★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アナザー・カントリー

2006-01-29.jpg

アナザー・カントリー:ANOTHER COUNTRY
1983年 イギリス映画 マレク・カニエフスカ監督

出演:ルパート・エヴェレット、コリン・ファース、ケイリー・エルウィズ、アンナ・マッセイ

今年になり、20年来の友人と暫しの時間を愉しんだ。博識な方なので色々なお話が出てくる。お互いのお仕事のお話などをしている中で映画のお話に。そんな折、「やおい文化詳しいもんなぁ。」と言われた私。唐突にこのやや懐かしい言葉の響きにドキっとした。詳しい訳ではないけれど「好きですね、どうしてか...。」と答えた。ふと、私は80年代からもう20年以上経った今、嘗て「少年愛」を描いた作品を愛好する女性ファンに称された言葉が鮮やかに甦る気がした。「やおい少女」。そんな私を否定しない。しかし、「腐女子」「不健康」と言われたことも思い出す。よく考える事なのだけれど、「少年愛」の歴史はこの日本にはとても古くからあった。そして、私は同時に「少女愛」者でもあると思う。こういう活字だけを読まれてお怒りのお方もおられると思う。言葉は死語化し新しい言葉に変わって行く・・・そんな中、ロリコンとかオタクとか。総じて語られるものではなく、ましてや非難される筋合いもないのだけれど、何故か「こっそり楽しんでいるかの様な」隠微なニュアンスが病的に映るのだろうか?(私はこっそりではないので非難されたのだろう、でもこっそりだったとも言える。)それに、言葉に慎重にならなくてはならない最近の惨殺な事件の数々。しかしながら、私はやおい少女から継続して今はすっかりよいお歳になってる女性である事は間違いない。退廃的な大人の女性、自立した女性も大好きな私の心のバランスは不安定ではある。

こんな事を考えると80年代に「アナザー・カントリー」から「モーリス」...と英国映画界は美しき青年たちの愛と葛藤を描いた作品を生み出していた。そんな時代をリアルタイムに生き、それらの作品たちを鑑賞しながら、ボウイやバウハウス、コクトー・ツインズ等の音楽を愛聴していた私。20年も前の事には思えない。そして、これらの映画の出演者達は今も大活躍!今のハリウッド映画に英国俳優の存在は無くてはならないものの様に。

「アナザー・カントリー」のルパート・エヴェレットの美しさ、あの細い首筋とスラリとしたルックスは甘美に思えた。でも、同性愛に悩み葛藤するガイ(エヴェレット)の良き理解者である友人ジャド(コリン・ファース)の存在感。ガイが恋する別寮の美青年ハーコート(ケイリー・エルウィズ、キャリー・エルウイズ)。露骨な性描写がある訳ではなく、彼らの心の揺れ動き、時代や全寮制のパブリックスクール、エリートたちの宿命、思想など・・・とても考えさせられる映画でもあるのだけれど。どこかに偏見の眼差しを持って観るとまた違った感想があるのだとも思う。選んで観ているつもりもないのだけれど、同性愛というテーマの作品は多分に好きな私。好きなのだから仕方がない。幸いな事に同性愛の友人が男性も女性もいる。そして、彼等自身、何故かは分からない様だ。別に何故か?を探る必要もないように思う。そして、罪悪感や劣等感も必要ないと。異性愛者が正常?そんな事は断言出来ない。そして、偏見や好奇の眼差しがまだまだ多い現実をも否定出来ない...。
スポンサーサイト


  1. 2006/01/29(日) 08:01:42|
  2. 同性愛・QUEERクィア映画・菫色の刻|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

JFK

2006-01-28.jpg

「JFK」:JFK
1991年 アメリカ映画 オリヴァー・ストーン監督

出演:ケヴィン・コスナーシシー・スペイセクゲイリー・オールドマントミー・リー・ジョーンズドナルド・サザーランド、ジャック・レモン、ウォルター・マッソー、ジョー・ペシ、ケヴィン・ベーコン、ヴィンセント・ドノフリオ

2006年になって何も綴っていなかった・・・映画を観ない日はないのだけれど。今日は少し暖かい土曜日。風邪も少し落ち着き、よく眠っているここ数日。

ちょっと2005年を回顧してみた。我ながら呆れる位に同じ作品を何度も観ている。たった1度しか観ないものが多数なのだけれど。それ程、それらの映画がお気に入りなのだろう。メモってる訳ではないので正確な回数は不明ながら、それらを列挙してみようかな。

1.『から騒ぎ』もうダントツ!に去年だけで10回は観たと思う。歌えてしまう~♪
2.『ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ』
3.『太陽がいっぱい』
4.『ピンクの豹』
5.『暗殺の森』
6.『JFK』

こんな感じ・・・アラン・ドロン大会は年中行事でもある。今年、最初に観たのは『シシリアン』だった。今年も周期的にそんな時期が訪れるのだと思う。

もうすぐ、ジョディの「フライトプラン」が大阪も公開かな?(怠惰なのでチェックが遅い。)ちょっと久しぶりの復帰(3年ぶり位?)でお話も面白そうなので楽しみ!そして、そして、久しぶりと言えば、かのダニエル・デイ=ルイスの出演作情報を2つも入手!きゃぁ~嬉しい!キャロル・ブーケとエマニュエル・ベアールの共演作ももうすぐの様。そして、書くことすら緊張してしまう美しきドミニク・サンダ様の『ルー・サロメ』(完全版だそうだ)のリバイバルがもうすぐ。DVD化を大いに期待しているところ★

「JFK」はシシー・スペイセクが出ているので随分前に観たもの。でも、ケーブルで再放送していたので久しぶりに。長いお話だけれど最後まで観てしまうのだった。豪華キャスト!でも、中でも後半に少しだけ出てくるミスターX役のドナルド・サザーランドがとってもカッコイイ!そして、オズワルド役のゲイリー・オールドマン(お若い頃)。謎に包まれたケネディ大統領の暗殺・・・未だに非公開の当時の記録たち。オープニングにあった『抗議すべき時に、沈黙するのは卑怯である』という言葉が今も心に残っている。


  1. 2006/01/28(土) 08:01:37|
  2. 社会派サスペンス・法廷もの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。