★映画の宝石箱★美しき菫色の刻に愛を込めて☆ナルキッソスの鏡あるいは自惚れ鏡♪

楽の音は、小声で歌われる歌詞が消えても思い出の中でこだまする。by パーシー・ビッシュ・シェリー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ

2005-10-08.jpg

ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ:HILARY AND JACKIE
1998年 イギリス映画 アナンド・タッカー監督

出演:エミリー・ワトソン、レイチェル・グリフィス、ジェームズ・フレイン、デヴィッド・モリシー

先月から最も回数多く観ているのがこの「ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ」。原題にあるように、ヒラリーとジャッキー、この姉妹の子供時代からジャッキーが亡くなるまでの、お互いの人生と姉妹の確執が見事に演じられ描かれている。エミリー・ワトソンはきっと、オスカーを受賞するだろう、そのうち。本当に素晴しい女優さま。中でも、この作品は20世紀最高のチェリストと絶賛されていた実在の人物を演じている。安易な役柄ではないと思う。そして、姉であるヒラリー役のレイチェル・グリフィスも地味ながらもいつも上手い!と思わせる素敵な女優さま。

運命は残酷だ。幼い頃から姉はフルートの実力があったのだけれど、音楽家の道を断念し結婚し子供たちとの生活(ジャッキーからするとその姿はありきたりの平凡な主婦の姿だった)を選ぶ。妹の才能に幼い頃から嫉妬のような思いを抱いていたり、逆に幸せな家庭を持つ姉にジャッキーもある種の嫉妬を抱いていた。でも、結局はお互いに切り離せない血の絆を痛感させる。特にレイチェル・グリフィスの表情はいくつもの場面で感動的なのだ。

多発性硬化症という難病がジャッキーを襲う。日に日に思うように動かない身体、聴覚まで薄れていく、その悪化する中での葛藤と苛立ち。そして、エルガーの協奏曲の美しくドラマティックな旋律がさらにシーンを盛り上げるので、息が詰まる程の複雑な感動を受ける。

「何も心配しないでいいのよ。」という言葉。幼い頃二人で海岸で抱き合っていたあの光景は共に永遠のものだったのだろう。最も大切な人、ジャッキーが最期に本当に会いたかったのはヒラリーだったと思う。でも、その直後亡くなってしまう...。

弟と車での帰り道、カーラジオから妹の訃報を知る。その、あのヒラリー、レイチェル・グリフィスの繊細な演技の見事なこと(オーバーアクトではないのでさらに感動が込み上げる)。何度観ても涙に溢れる大好きな作品、心に響き過ぎ苦しいくらいに素晴らしい!
スポンサーサイト


  1. 2005/10/08(土) 07:22:29|
  2. 伝記・実在の人物を描いたドラマ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ぼくのバラ色の人生

2005-10-03.jpg

ぼくのバラ色の人生:MA VIE EN ROSE
1997年 ベルギー/フランス/イギリス合作映画 アラン・ベルリネール監督

出演:ジョルジュ・デュ・フレネジャン=フィリップ・エコフェミシェル・ラロック、エレーヌ・ヴァンサン、ダニエル・ハンセン、ジュリアン・リヴィエール 

精神的にも体調的にも未だに克服できない苦手な夏が遠退いてゆく...そして、大好きな秋・冬が近づくと思うと少し気分が良い。いつもそう。もうすぐ、美輪明宏さまの音楽会、そして11月はシモーヌ深雪さまのイベント、60年代の幻のフランス映画「アイドルたち」の公開記念イベント...と私の好きな楽しみなことが待っている。やっぱり秋が好き。

ちょっと、気分を良くしてとっても大好きな映画「ぼくのバラ色の人生」が観たくなった。時折、急に針を下ろしたくなるレコードたちのように、映画も同じ。ある衝動的なもの。

この映画はベルギー映画らしい空気感、美しい色彩(イヴ・カペは凄いと思う)、そして、何よりも主人公の『女の子になりたい男の子』リュドヴィックの可愛らしさ~♪この少年の純粋な気持ちを押し付けがましくも小難しくもなく、ただ優しい視点でファンタジックに描くアラン・ベルリネール監督。その上、音楽はドミニク・ダルカンで主題歌はザジというのも嬉しい。

リュドヴィックは好きな男の子と結婚の約束をしたり、女の子のお洋服を着ていたい。まだ7歳の少年の無意識の女の子になりたい夢(性同一障害という問題を抱えていらっしゃる方はきっと少なくないのかも?)。美しく鮮やかな色彩映像のなかで、あの嬉しそうな可愛らしい表情を見ると「キュン!」となる。私個人はこのような問題で苦しんではいないけれど、このような人たちをもっと受け入れてあげられる社会がいいなぁ~って思う。仕方ないのだもの。この映画の中でご近所の人たちからの陰口や阻害感に優しいお母さんもヒステリックを起こしたり...挙句の果にあの可愛い髪形を超短髪にされるシーンとか、胸が痛い。

このリュドヴィックがこの先どのような大人になっていくのかは分からないけれど、引越し先の新しい土地でクリスティーナという男の子になりたい女の子に出会うので「良かった~!」って嬉しくなるのだ。社会の眼差しは厳しい。家族の寛容な愛がなければこのリュドヴィックは行き場がなくなってしまう。何も悪いことなどしていないのに。後半、激怒していたお父さんが彼を救ってくれる...色々な問題はあるけれど、受け入れてくれる家族の存在がリュドヴィックにとって幸いなこと。時折現れる夢の世界のシーンもとてもキュート。

全く湿っぽくもなく、色鮮やかに美しい「ぼくのバラ色の人生」はぼくであるリュドヴィックの気持ちを監督が優しく描いている。なので、観終えたあとの爽快さというか不思議な幸福感が得られるのかもしれない。と同時にもう少し現実的にこのような問題を考えたりもするのだけれど。


  1. 2005/10/03(月) 07:18:17|
  2. 少年・少女映画(『クララの森・少女愛惜』へ!)|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。