた後、爽やかな痛快さで気分がいい。


  1. 2006/03/12(日) 08:08:15|
  2. コメディ・ロマンティックコメディ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ガラスの墓標

3c6b0dde4971c8251515c1ed341e7e13.jpg

ガラスの墓標/CANNABIS 1969年 フランス/イタリア/西ドイツ合作

監督:ピエール・コラルニック 
原作:F・S・ジルベール
脚本:フランツ・アンドレ・ブルジョ
撮影:ウィリー・クラン 
音楽:セルジュ・ゲンスブール 
 
出演:セルジュ・ゲンズブールジェーン・バーキン、パウル・ニコラス、クルト・ユルゲンス、ガブリエル・フェルゼッティ

『スローガン』に続いてセルジュとジェーンが共演したエロティックな(と言われるけれどそうは思わない)フィルム・ノワール。アメリカからパリへ飛んだマフィアの殺し屋セルジュ(セルジュ・ゲンズブール)は麻薬組織のボスエメリーの破滅を命じられた。でも、返り討ちにあったセルジュは傷を負い、大使の娘ジェーン(ジェーン・バーキン)の世話になる。仲間のポール(パウル・ニコラス)もやって来た。空虚な気持ちのセルジュ、マフィア稼業から足を洗いたいセルジュの事をポールはアメリカの本部へ伝える。けれど、本部は非情にもポールにセルジュを殺すよう命じる(ポールは「どうせ殺されるなら自分の手で・・・」という心理描写は友情というか任侠の世道を想う)。遂に、エメリーとセルジュの対決。セルジュとジェーンは逃げる。追うポール。ポールを撃てないセルジュ、涙を流しながらポールは引き金をひいた。悲痛な叫びを上げ森の中を走るジェーン。フィルム・ノワールであり、渋い青春映画だと思う。主題歌・音楽(サントラ)の素晴らしさも絶品!


続きを読む→
  1. 2006/03/01(水) 18:32:53|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ガラスの墓標

3c6b0dde4971c8251515c1ed341e7e13.jpg

ガラスの墓標/CANNABIS 1969年 フランス/イタリア/西ドイツ合作

監督:ピエール・コラルニック 
原作:F・S・ジルベール
脚本:フランツ・アンドレ・ブルジョ
撮影:ウィリー・クラン 
音楽:セルジュ・ゲンスブール 
 
出演:セルジュ・ゲンズブール、ジェーン・バーキン、パウル・ニコラス、クルト・ユルゲンス、ガブリエル・フェルゼッティ

『スローガン』に続いてセルジュとジェーンが共演したエロティックな(と言われるけれどそうは思わない)フィルム・ノワール。アメリカからパリへ飛んだマフィアの殺し屋セルジュ(セルジュ・ゲンズブール)は麻薬組織のボスエメリーの破滅を命じられた。でも、返り討ちにあったセルジュは傷を負い、大使の娘ジェーン(ジェーン・バーキン)の世話になる。仲間のポール(パウル・ニコラス)もやって来た。空虚な気持ちのセルジュ、マフィア稼業から足を洗いたいセルジュの事をポールはアメリカの本部へ伝える。けれど、本部は非情にもポールにセルジュを殺すよう命じる(ポールは「どうせ殺されるなら自分の手で・・・」という心理描写は友情というか任侠の世道を想う)。遂に、エメリーとセルジュの対決。セルジュとジェーンは逃げる。追うポール。ポールを撃てないセルジュ、涙を流しながらポールは引き金をひいた。悲痛な叫びを上げ森の中を走るジェーン。フィルム・ノワールであり、渋い青春映画だと思う。主題歌・音楽(サントラ)の素晴らしさも絶品!



続きを読む→
  1. 2006/03/01(水) 08:51:20|
  2. フィルム・ノワール|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。