★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

素晴らしき哉、人生!

2005-12-24.jpg

素晴らしき哉、人生!:IT'S A WONDERFUL LIFE
1946年 アメリカ映画 フランク・キャプラ監督

出演:ジェームズ・スチュワートドナ・リードライオネル・バリモアトーマス・ミッチェル

今月半ばは自分では根明な性格だと思っている私ながら、かなり凹んでしまっていた。風邪が弱い胃腸にもやって来て不調だったこと、その他色々重なっていた。でも、誰でもそんな事はあるのだし、自分で解決するしかない。心って不思議・・・。

そんな気分のクリスマス・イヴ。今年は大阪も雪が降ったりとても白い冬を迎えているのだと思えて嬉しかった。TVでもクリスマス映画が各局でセレクトされていた。私はこの「素晴らしき哉、人生!」を観る事にした。やっぱり最後はほっこりとした涙に溢れ気分が良かった。

この映画はジェームズ・スチュワート主演の1946年のモノクロ映画。信じられないけれど60年も前の作品なのだ。今のハリウッド映画にはない優しさを感じてならない。私にとって最高の娯楽だと思っている「映画」。映画の発祥の地はアメリカだろうけれど、生まれたのはフランス(だと思っている)。好きな監督・俳優さんが出ているとどんな悪評でも機会があれば観てしまう。そんな私なのでハリウッド映画ってアンチだったのだ、特に10代の頃は。オードリーもリズもみんなアメリカ人だと思っていたし、大きな偏見をアメリカ映画に持っていた。今ではそんな自分が青く愚かに思える。相変わらず欧州ファンではあるけれど、観て良かったと思えるものに国やジャンルは関係ない。

この「素晴らしき哉、人生!」の主人公ジョージは、大金の横領の疑いを受ける。それまでも幾度も挫折感の人生だった。でも遂に絶望の果てに身投げを考える程になってしまう。そんな瞬間に2級天使が登場する。そう、この愛らしい2級天使は2級なので翼がない。善行により格上げされるらしく、守護天使である使命(と翼が欲しいとう目的も)からそんなジョージを救おうとする。ジョージは「自分なんか生まれて来なければ良かったんだ。」と嘆き泣くばかりで、この天使の存在も言葉も信じない。それならば!と天使はジョージが存在しない世界に変えてしまう。すると、奥さんも子供も友人たちも建物も・・・ジョージを知らない、そんな世界を見せられ生きる事を神に縋る。行方不明になっていた夫を必死で探し回る妻や可愛い子供達、裕福ではないけれど暖かい家庭があり友人たちがいる。ジョージに逮捕状まで出ていたので、そんな彼を助ける為に友人や近所の人々が少しずつ募金してくれ奇跡が起こる。警官も逮捕状を破棄しみんなで合唱するラスト。クリスマス・ツリーのベルがさり気なく音を鳴らす。あの2級天使に翼が貰えた合図なのだ・・・こんなお話、好き!

好き嫌いは観てから感じればいいのだと思う。観て良かったと思う映画しかこの日記には書いていないみたい...。タイトルも失念してしまったくらい面白くない映画も観たりもする。何だったかなぁ~?何故観たかというとジャン=ユーグ・アングラードの名が載っていたから。でも、主役でもなく苦手な大味なアクションものだった。でも、2.3番目位に重要な役(たぶん刑事)だったと思えるジャン=ユーグ・アングラードは、主役の体格の良いお方(思い出せないけれど有名なお方)よりずっと素敵にひ弱だったので彼ばかり観ていた。内容も覚えていないけれど観なければ良かったとも思わない...欲張りなのだろう、きっと。
スポンサーサイト


  1. 2005/12/24(土) 07:54:16|
  2. 女性映画・群像劇・映画愛・家族ドラマ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ナイト・オン・ザ・プラネット

2005-12-03.jpg

ナイト・オン・ザ・プラネット:NIGHT ON EARTH
1991年 アメリカ映画 ジム・ジャームッシュ監督

出演:ウィノナ・ライダージーナ・ローランズアーミン・ミューラー=スタールロベルト・ベニーニベアトリス・ダル、マッティ・ペロンパー、ジャンカルロ・エスポジート
音楽:トム・ウェイツ

また大笑い!ビデオを持っているのだけれどTVで久々の遭遇。ジム・ジャームッシュ監督作品を最初に観たのは「ストレンジャー・ザン・パラダイス」。ミーハーなのでここでもカッコイイ!ジョン・ルーリーがお目当てだった。元々、ニューヨークの音楽も好きなので、アート・リンゼイ達と共に在籍していたラウンジ・リザーズから知っていたお方。ジャームッシュ作品から役者としても名が知られる様になったのではないだろうか。

この5話からなるオムニバス形式の「ナイト・オン・ザ・プラネット」はジャームッシュ作品だという事と、ウィノナ・ライダー(特に二十歳前後辺りのウィノナは活き活きしていて好き!)が出演しているというので楽しみに観たものだった。

でも、久々に観て、やっぱり好きなお話は2話。とっても愉快!ドイツの名優アーミン・ミューラー=スタールは流石にいい雰囲気をさり気なく醸し出していた。乗車拒否ばかりされていたヨーヨーがやっと乗れたタクシーなのだけれど、運転手のヘルムートは運転も不慣れで英語も覚えたてのニューヨークで働いている中年のおじさん。ヨーヨーも「ヘルムート」の響きがピンと来ないので「ヘルメット」と思い込みゲラゲラ笑う。最後まで彼はヘルメットと言っていた。乗客が運転して行くのも可笑しいし、帰り道が不安ながらも夜の景色を見つめてヘルムートは楽しそうでもあった。

ロサンゼルス、ニューヨーク、パリ、ローマ、ヘルシンキという五箇所が舞台、それぞれ楽しい。ベニーニの4話も好きだけれど5話も。これまた、フィンランドの演技派マッティ・ペロンパーがいい感じ。ペロンパーというとアキ・カウリスマキ作品の常連だけれど「愛しのタチアナ」が遺作だろうか・・・他界されてしまった。ジャームッシュはキャスティング・センスも良い!そして、今ではファミリー的存在のベニーニも監督としても評価されているし、御大トム・ウェイツも今作では音楽担当。彼が出ていたらもっと笑ったと思う。音楽家としてのトム・ウェイツも当然素晴しいのだけれど、私はちょこちょこ色んな作品でトム・ウェイツが現れると嬉しくてたまらない。だって、あのまんま!なので。「ランブルフィッシュ」は役者として初期の出演作のようだ。これも、また観たい気分。

ジャームッシュは2005年のカンヌでグランプリ(パルム・ドールはダルデンヌ兄弟だった)を受賞。ヨーロッパでの評価が高い監督。それも何となく納得できる気がする。余談ながら、今年のカンヌ映画祭をTVで観ていたのだけれど、クローネンバーグ監督のカッコ良さ!にドキドキした。私の脳内美中年系譜の中で一際ヒリヒリとした存在のお方だったりもする。わぁ、楽しい~♪


  1. 2005/12/03(土) 07:50:53|
  2. 短編・オムニバス映画|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。